中イキってなに?女性の体の疑問から彼とセックスが楽しくなるコツまで
2796 Point
更新

中イキってなに?女性の体の疑問から彼とセックスが楽しくなるコツまで

そもそも「中イキ」という言葉をご存知ですか?中イキは快楽だけでなく彼氏との絆も深まる行為になります。当然、あなたが彼氏とのセックスで気持ちよく感じている様子を見て、彼氏も嬉しくなることでしょう。

「中イキってなに?」「イクってことには種類があるの?」なんて疑問に思うことはありませんか? こちらの記事では「中イキ」の解説から、彼とのセックスが楽しくなるような中イキのテクニックまで幅広くご紹介いたします。 もし、これまでのセックスが「彼氏の快楽だけのもの」なんて思っているなら、それは本当のセックスを知らないのかもしれません。

諸説ありますが、オーガズムを感じる感度は、男性より女性の方が何倍も感じやすく、気持ちいいということをご存知でしょうか? お互いにオーガズムを感じられるセックスができれば、あなたも彼氏とのセックスが楽しく、また2人の絆も深まります。そんなすてきなセックスができる「中イキ」を体験してみませんか?

中イキ(膣イキ)とは?

秘密

Cookie Studio/shutterstock.com

「イク」ことは「絶頂(オーガズム)に達する」といった意味になります。 実はその絶頂(オーガズム)には2種類あるのをご存知でしょうか?

一つ目は、「中イキ」です。 「中イキ」は「膣イキ」とも呼ばれ、パートナーとのセックス中に、中イキで絶頂に達した状態は最高と言われています。 もう一つ目は「外イキ」です。 外イキとは、外部にあるクリトリスを刺激し絶頂を得ることを言います。 どちらが快感を得やすいのか?と言われれば、個人差はありますがほとんどの女性が「中イキ」と答えています。

また、クリトリスを刺激し、同時に膣の入り口を刺激することで中イキと外イキを同時に体験することができます。 その瞬間、あなたのオーガズムはこれまでにない感覚を得ることができるのです。

中イキにも2種類ある

考える女性

Dean Drobot/shutterstock.com

「中イキ」にもさらに2種類あるのをご存知でしょうか? 前述で、「中イキ」と「外イキ」の2種類あるとお伝えいたしましたが、その「中イキ」にも実は2種類あります。 まずは聞き馴染みのある「Gスポット」、続いてあまり聞き馴染みのない「ポルチオ」の2種類になります。 では、それぞれを詳しく解説していきます。

Gスポット

特徴は、ゾクゾクした感覚で内側から湧いてくるような快感を得られることです。 また「おしっこがしたくなる」ような尿意を催すのも特徴です。 「潮を吹く」という言葉を聞いたことはありませんか?Gスポットでの中イキでオーガズムを感じると、潮吹きをしてしまうことがあります。

女性の「潮吹き」は、クジラが潮を吹く状態に似た様子からその名がつけられたと言われています。 一部では尿失禁という意見が強くなってきている傾向がありますが、おしっこではないという意見も。

潮吹き=オーガズムとはならない傾向もあり、潮吹きをしたからといって気持ちいいかは個人差があるようです。 Gスポットを刺激し潮吹きすることで、彼氏も興奮する材料になりますので、同時に快感を得ることができるかもしれません。

ポルチオ

特徴は、子宮口近くにある性感帯で、奥に突き上げられる感覚がオーガズムを感じやすいことです。 Gスポットとは違い、一度きりのオーガズムではなく連続したオーガズムの波が訪れ、長い時間快感を味わえるのも特徴です。 また、この快感を得られるようになるとお互いに気持ちよくなり、セックスの満足度が上がります。

さらに、セックス時の女性の体位によっても得られる快感がありますので、一人の時に気持ちいい場所を見つけておくといいかもしれません。

中イキはすべての女性が感じることができるの?

女性

Sofia Zhuravetc/shutterstock.com

中イキは、多くの女性が感じられる特徴があります。 しかし、多くの女性の場合、「どこに当たると気持ちいいのか分からない」なんてことが多いほか、「セックス自体気持ちいいと思ったことが無い」など、セックスについてマイナスなイメージに取られている傾向があります。

また、一人でエッチしているときはオーガズムを感じるのに、彼とセックスをしてもオーガズムを感じないなんて意見も。 中イキのオーガズムを知っている女性の多くは、男性とのセックス経験が豊富だったり、また女性側が積極的に行動したこともあり、実現できているところもあるようです。 そのため、この事実を知らなければ、あなたも中イキを開発できないままかもしれません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー