男女の友情は成立する?男女それぞれの本音を検証
2299 Point
更新

男女の友情は成立する?男女それぞれの本音を検証

男女の間に友情は成立すると思いますか?恋愛を語る上で永遠ともいわれるこのテーマ。異性との友情と恋愛の間で揺れている人もいるはず。今回は、男女それぞれの心理を解説していきます。

男女の友情は、成立するのか…。 このテーマはとても深く、昔から何度も論じられてきたことでしょう。 異性愛者を自覚する人にとって、同性と同じように異性と友人関係を持つことは珍しくありませんね。

しかし、実際には男性と女性それぞれどんな風に思っているのでしょうか? 建前の上ではきれいごとを述べたとしても、一皮むいた本音のところは何を考えているのか、知りたいですよね。 これから、その本音に迫っていきます。

男女の友情は成立するのか?

男女の友情

Roman Samborskyi/shutterstock.com

本当のところ、男女の友情とは成立するものなのでしょうか? お互いが恋愛対象になりうる性的指向の場合、さっきまで友達だと思っていた相手を次の瞬間好きになってしまう可能性は否定できません。

それでも友人関係を保てるものなのかどうか、知りたい人は多いでしょう。 では、男女それぞれの意見についてご紹介します。

男女の友情は成立する派の意見

実際に異性の友人を持っていれば、自分の経験から男女の友情は成立すると考える場合が多いようです。 同性の友達と変わらない接し方ができ、愚痴ったり、悩みを打ち明けられるくらいに心を許せる異性の友人が実際にいれば、疑う余地はありませんね。

人間としては大好きだけど、恋愛をする相手としては想像もできないような人物。 同性には話しにくいような内容の話も、本音でぶっちゃけて盛り上がれるというメリットもあるようです。

男女の友情は成立しない派の意見

逆を言うと実体験として異性の友人関係から恋人に発展したことがあれば、男女の友情は成立しないと思いがちなようです。 ずっと友達でいられると思っていた男友達と結局はお付き合いをしてしまったという経験があれば、そう思わざるを得ません。

お互い異性が好きな者同士、何かのきっかけで恋愛対象になるかもしれないという気持ちがあるものなのですね。 親しい関係であれば、どちらかは恋に近い好意を抱いているのかもしれません。

どちらでもないという人の意見

相手によって受け止め方も異なるので、男女の友情が成立するかどうかは何とも言えないと思っている人もいるようです。 自分に異性の友達がおらず、周りに男女の友人関係が破たんした実例もなければピンとはきませんよね。

また、ずっと友達だと思っていた相手に好きだと告白されて、何が本当なのかわからなくなってしまうこともあるようです。 人は十人十色で、相手によって考え方や性格が全く違うので何とも言えないところはありますよね。

男女の友情が成立するメカニズム

男女の友情2

Roman Samborskyi/shutterstock.com

これだけ色々な意見があるのですから、男女の友情が成立するのかどうか根拠のある分析が知りたいですよね。 学術的にはどう言えるのかがわかれば、男女の友情に信ぴょう性が出てくるはずです。

どうして成立すると言いきれるのか? このあとは、脳科学や心理学の側面から異性同士の友人関係について考えていきたいと思います。

友達と好きな人は異なるから

男女の友情が成立するという意見の中には、友達と好きな人との間で自然と線引きをする人が多いようです。 上司、後輩、元カレなどそれぞれ間に引かれた一線を守ることにより、異性との友情が成立させています。

男性の中には、女性よりも本能的な傾向が強く友人も恋愛対象として見てしまう人もいますね。 一日中相手のことを考えてしまうなら恋愛感情、時々思い出す程度であれば友情、などと基準がはっきりしていれば一線を引くことができます。

異性の兄弟のいる人は友情が成立する

相手との関係性で、生まれたときから交流があり幼なじみというような関係であれば兄妹のようなものですよね。 家族への愛情は恋愛感情とは別のものなので、兄妹同様の相手を好きになることは難しいようです。

男の兄弟がいる女性など、異性と普段から接しているのであれば免疫ができて、男女の友情を成立させることができるようです。 笑って泣いてけんかして、お風呂も一緒に入ったりしてきた相手になかなか恋心は抱かないでしょう。

もともと異性として見ていない

理性を持って関係性の一線を超えないようにしているわけではなく、そもそも異性として認識していなくて、同性の友達と接しているのと一緒の感覚であれば友情が成立します。 女性に対してロマンティックな理想を持っている人は、サバサバとした性格の外見にも無頓着な女性を恋愛対象として見ることはありませんね。

元々付き合っていた人と、今では何でも話せる友人関係を結んでおり異性として見ることはない、という例もあるようです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー