ザオラルメールで関係復活!送るタイミングと内容を解説
4421 Point
更新

ザオラルメールで関係復活!送るタイミングと内容を解説

元カレが忘れられない、復縁したい場合には取っ掛かりが必要です。その中でも、最近注目されているのが「ザオラルメール」と呼ばれる、当たり障りのないメッセージを送る方法です。

別れてしまったけれども、元カレのことがなかなか忘れられない…このような悩みを持っていませんか? もし復縁したいと思っているのなら、元カレにアプローチしてみるのも一つの選択肢です。 では具体的にどのような方法があるのか、最近注目されているのがザオラルメールです。

ザオラルメールとは具体的にどのようなものか、以下で詳しく見ていきます。 またどのようにメールを送ると、関係復活の可能性を高められるかについても解説します。

ザオラルメールとは?

ドラゴンクエスト

365_visuals/shutterstock.com

復縁の方法としてザオラルメールがあるといわれてもピンとこない人もいるかもしれません。 ザオラルメールとは何ぞや?について、ここでは詳しく紹介します。

ザオラルという言葉、普段あまり聞きなれないという人も多いのではありませんか? なぜこのような名前が付けられるようになったかについても、ここでは解説します。

ザオラルメールの意味

ザオラルメールとは、近年疎遠になっている人に連絡するメールのことです。 メールの内容は特別なものではなく、「久しぶり、元気してた?」のようなありふれたものが多いです。

何気ないメールを送って返信をもらうことで、関係を復活させることが目的です。 学生時代の友人でもいいですし、元恋人との復縁を狙ってザオラルメールを送る場合もあります。

そもそもはドラゴンクエストの呪文

ザオラルメールという名称を初めて聞いたけれども、ゲーム好きならピンと来る人もいるかもしれません。 ザオラルは大人気RPGの「ドラゴンクエスト」に登場してくる呪文だからです。 実際ドラクエの呪文がザオラルメールの由来です。

ザオラルは戦闘不能になった仲間をよみがえらせる呪文です。 ただしこの呪文を唱えれば、確実に仲間が復活してくれる保証はないです。

ザオラルメールも送信したところで、相手からの返信が約束されているわけではないです。 このような不確実性のあるところも、ザオラルと共通しています。

ザオラルラインと呼ばれることも

ザオラルメールはザオラルラインと呼ばれる場合もあります。 疎遠な人に送るLINEを指します。

若い人たちは連絡するにあたって、メールよりもLINEを用いる人も多いでしょう。 そうなるとザオラルラインという名称が今後主流になってくるかもしれません。

最近の若い人の中にはLINEのほかにも、TwitterやInstagramなどのSNSにメッセージを送ることで関係復活を狙うことも多いです。 そのほかにもマッチングアプリを使って、相手にメッセージを送るようなザオラルラインも珍しくありません。

ザオラルメールの対義語は?

ザオラルメールには対義語があって、それは「死番」です。 ナンパ師の間で死番という言葉は、しばしば使われているようです。

ザオラルメールを送ったけれども、一向に返信のない状態を指します。 そのメールアドレスは死んでいる、死んだ番号ということで死番と呼ばれるわけです。

死のメールということで、デスメールと考えがちです。 ザオラルメールの対義語ではないですし、そもそもデスメールという言葉は存在しないので注意しましょう。

ザオラルメールを送るタイミング

メールを送る

Tero Vesalainen/shutterstock.com

ザオラルメールで関係復活させるためにはいつ送るか、そのタイミングが重要です。 タイミングで重要なのは、相手にメールが届いても無理はないと思えるような自然なシチュエーションです。 では具体的にどのようなタイミングが適しているか、いくつか代表例を見ていきます。

誕生日

ザオラルメールを送るタイミングとして代表的なのは、相手の誕生日です。 内容をあれこれ考える必要もないです。 「誕生日おめでとう」などのメールを送ればいいからです。

誕生日になると、相手には友達などからたくさんのお祝いメールも届くでしょう。 元カノからそのようなメールが来ても不審がらないでしょうし、自然に受け入れてくれる可能性が高いです。

誕生日にメールを送ることで、別れても自分の誕生日を覚えてくれていたと元カレもうれしがるでしょう。 お礼の意味で、返信メールの届く可能性は結構高いです。

年始の年賀状代わり

年始にザオラルメールを送るのも好ましいタイミングと言えます。 若者を中心に年賀状ではなく、メールで新年のあいさつをする人も多いので不自然ではないからです。

内容も普通の年賀状と同じで構いません。 「あけましておめでとう!今年もよろしく」のようなもので十分です。 相手からも「あけましておめでとう」という返信メールの来る可能性が高いです。

新年のあいさつのように、当たり障りのない内容でメールを送るのはおすすめです。 自然な形でやり取りを復活させられるからです。

クリスマスの1か月前

クリスマス

Andrey_Kuzmin/shutterstock.com

クリスマスの1か月くらい前にザオラルメールを送るのも効果的です。 このくらいのタイミングから、街もクリスマスの雰囲気になります。

もし街がクリスマスの雰囲気なのに恋人がいないと、ひと肌恋しいなと思いがちです。 そんな時に元カノからのザオラルメールが届くと、「ちょっと返信してみようか」という気になりやすいです。

1か月くらい前のタイミングであれば、うまくいくとクリスマス本番には関係が復活しているかもしれません。 元カレとクリスマスは2人きり、といったこともあるでしょう。

相手の近くで大きな災害が発生した

毎年日本各地で台風や地震をはじめとして、自然災害が発生します。 もし元彼の住んでいるところで何らかの災害が発生したときに、「大丈夫だった?」とザオラルメールを送ると返信が来るかもしれません。 相手の安否を気遣う内容なら不自然でもないでしょう。

震災のようなかなり大きな災害の場合、すぐにザオラルメールを送るのは好ましくないです。 相手がメールを読んでいるどころではないかもしれないからです。 少し時間をおいて、相手が落ち着いたところでザオラルメールを送れば返信率も高まります。

相手の近所に来た時

イベント以外でもザオラルメールを送るタイミングはあります。 それは元カレの近所に来たときです。 元カレの自宅以外にも、勤務先の近くを訪れた際にメールを送るのもおすすめです。

「仕事で〇〇くんの近くに来た」のようなメールを送りましょう。 このとき元彼の立ち寄りそうなところの話題を出すと返信が来る確率も高まります。

「〇〇くん家の近くのレストランに行ったけれどもおいしかったよ」のような感じです。 お互いだけがわかるような内容のメールを送ると、それを取っ掛かりにして話も盛り上がるかもしれません。

夜9時以降

ザオラルメールを1日の中で何時に送るかも、返信率を左右します。 元カレの生活パターンによって若干の違いがありますが、夜9~10時くらいが最適です。

もし日中に仕事や学校に出かけている場合、日中にメールしても仕事や学業が忙しくて内容をチェックできないでしょう。 しかし夜9~10時くらいなら仕事や学校も終わって、自宅でゆっくりしている人も多いはずです。

10時以降になると、早い人だとすでにベッドに入っている可能性も出てきます。 元カレの自由時間のタイミングでメールを送れば、リアルタイムでメッセージを読んでくれる可能性が高いです。

既読スルーなら1週間後

ザオラルメールを送っても返信が来ないことも十分考えられます。 たとえメールが返ってこなくても、メッセージを連投するのは好ましくないです。 相手が「ウザい」と思ってしまって、ますますメールを送る気が失せてしまうからです。

もしザオラルメールを送ってスルーされているなと感じたら、前のメールを送信してから1週間後くらいに再送しましょう。 そうすれば「あ、前にメール来てたな」とあなたのザオラルメールを思い出すきっかけになるからです。 これ以上時間が経過すると、メールの届いていたことすら忘れられている可能性が高いので1週間くらい経ってからメールを送りましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー