立ちバックの意味ややり方を徹底解説!気持ちいいポイントなどを紹介
4158 Point
更新

立ちバックの意味ややり方を徹底解説!気持ちいいポイントなどを紹介

立ちバックが、本当に気持ちいい体位なのか気になりませんか?あなたと彼が本当に気持ちいセックスを楽しむことは、2人の絆や愛を深めることにもつながります。立ちバックを研究し、彼とのセックスに役立てましょう。

「立ちバック」と聞いて、どんなものか想像できるでしょうか。 セックスの体位でも、特に動物的な体位となり、想像するだけで興奮してしまうようなキーワードです。

男性が見た目にも興奮しやすい体位でのセックスになりますので、2人のセックスが盛り上がることも。 マンネリ化カップルや、彼と新たな体位でセックスを楽しみたいカップルにもおすすめなセックス体位を詳しくご紹介していきます。

立ちバックとは?

ラブラブなカップル

Prostock-studio/shutterstock.com

セックスの体位は48手あると言われています。 その中でも、立ちバックは「後櫓(うしろやぐら)」と呼ばれる体位名としても有名です。 立バックは、女性が男性に背面を向け(後背位)、立ったままの状態(立位)で挿入するセックスのことです。 そのため「背面体位」とも呼ばれることも。

女性が立ったままお尻を突き出し、後ろから男性が女性の腰に手を当て支える形で挿入します。 男性も見た目に興奮しやすく、ベッド以外でもセックスできる体位になりますので、お互いに盛り上がる傾向にあります。

立ちバックのメリット

立ちバックのメリット

NATNN/shutterstock.com

立ちバックと聞いて、「恥ずかしい」なんて気持ちになるかもしれません。 しかし、大好きな彼氏とセックスをして愛を深めたいなら、様々な体位で愛を深めることが◎。

まずは、立ちバックをすることで得られるメリットを紹介していきます。 彼とのセックスに役立ちそうか、確認していきましょう。

男性が見た目で興奮しやすい

男性は、見て興奮する傾向があります。 エッチなビデオや画像を見て、興奮してしまう男性が多いのはそのせいでしょう。 特に立ちバックは、男性の支配欲も刺激できる体位なので、セックスでもっとも男性が興奮しやすくなる体位になります。

また、普段じっくり見ることのできない、女性のうなじや腰、お尻といったセクシーな部位もまじまじと見ることのできるセックス体位になります。 そのせいか、揺れる彼女の体がより色っぽく見え、興奮する傾向が強くなるのです。

男性の腰の負担が少ない

普段のセックスでは、男性が腰を動かし支えなければなりません。 しかし、立ちバックは男性が女性の腰に軽く手を沿えるだけで、腰の負担が少なくセックスを楽しむことができる体位になります。 立ったままセックスすることができるので、興奮度も増し、腰を動かしやすく疲れにくいのも特徴。

またあなたのお尻と彼のお腹が当たり、音も出やすくなります。 このため普段のセックスでは出すことのできない音を出すことができるので、男女ともに興奮しやすくなる傾向が。

非日常のセックスを味わえる

立ちバックは、非日常を味わえるセックスになります。 普段ベッドの上で、正常位や騎乗位などの体位ばかりしているカップルにとっては、ベッドから離れた場所でのセックスなので新鮮な体位になります。 非日常を味わえるセックス体位として、マンネリ化しているカップルにもおすすめです。

新鮮なセックス体位にお互いが興奮しやすくなることで、激しいセックスを体験できるかもしれません。 新鮮で楽しく、心地いいセックスを味わえるのも、非日常のセックス体位だからこそなのかも?

場所を選ばない

場所を選ばず、セックスを楽しめるのもポイントです。 マンネリ化脱却はもちろん、狭い場所でのセックスも可能ですので、お互いの興奮度がいつもより増す傾向があります。「あんな場所でしてみたいな…」「こんな場所でしてみたいな…」なんて、想像が膨らむかも。

ただし好きな場所でのセックスであっても、他人の迷惑になってしまうような場所にならないよう気を付けなければなりません。 2人のセックスがより良いものになるために、他人のこともきちんと考え、2人だけのセックスを楽しみましょう。

快感を得られる可能性が高い

女性のGスポットやポルチオを刺激しやすいため、女性にとってオーガズムを得やすい傾向に。 立ちバックで片足を上げたり、彼の挿入角度を変えてもらったり…などの複数責めが可能なのでオーガズムを感じやすいスポットがわかることも。

また男性から「支配されている」「征服されている」などたくましい彼の姿に、M気の強い女性にはさらに興奮材料になるようです。

Gスポットは、女性性器の入り口付近にある快感ポイントです。 奥まで挿入してもらうより、浅めのポイントを責めてもらうことで、より気持ちいいセックスを体験できそうです。

立ちバックのデメリット

立ちバックのデメリット

Photographee.eu/shutterstock.com

立ちバックにも、デメリットがあります。 デメリットを事前に知っておくことで、本番で失敗を防ぐための教訓になります。 彼とのセックスがよりよいものになることで、より深い絆でお互いを結びつけることができるのです。 あなたが彼氏と立ちバックでセックスを楽しみたいなら、ぜひ立ちバックのデメリットも覚えておきましょう。

抜けやすい

少しでもお互いの体位がズレてしまうと、抜けてしまいます。 抜けるたびに、お互いの集中力と気持ちが萎える可能性もあります。 立ちバック中に、彼のペニスが抜けることが増えてしまうと、お互いに気を遣い気まずい雰囲気になってしまいます。

立ちバックでも、抜けてしまうことがないように、女性側もきちんとお尻を突き出し、しっかりと体を固定できるような手をつく位置を見つけておくと抜けにくくなることも。 さらに彼が挿入しやすいように、腰の位置を調整することで、彼の興奮を継続させることができそうです。

体を支えるため疲れやすい

彼氏が挿入する時に突き上げる感覚と、腰の位置が少しでもズレてしまうと抜けてしまう可能性があります。 そのため、しっかりと腰の位置を固定しなければならないため、立ちバックの途中で疲れやすくなってしまいます。

彼の興奮度や気持ちよさが強くなってくると、彼の動きが激しくなってきたり、彼の力が強くなってしまうことも。 それらを支えなければならないので、女性側も疲れてしまい、立ちバックのあとはぐったりしてしまうかもしれません。

女性の体調によって痛みを伴うことがある

生理前や体調によって、バックから挿入されるだけでお腹や入口に痛みを伴う可能性があります。 あまりに痛みが伴うようなら、違う体位にしてみることをおすすめです。

お互いに立ちバックを楽しみたい気持ちがあるかもしれませんが、痛みを伴うようなら心地いいセックスを楽しむことができません。 挿入して少しでも違和感を感じるなら、体位を変えるよう彼にお願いしてみましょう。

難易度はやや高め

お互いの身長や、互いの性器の大きさや位置、姿勢など様々な要因が重要になってきます。 当然、身長差のあるカップルなら立ちバックの体位がむずかしいこともあります。

無理をしたセックスの体位を行うより、お互いの体に似合ったセックスの体位を楽しむことがお互いを思いやることにつながり、また心地いいセックスができるのです。 お互いに立ちバックがむずかしいと感じるなら、2人が楽しめる体位を探して気持ちよくなることで、絆や愛を深めることができますよ。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー