女性の名器の種類や特徴とは?名器に近づける方法も紹介!
2132 Point
更新

女性の名器の種類や特徴とは?名器に近づける方法も紹介!

男性が一度は経験してみたいと願う「名器」。女性であれば「私は違うのかな?」「名器じゃなければ気持ちよくないの?」と考えたことがあるかもしれません。今回は、名器の種類や名器に近づける方法を紹介します。

女性器について、一度は「名器」という表現を聞いたことはあるのではないでしょうか。 「自分は名器にあてはまるのかな?」「名器じゃないと気持ちよくないの?」など、女性自身では判断がつかない色々な疑問が湧いたことのある女性も多いでしょう。 今回は、名器について解説するとともに、自身を名器に近づけるための方法も紹介します。

名器はなぜ気持ちいい?

デリケートゾーンをおさえる女性

Siriluk ok/shutterstock.com

女性器の中でも、男性にとってこの上ない快楽を与えることができる珍しい形の膣のことを、「名器」と言います。

男性からすると、「一度名器を経験すると忘れられない」「本当は長くセックスをしていたいのに、あっというまにイってしまう」など、一度は巡り合ってみたいと思うほどの魅力がある名器。

一体、名器はなぜそんなに気持ち良いのでしょうか? ここでは、名器のタイプを紹介するとともに、気持ちがいい理由を解説します。

張り付くタイプ

名器のひとつに「張り付くタイプ」のものがあります。 つまりは、密着感を与えるもの。 理想的なのは、ペニスを覆うようにして膣がぴったり張り付くような密着感です。

ヒダが多く、うねるような動きをする膣が張り付くタイプの名器といえます。 代表的なものでは、「ミミズ千匹」「イソギンチャク」などが挙げられます。

マスターベーションでは、ペニスに張り付く感覚は再現できません。 ペニスに密着する快感は、女性とのセックスありきの快感であり、「挿入している」という感覚を強く出すものとなっています。

締め付けるタイプ

締め付けるタイプの名器も、代表的なものとして知られています。 たとえば「タコツボ」「イソギンチャク」「巾着」「俵締め」などがその一例。

男性は、マスターベーションの時でも、締め付ける刺激を大切にします。 きつすぎると弊害が出るかもしれませんが、よほどでなければ締め付けが強いほうが刺激は強くなるからです。 また、セックスの実感が得られるという意味でも、締め付けは重要と言えるでしょう。

後述しますが、名器を持っていない女性が名器に近づけるのに、最も有効な手段がこの「締め付け」を覚えること。 これは、筋肉の収縮でコントロールできる範囲なので、膣トレーニングを重ねることで身に着けられる可能性があります。

刺激を与えるタイプ

先の締め付けるタイプとは違い、努力ではどうにもならない天性の名器が、刺激を与えるタイプ。 「数の子天井」などがこれにあたります。

これは、つまり膣内に突起が備わっているということ。 ペニスの先端部分は最もペニスが快感を得られる場所。 そこに刺激を与えられる膣は、突起がないとほぼ不可能と言えます。

挿入感が感じられるだけでなく、刺激も同時に与えられる名器は、出会うこと自体が難しい特に珍しい名器と言えるでしょう。

動きがなめらかなタイプ

中がよく濡れており、ピストン運動においてペニスがなめらかに動けるよう手助けをしてくれる膣も、名器と言われます。 これも努力で手にするものというよりは、体質による先天的なものに近いでしょう。 「噴水」がこれにあたります。

ペニスのピストン運動がなめらかになるほど、男性は快感を得られます。 溢れんばかりの愛液が出ることによってセックスもスムーズになりますし、男性からすると「濡れている」「気持ちよく感じてもらっている」という精神的な満足度が、より一層の快感へと導きます。

名器の種類とは

女性

Look Studio/shutterstock.com

このように、名器には大きなタイプの分類があります。 その種類は非常に豊富で、「気持ちが良いと感じられる膣」であれば「名器」と総称していることが理解できるかもしれません。 ここではさらに細かい名器の種類を解説します。

ミミズ千匹

「ミミズ千匹」は、膣内のヒダが特徴的な名器のことを指します。 この膣はヒダの数が多く、まるで千匹のミミズのようなうねった動きをします。

ヒダの数が多いからこそ、ペニスへの密着度が高くなり、覆うような快感を与えることができます。 またヒダがよく動くことによって、絡みつくような刺激をペニスに与えることができ、快感をもたらすのです。

数の子天井

奥の膣壁に突起がある名器を「数の子天井」と呼びます。 膣の壁につぶつぶの小さな突起があることで、ペニスの先端を刺激することができます。

ペニスの当たる場所を天井と見て、つぶつぶを数の子にたとえた表現です。

ペニスで最も快感が得られるのは、先端部分。 なかなかそこを刺激できる膣は少ないため、数の子天井は名器の中でも特に希少価値の高いものとなります。

タコつぼ

締め付けるタイプの名器の代表格がこの「タコつぼ」です。

この場合のタコつぼとは、タコつぼの中のタコに触れるような感触を表現したもの。 つまり、膣の奥が狭くなっており、ペニスに吸い付くような動きをするのです。

タコつぼはペニスを奥へと引き寄せ、先端部分に行くにつれて強い刺激を与えることができる名器。 膣が意思を持ったように締め付けてくるので、男性はトロトロに溶かされてしまうことでしょう。

巾着

袋の入り口で開け閉めをする巾着の形状によく似ていて、膣の入り口が締まっている名器のことを、「巾着」と呼びます。 タコつぼが奥に引き込み、先端部分を刺激するのに対し、巾着は根元部分を締め付けるタイプの名器と言えます。

巾着は「締まりの良い膣」と表現されることもあります。 つまり、膣まわりの筋肉を収縮させコントロールすることができれば、同じような刺激を与えられるということ。 努力によって手に入れられる名器のひとつです。

俵締め

女性

Veles Studio/shutterstock.com

巾着と同様、膣トレーニングによって手に入れられる可能性がある名器のひとつが「俵締め」です。 これは入り口と奥の、二段階においてペニスを締め上げる膣のこと。

タコツボと巾着の両方を併せ持ったような名器であるということで、入り口でも奥でも締め上げることができる魅力的な名器です。

また、俵締めの中にも大きくふたつの分類があります。 ひとつは入り口と奥で締める「二段締め」。 もうひとつは真ん中あたりでも締めることができる「三段締め」です。

二段締めは膣トレーニングで習得することができますが、三段締めは生まれ持った体質によるところが大きいため、努力で手に入れるのは難しいでしょう。 その分希少価値が高く、快感も非常に高い名器となっています。

おまんじゅう

女性器のパーツの中で、大陰唇に特徴がある名器が「おまんじゅう」です。 これは、大陰唇の部分がふっくらと柔らかく、まるで蒸したおまんじゅうのような感触であることから名づけられています。

膣の入り口が柔らかく、ふっくらとしているということは、挿入した瞬間から男性に快感を与えられるということ。 こうした柔らかく包み込むような膣の入り口であることで、挿入後も根元への刺激が優しいものとなります。

また、ピストン運動の際に結合部分のクッションとしての役割もあるため、男女ともに痛みが少なく快感の多いセックスとなるでしょう。

噴水

膣内が愛液で濡れやすく、潤いのある名器のことを「噴水」と呼びます。 その名の通り、溢れんばかりの愛液が出る膣のことを言います。

男性のペニスにとって、すべりの良いなめらかな動きができる膣はとてもスムーズにピストン運動ができます。 また、愛液のトロトロとした感触が興奮度を高めます。

濡れやすいというのは女性からすると複雑な心境になる表現かもしれませんが、激しいセックスをしてもお互いの性器を痛める心配もなく、快感を高めることができる名器と言えます。

いそぎんちゃく

ミミズ千匹とタコつぼの両方の性質を併せ持った名器が、「いそぎんちゃく」です。 つまり、ヒダが多くうねるように密着するという性質と、奥に引き込み吸い付く性質をどちらも兼ね備えた名器です。

いそぎんちゃくを体験したことがある男性は「くわえ込まれるよう」と表現することも。 奥へと引き込まれるだけでなく、挿入後も締め付ける感覚が続くため、非常に快感の高い名器と言えます。

次のページ名器になる方法
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー