萌え袖って何?メンズに人気のかわいい萌え袖ファッションを紹介
4086 Point
更新

萌え袖って何?メンズに人気のかわいい萌え袖ファッションを紹介

男性受けすると言われている「萌え袖」。かわいいと思ってもらうにはコーデやコツを知っておくことが大切です。萌え袖を成功させるコツやコーデ、注意点などについて紹介します。

ファッションやスタイルによって見た目の印象が変わるものです。 特に好きな人がいれば、男性の目線が気になるもの。

男性ウケするスタイルとはどういったものか?と悩む女性も多いでしょう。 そんな女性にお伝えしたいのが「萌え袖」です。

かわいい印象が男子受けするとして注目されているスタイルです。 萌え袖とは何か、男性にどういった印象を与えるのか、男性がどう思っているのかなどについて紹介します。

萌え袖の意味を紹介

ゆったりした袖の服の女性が顔に手をあてている

Anatoliy Karlyuk/shutterstock.com

萌え袖という言葉から、袖口のスタイル、ということは想像がつきます。 形や長さなどはどういったものなのでしょうか?

萌え袖の起源は平安時代とも言われています。 どういった袖のことか、なぜ萌え袖と言われるようになったのか、など萌え袖の基本的なことをお伝えしましょう。

萌え袖とは?

萌え袖の基本は、袖が長く指先だけが少し出た状態のことです。

小さな子どもが大人の服を着たときに袖が長く、手が隠れてしまうことがあるでしょう。 それを女性がすることでかわいらしさを強調することができます。 その様子がかわいいと、萌える男性が多いのです。

手がすべて袖に隠れていたり、指先だけちょこっと出ていたりするのが萌え袖。 指先が冷えるため袖を伸ばした時に、偶然萌え袖になってしまうこともあります。

男女ともに対象となり、女性が男性に対して使うこともありますが、主に男性が女性に対して使います。

萌え袖の由来

萌え袖の起源は、平安時代と言われています。 平安時代に書かれた清少納言の随筆「枕草子」に萌え袖が登場します。 「枕草子」には次のような記述があります。

「いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍の薄物など、衣長にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、またみじかきが袖がちなる着てありくもみなうつくし」

書の中では、「2歳くらいの小さな子どもが二藍の薄物をたすきで結んでハイハイをしていたり、着物が短く袖だけが大きく目立っている様で歩いていたりするのもかわいらしい」と書かれているのです。

萌え袖の類語

萌え袖と同じ意味で使われる言葉に「袖余り」「ダボ袖」があります。 「袖余り」は文字どおり、袖が長すぎて生地が余っている様子です。 「ダボ袖」は袖が長かったり、大きすぎてダボっとしている様子のことです。

萌え袖に関する男子の本音

マイク

smolaw/shutterstock.com

萌え袖は着ている服の袖が長くて偶然そうなってしまう場合もありますが、男性ウケをねらいわざとしている女性もいます。

男性ウケすると言われている萌え袖ですが、中には厳しい意見も。 女性としては萌え袖についての、男性の本音を知りたいものです。 ネットで見られる男性の意見をピックアップしてみました。

かわいい

萌え袖を「かわいい」と感じる男性は多いようです。 特に理由はなく、何となくかわいいと感じてしまうようです。

子どもが大人の服を着せられている姿は、かわいく映るもの。 それと似た感覚とも言えるでしょう。

マンガのイラストなどでも女性をかわいく描く際に、萌え袖にしていることも多いです。 萌え袖は「かわいらしさの象徴」と言ってもよいのかもしれません。

守ってあげたい

女性のかわいい姿を見ると、「守ってあげたい」と思うのは男性の本能です。 萌え袖は子どものようなかわいさを思わせ、小さくてか弱いものを守りたくなるのでしょう。

萌え袖は体を小さく見せる効果もあるとされ、より小さくか弱く見えます。 その効果も手伝って、男性としては「自分が守ってあげなければ」という気持ちになるようです。

癒される

小さくてかわいい女性は、見ているだけで癒されると感じる男性も多いです。 萌え袖は、かわいい・か弱い・子どもっぽいという印象があり、それらは純粋で素直、自分を頼ってくれるなどといった印象を与えます。

純粋で素直な女性に男性は癒されるものです。 自分に甘えてくれるかわいい女性、という印象も持ちます。 そんな女性と一緒にいれば、気持ちも穏やかになり心地よいだろうと思うのです。

あざとい

あざといなどネガティブな印象を持つ男性もいます。

萌え袖は「男性ウケする」「幼い子どものような純粋無垢な印象を与える」ということを、十分に承知している女性がわざとしている、と感じてしまうのです。

男性からかわいく見られたい、という気持ちが見え見えで女性のあざとさに嫌悪感を抱くケースも。 “狙っている”感が丸見えでも、そこがかわいい、と感じる場合もあるようですが、それよりもわざとしている感が強いと引いてしまう男性もいます。

いつも萌え袖だったり、萌え袖を意識したファッションやヘアスタイルだったり、やりすぎるとかえって逆効果になる場合もあるので注意した方がいいでしょう。

男慣れしている

男性が自分をどう見ているかをよく知っている女性のことを、男慣れしていると感じる人もいるようです。 男性が自分をかわいいと見てくれることをわかっていてやっている計算高さ。 それが鼻についてしまうのでしょう。

男慣れしている女性を純粋、かわいいと思う男性は少ないでしょう。 遊んでいる・手玉に取られそう・男性としてリードしにくそう…などマイナスイメージを持ってしまう可能性もあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー