結婚ラッシュは何歳に来るもの?波に乗れる人と乗れない人の違い
3619 Point
更新

結婚ラッシュは何歳に来るもの?波に乗れる人と乗れない人の違い

結婚ラッシュに乗れないと焦りや不安を感じるものです。焦りを感じる理由や、結婚ラッシュに乗れない理由についてお伝えするとともに、焦りを感じたときの対処法を紹介します。

独身女性の中で結婚したくない人もいれば、結婚したくてもできずに焦っている人もいるでしょう。 特に周りが結婚し、子どもができたなどといった連絡が相次ぐと焦りが出てきます。

妊娠・出産も関係することから、結婚ラッシュには年齢が関係します。 それも、1回ではありません。 その結婚ラッシュの波に乗れないと不安になってしまうもの。

結婚ラッシュに乗れる人と乗れない人の違いは何でしょうか? 結婚ラッシュの年齢と、波に乗れる人と乗れない人の違いについてお伝えします。

結婚ラッシュはいつやってくる?

プロポーズしている陶器の人形

Nong4/shutterstock.com

10代で結婚する人もいれば、40代でも独身という女性もいます。 一生独身という女性も少なくありません。

結婚をせずに生きてきた人でも、結婚ラッシュを感じた人は多いでしょう。 思い返せば毎月のように結婚式に呼ばれていた、ということもあるはずです。

結婚ラッシュが来るタイミングは1回ではありません。 何段階かに分けられます。 女性の場合、何歳で結婚ラッシュが来るのでしょうか?

24~25歳

最初の結婚ラッシュ、「第一次結婚ラッシュ」とも呼ばれる年齢が、24~25歳頃です。 就職して仕事にも慣れ、結婚で環境が変わってもやっていけるという精神的安定感が生まれる年齢です。

学生時代から交際をしていた彼氏がいれば、結婚を考えるケースも多いです。 妊娠・出産を考えれば、適切な年齢とも言えるでしょう。

若いうちに結婚して子どもを産みたいと考える女性は、このくらいの年齢で結婚をする女性が多いです。

28~29歳

「第二次結婚ラッシュ」と呼ばれるのが、28~29歳頃。 30歳前に結婚をしておきたいと考える男女は多いため、この年齢で結婚ラッシュが起こります。

24~25歳はまだ結婚したくないと考えていた女性も、30歳を目前にすると、出産や育児のことを考えたり、20代で花嫁になっておきたいと考えたりするケースが増えます。

30歳になる前に、と焦って婚活をしたり、交際している彼氏にプロポーズをねだったりする女性も少なくありません。

34~35歳

「第三次結婚ラッシュ」と呼ばれるのが、34~35歳頃です。 仕事に専念してきた女性が、この辺で結婚をしておこうと考える年齢です。

家族などから「結婚しろ」と言われることも多く、出産のことを本気で考えるなら結婚をしておかないといけないと考える女性が多いためです。

この年齢を逃すと、一生独身の可能性もある、と焦る年齢でもあります。 結婚するか・独身でいるかを真剣に考え、結婚を決意する人も少なくありません。

結婚ラッシュで女性が焦りを感じる理由

フラワーシャワーで笑顔のカップル

oliveromg/shutterstock.com

知り合いや友人が相次いで結婚したり、子どもが生まれた・成長した、などといった報告を受けたりすると、女性は焦りを感じます。

特に結婚ラッシュを目の当たりにすると、自分だけ取り残されたような気持ちになってしまうもの。 結婚ラッシュで女性が焦りを感じるのはなぜか、その理由についてお伝えします。

結婚式に呼ばれることが多くなったから

結婚式に呼ばれる回数が増えると、女性は焦りを感じます。 結婚式の幸せな雰囲気は本来幸せな気分になり、心地よいものです。

特に、親友の結婚式は感動的。 友人の幸せそうな笑顔を見ていると、心から安心するでしょう。

しかし結婚式が毎月のように続けば、自分だけ取り残された気分になります。 ご祝儀ばかり包んで、他人の幸せを喜んでばかりいると、ふと「自分は?」と思ってしまいます。 幸せな結婚式の雰囲気を感じると、自分が主役になれる日は来るのか?と不安を感じるのです。

ライフステージが変化したから

一緒に遊んでばかりいた友人が、旦那さんを持ち、新しい家庭を築いていく…と思うと、ライフステージの変化を感じずにはいられません。

結婚ラッシュが続くと、すでに学生ではないことを理解します。 社会人として働き、両親の元から離れ新しい家庭を築く年齢であることを実感するのです。

そんなライフステージの変化は、結婚について真剣に考えるきっかけになり、自分はいつ結婚できるのか?と焦りを感じるのです。

一定の年齢に差し掛かっているから

多くの女性が「自分は〇歳までに結婚したい」と考えています。 その年齢に達したとき、焦りを感じる人も多くいます。

結婚したい年齢というのは、漠然とした理想でもあれば、妊娠や出産、子育て、仕事復帰、将来設計などを考えた上での願望であることも。

しかし、理想や願望が必ずしも達成できるとは限りません。 結婚を考えていた彼氏と別れてしまったり、仕事が忙しかったり、想定外のことがあるものです。 そのため結婚のチャンスを逃してしまうこともあります。

一定の年齢に差し掛かっていても、すぐに結婚できる状態ではないと焦ってしまいます。

仲のいい友達が家庭を持つから

いつも一緒に遊んでいた友達が家庭を持つことで、寂しさを感じることも焦りにつながる理由です。 家庭を持てば、独身時代とはライフスタイルが変わります。

夜遅くまで飲むのも制限があるし、休日は予定を入れにくくなります。 悩みや愚痴を聞いてほしくても、電話やLINEを長時間することもはばかれるでしょう。

そんな時、孤独を感じてしまうことも。 自分も結婚すれば孤独ではなくなる、と思ってもそれができないと焦りを感じてしまうのです。

結婚できる雰囲気がない

仲のいい友達が結婚しても、一定の年齢に達しても、彼氏がいて結婚できる可能性があれば孤独も感じないし、焦りもないでしょう。 しかし、結婚したくてもきっかけが全くないと焦ってしまいます。

相手がいない・好きな人もいないという状態であればまずは婚活から始めなければなりません。

彼氏がいても相手に結婚の意思がなければ、やはり焦ってしまうでしょう。 結婚ラッシュの時、その焦りは倍増してしまうこともあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー