好きになってはいけない人を好きになってしまったら?対処法や忘れ方とは
2034 Point
更新

好きになってはいけない人を好きになってしまったら?対処法や忘れ方とは

好きになってはいけない人を好きになった経験はありませんか。禁断の恋に発展させてしまえば厄介なことになります。好きになってはいけない人を好きになった場合の対処方法を紹介します。

好きになってはいけない人とは、どんな人のことを言うのでしょうか。 人を好きになることは自由ですが、場合によっては禁断の恋になってしまうこともあります。 気持ちだけで収まればよいですが、行動を起こしてしまうと人に迷惑を掛けてしまうことにもなりかねません。

好きになってはいけない人を好きになってしまった場合、対処方法を知っていれば早めの対応ができます。 手遅れにならないように、好きになってはいけない人を忘れる方法についてみていきましょう。

好きになってはいけない人とはどんな人?

恋人の前で他の女性と手をつなぐ男性

Anetlanda/shutterstock.com

好きになってはいけない人とは、具体的にどんな人なのでしょうか。 モラルに反する禁断の恋となってしまうケースと、男性に問題があるケースがあります。 どちらの場合も共通して言えるのは、幸せにつながらない可能性が高いということです。

好きになってはいけない人は、どんな人なのか具体的な例をみてみましょう。

既婚者

妻子ある既婚者は、好きになってはいけない人となります。 関係を持ってしまった場合、いわゆる不倫という形になってしまうことに。 これは、相手の家族を巻き込んでしまうため、モラルに反する恋となってしまいます。

既婚者の男性は、どこか余裕があるため女性にとっては魅力的に感じるのです。 特に身近なところにいる場合、既婚者ということを忘れて気づかないうちに、ひかれてしまうこともあります。 そのため、既婚者に恋をしてしまい道を外してしまう女性もよくいるのです。

好きな気持ちが抑えきれなくなった場合、リスクがあると言えます。

友達の彼氏

仲の良い友達の彼氏は、好きになってはいけない人です。 会う機会が多ければ、友達と彼氏の仲の良い姿を羨ましく感じることもあるでしょう。 最初は羨ましいという感情だったとしても、気づいたらひかれていたということもあります。

一緒に遊んでいるうちに、自分の彼氏だったらよいのにと思うようになることも。 友達の彼氏を好きになってしまった場合、友達との関係は破たんしてしまうリスクがあります。 仮に友達の彼氏を奪って付き合ったとしても、本当に幸せと言えるか考えてみる必要があるでしょう。

先生や生徒

学生時代に学校の先生に恋をしたり、教師の立場で生徒を好きになったりということはモラルに反することになります。 好きという気持ちを持つだけなら、心に秘めておけば問題はありません。 しかし、好きになって行動を起こすことは倫理的な問題となってしまうのです。

どちらの場合も、身近にいる同世代の男性とは違う魅力があるため、ひかれやすい特徴があります。 しかも、長時間過ごすことで好きになりやすい環境もあると言えます。 学校の先生や生徒を好きになってもリスクが高いので、憧れの気持ちだけで留めておくことがよいでしょう。

血のつながりがある家族

血縁関係にある人は、好きになってはいけない人です。 民法上では、直系血族または三親等以内の傍系血族とは婚姻してはいけないとされています。 小さな頃から身近な存在であるため、好きになってしまう可能性があるのです。

親戚のお兄さんに可愛がってもらい、気づいたら恋をしてしまったというようなケースです。 淡い憧れの気持ちで済めばよいですが、関係を持つようになってしまえば様々なリスクが高まります。 親戚といっても、血縁関係が遠い場合は法律的に問題ありません。

しかし、親族などの反対に合うというリスクがあり恋は難しいと言えるでしょう。

問題が多い男性

モラル的な問題がなくても、男性に問題がある場合も好きになってはいけない人となります。 例えば、多額の借金を抱えていたり、浮気癖が激しく常に女の影が見えたりする人です。 問題のある人を好きになれば、自分にもその問題が降りかかってきます。

付き合う前から問題が山積みの男性と付き合えば、幸せには程遠い恋となってしまうことに。 いくら純粋に好きな気持ちがあっても、幸せになれないのであれば恋愛をする意味がありません。 そして友達や親などから反対される可能性が高いため、精神的に辛いことを経験することになります。

会えなくなるのが分かっている相手

はじめから遠距離になる相手は、交際にリスクがあるため好きになってはいけない人だと言えます。 モラル的にも人的にも問題はありませんが、遠距離でスタートする恋愛は非常に難しいものです。 行き来しやすい場所なら問題ありませんが、相手の行き先が海外などのかなり遠方となる場合は逢うことが難しくなります。

男性が、新たな土地で新しい環境を作ると、身近な女性との出会いに揺れる可能性が高いです。 元々付き合っていた人が遠距離となれば、それを機会に結婚などへのきっかけになりますが、最初から離れてしまう場合はリスキーだと言えるでしょう。

好きになってはいけない人に恋をしたきっかけは?

仲の良い社員

Aleksandar Malivuk/shutterstock.com

好きになってはいけない人だとわかっていながら、つい好きになってしまったということもあるものです。 そんな経験を持つ人は、どんなことがきっかけで好きになってはいけない人を好きになってしまったのでしょうか。 好きになってはいけない人に惹かれてしまったきっかけや、ポイントについてみていきましょう。

親身になってくれた

自分の悩みを相談したときに、親身になってくれたことがきっかけで好きになってしまったケースです。 悩みを相談する相手というのは、年上の頼りになる相手を選ぶことが多いと言えます。 大人の余裕があり、親身になって答えてくれるうちに相手にひかれてしまうパターンはよくあるでしょう。

はじめは相手が既婚者であることを意識していても、距離が近くなればだんだんその意識は薄れてしまうのです。 その意識の緩みが危険を冒しやすくさせてしまいます。 好きになってはいけない人が相手の場合は、しっかりと線引きをすることが大事です。

とても気が合う

会話をしていて気が合うと思ったことがきっかけで、いつの間にか好きになっていたというケースもよくあります。 同じ趣味を持っていたり、ファッションやグルメの話が合ったりする場合です。 共通の話題が多いと、相手にひかれやすいことは当然なことで悪いことではありません。

しかし、その相手が好きになってはいけない人だった場合はリスクとなってしまいます。 もっと一緒にいたいという気持ちを持ってしまうと、禁断の恋に走ってしまう可能性もあるのです。 とても気が合ったとしても、気持ちにブレーキを持たないと加速してしまうことになります。

アプローチをされて

自分の意思ではなく、好きになってはいけない相手からアプローチをされたケースです。 既婚者でありながら、女性にアプローチをしてくる男性はモラルに反する行為となります。 しかし、こういった男性は身近にもいるのではないでしょうか。

最初は女性も警戒して対処しますが、アプローチされるうちに心が揺れてしまい関係を持ってしまうこともあります。 関係を持ってしまったことで気持ちが加速してしまうのは、女性に多い傾向が。 特に受け身な女性に起こりやすいパターンで、男性に振り回されてしまうかもしれません。

尊敬の気持ちがあった

会社の先輩や学校の先生などの場合は、尊敬の気持ちがきっかけとなることもあります。 仕事が有能な既婚者の先輩や、自分が学ぶ分野について非常に詳しい先生などです。 はじめは、尊敬の念が強いため頼りにするようになります。

個別で教わったりする機会が増えると、距離が近づくため気持ちが恋に変わってしまうことがあるのです。 好きになってはいけない相手だとはじめから分かっていることで、逆に気持ちが加速しやすいパターンだと言えます。 尊敬は憧れで留めて置けるのであればよいですが、それ以上になってしまうのは危険です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー