恋愛の駆け引きとは?好きになった男を振り向かせる駆け引きのテクニック
2753 Point
更新

恋愛の駆け引きとは?好きになった男を振り向かせる駆け引きのテクニック

上手な恋の駆け引きは、程よい刺激となって、恋愛を深く長くハッピーにします。本記事では、気になる男性を夢中にさせる恋の駆け引きのテクニックについて、具体的に詳しく解説します。

私たちが恋愛を大切に思えば思うほど、恋愛によって幸せになりたいという期待が強いほど、恋愛が上手くいかないことで深く傷ついてしまいます。 恋の駆け引きは悪いことではありません。

誰だって大好きな男性に振り向いてもらいたいし、自分を傷つけずに恋愛を楽しみたいものです。 相手に振り回されたり、逆に相手を翻弄したりせずに、お互いが幸せになれる大人の恋の駆け引きのテクニックについて、詳しく解説していきます。

どうしても彼に振り向いてもらいたい!
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、相談者の悩みに寄り添い幸せに導くことを目的とした【電話占いシエロ】です。

シエロのおすすめしたいポイントは以下の通り
・10分無料相談できるので初心者でも安心
・口コミで当たると評判の占い師に相談可能
・恋愛や彼の気持ち等のあらゆる悩みに精通した占い師が在籍

幅広い悩み鑑定ができるシエロだからこそ、一人で悩んでいても解決できない「私の事をどう思ってる?」「彼とはどうしたら上手くいく?」という悩みなど、最良の方法・手段についてのアドバイスを受けることが可能です。

1人で悩みモヤモヤする前にぜひ無料で相談してみてください。

恋の駆け引きとは

女性講師

Flamingo Images/shutterstock.com

恋愛をしているとき、私たちの脳内にはドーパミンという神経伝達物質が大量に分泌しています。 ドーパミンは快楽を司る脳内物質で、これが大量に分泌すると、私たちは幸福感に満たされると言います。 男女が強くひかれあうのもドーパミンの分泌と深い関わりがあるようです。

恋愛ホルモンと呼ばれるPEA(フェニルエチルアミン)はドーパミンの分泌を促す脳内物質です。 不安や緊張感を覚えてドキドキしたときに、PEAが分泌されるようです。

恋の駆け引きというのは、いかにして相手に適度な不安感や緊張感を与え、ときめきを覚えさせるかということがポイントになります。

恋が終わりを迎えるのも、脳内物質と深い関わりがあるようです。 ドーパミンは高い代謝を必要とするため、体がヘトヘトに疲れてしまいます。

これでは身が持たないので、恋愛は半年から長くても4年程度で終わってしまう、という説もあるようです。 熱しやすく冷めやすい、細く長く付き合うのが良いといった言葉は、ドーパミンの分泌の原理とも合致する奥深い言葉なのかもしれません

恋の駆け引きで成功するパターン

駆け引きをする女性

Roman Samborskyi/shutterstock.com

恋の駆け引きとは、相手に程よい不安や緊張を感じさせ、ドキドキ感を引き出すのがポイントです。 では、効果的に相手にときめきを感じさせるためには何をしたらいいのでしょうか? また、どういった仕草に男性はドキドキ感を覚えるのか、見ていきましょう。

駆け引きは相手を知ることから

恋の駆け引きで相手の気持ちを引き寄せたい、ドキドキ効果で愛情を深めたいと考えるのであれば、最初に相手の人となりや恋愛観を知っておくことが大切です。 男性のタイプによって、効果的なアプローチは異なります。 多くの人にはとてもよく効く駆け引きの術も、一部の男性にとってはネガティブに響いてしまい、致命的に悪い印象を与えてしまうことも。

例えば、真剣に結婚を考えている男性に対してボディタッチで色っぽさをアピールしたら、生涯連れ添うパートナー候補からは外されてしまう可能性があります。 逆に、恋愛経験豊富な男性に小手先の駆け引きは通じません。 かえって幼稚だと馬鹿にされてしまうかも。

相手のことをよく知ることと同じくらい大切なのは、自分の魅力や欠点について、客観的に知っておくことです。 効果的な恋の駆け引きとは、自分の魅力をできるだけ自然に引き出すことなのかもしれません。

駆け引きはアプローチに変化をつけて

恋の駆け引きの基本は押したらダメなら引いてみる、という押し引きのちょうどよいバランスの加減です。 女性は押しに弱い人も多く、グイグイこられると「こんなに思われているの?」と感動して、相手に強く惹かれていくことがあります。

男性の場合はグイグイ押され続けると、「この子は自分のことすごく好きなんだなー」と安心感を覚え、いつしか安心が慢心の気持ちに変わるといったことがあるようです。 一緒にいる時間は思いっきり楽しんで、甘えて、好きな気持ちをストレートに伝えましょう。 これは、ときめきとドキドキを高める効果的な駆け引きです。。

でも、一緒に居ないときは、自分からの連絡は控えましょう。 相手の男性が連絡をくれたときも、待ってましたとばかりに即レスしては、相手に不安や緊張を感じさせるヒマもありません。 自分からの連絡を控えるとか、メッセージを受信しても即レスせずに少し時間を置くと、「今なにしてるかな…」「誰とどこに行ったのかな?」と不安や緊張を感じる時間ができます。

駆け引きは自然体で

駆け引きも、自然体であってこそ、相手の心を動かします。 不自然であるということは、嘘っぽいということで、相手にときめきを感じさせることは難しいでしょう。 それどころか、逆に白けてしまうかもしれません。 なんだか嘘っぽい人だなと思われてしまえば、相手の信頼を失ってしまうかも。

どうしたら自然体の駆け引きができるのでしょうか? まず自分の魅力と欠点を正確に把握していて、自分の魅力を効果的にアピールすることが大切です。

普段から、自分の魅力や人間性を磨いておけば、二人でいろいろな体験を重ねるうちに、自然に相手の男性に伝わるでしょう。 優しさや、女性らしさ、知性や自立心などは、付け焼刃ではとうてい身につくものではありません。

駆け引きはギャップ萌えをねらう

ギャップ萌えは、ゲインロス効果(獲得-損失効果)の作用が働いています。 ゲインロス効果とは、人の心が変化の度合いに大きく反応するということです。 もともとマイナスのイメージを持っていた人のプラスの一面を見たとき、好感度が一気に高まるのは、ゲインロス効果が作用しています。

誠実そうな男性に見えて好感度の高かった芸能人が、不倫報道で一気に人気が地に落ちるのは、ゲインロス効果が逆に作用しているパターンです。 いずれのパターンでも効果は絶大なので、恋の駆け引きに上手に活用しましょう。

男性に効果的なギャップ萌えのパターンとしてはどんなものがあるでしょう? 美人で近寄りがたいのに、実は気さくで親しみが持てる人だった。 派手なファッションなのに、料理や家事が得意で一緒にいるとホッとする。 不愛想に見えたのに、笑顔がとても可愛い。

もちろん、知性的に見えて中身が空っぽとか、美人なのに言葉遣いが汚いなど、逆に作用する場合も効果てきめんなので、気を付ける必要がありますよね。

駆け引きは焦らすと効果的

男性は狩猟本能が強く、逃げるものを追いかけて捕まえたいという願望があります。 捕まえることに喜びを覚えるのと同じくらい、獲物を追う過程に興奮し、喜びを感じるようです。

ですから、グイグイくる男性をすぐに受け入れてしまうのではなく、焦らして狩猟本能をとことん掻き立てるのも効果的な恋の駆け引きと言えます。 焦らすことによって、相手に自分の価値を高く認識させるという効果もあります。

人は、苦労してやっとの思いで手に入れたものほど、尊いと感じて大事にしますよね。 男性のハンターとしての、そしてコレクターとしての本能を上手に使って恋の駆け引きを成功させましょう。

駆け引きには嫉妬心をあおる

他の異性の存在をほのめかすことで、相手の嫉妬心を燃え上がらせる、これは最も効果的な恋の駆け引きのうちの一つと言えるのではないでしょうか。 恋愛の原理は、脳内物質のドーパミンが大量に分泌することで、それには適度な不安や緊張感が大切です。 完璧に自分のものだと安心しきっている状態では、不安や緊張を感じられません。

他の男性の影がちらつけば、ちょうどよい刺激を与えて恋愛感情がたかまるでしょう。 しかし、嘘や捏造は相手の信頼を失うリスクがあるのでおススメできません。 普段から外見的にも内面的にも女子力を高め、複数の男性から女性として意識してもらえる存在でいたいものです。

駆け引きとしての軽いボディタッチ

ボディタッチには、相手に自分を女性として意識させるという効果があります。 気になる男性に使うと効果的な駆け引きの一つです。

男性は、落ちそうで落ちない女性に強く惹かれ、夢中になると言います。 全く自分に関心を持たない女性に敢えて挑むという猛者は、かなりの少数派というのが現実です。

ボディタッチによって、もしかしたら俺に気がある?いけるかも?と期待を持つことが、男性の恋愛スイッチをオンにします。 でも、やりすぎると、軽い女だと誤解されてしまうかも。 また、同性からは「この子またやってる…」と嫌われるので、注意が必要です。

恋の駆け引きで失敗するパターン

既読スルー

Olena Zaskochenko/shutterstock.com

恋の駆け引きでも相手の自尊心を傷つけると、男性は恋よりもプライドを守るほうを選び、立ち去る可能性があります。 また、相手の不安感や緊張感をあおろうと刺激を与え続けたら、やりすぎて嫌悪感を与えてしまったという例も聞きます。

恋の駆け引きをするときも、最低限のマナーを守って、相手のプライドを傷つけないように気を付けたいものです。

駆け引きでも既読スルー・挨拶無視は無礼

ツンデレ効果を狙うために、わざと冷たくするという方法は駆け引きとしてはよくある手段です。 ただし、最低限のマナーを守らないと人間性を疑われてしまいます。

用事があって連絡をしたのに既読スルーで何日間も放置する、外出先で偶然出会ったから、礼儀として挨拶したのに、気付かないふりで立ち去られた。

人見知りとか忙しいことを理由に、このような無礼な態度をとる人は、男女を問わず現実に存在します。 恋の駆け引きの手段として取った冷たい素振りが、相手から見たら、ただの自分勝手で傲慢で無礼な人に映ってしまう可能性があるので、行き過ぎた駆け引きは危険です。 マナーと限度はわきまえましょう。

駆け引きでも二股はやりすぎ

他の男性の影をちらつかせて、相手の独占欲を刺激するという恋の駆け引きは効果的です。 本当に女性としての魅力にあふれていて、複数の男性からのお誘いが絶えない、という状態であれば、なお効果的。

そうではなく、知り合いの男性に頼んで自分に気のあるふりをしてもらう、といった場合でも、1回くらいは功を奏するかもしれません。

但し、二股をかけるとか、肉体関係を持つところまでいくとやりすぎです。 刺激になって短期的な効果は得られるかもしれません。 しかし、長期的にみると信頼関係が崩れて良い結果は生まれません。

駆け引きでもベタベタ触るのは下品

ボディタッチには、男性に好意を伝えるという効果があります。 でも、やりすぎると軽い女にみられてしまうかも。 こいつは誰にでもこんなことしているのかな?などと思われたら、女としても人間としても損ですよね

すでに付き合っている男性に自分からベタベタすると、多くの男性は「俺にめちゃくちゃ惚れてる」と慢心してしまいます。 男性のタイプにもよりますが、人前でいちゃつくのは恥ずかしいとか、みっともないと考える男性も多いので、注意が必要です。

駆け引きでも上っ面のお世辞は響かない

男でも女でも、誰かから褒められると自己有用感が高まりうれしいものです。 特に、自分が好意を抱く相手から褒められれば、自信を持ち人間としての成長にもつながります。

ただし、容姿や学歴といった表面的なものを褒めても高い効果は望めません。 容貌の整った人に「格好いいですね」とか、東大出身の人に「頭いいんですね」と言っても、聞きなれた言葉なのでさほど強く響かないでしょう。

時間をかけてじっくり観察しないと見えてこない内面的な魅力を褒めるのが効果的です。 他の人には発見できない、「意外と○○だよね」と言ったポイントを的確に言い当てると、心に強く響くかもしれません。

駆け引きでも不自然なモテ仕草はあざとい

多くの男性がグッとくる女性のモテ仕草は、髪をかき上げる、笑顔、美味しそうに物を食べる、顔を赤らめる、など自然な仕草です。 萌え袖や上目遣い、前かがみでしゃがむといった動作に関しては、狙いすぎと感じる人のほうが多くいます。 「わざとらしさがなければ」という条件付きで可とする男性と、あまり好感はモテないという男性が半分半分でしょうか。

間違いなく言えるのは、上目遣いなどのあざといモテ仕草は、同性の反感を買います。 あざといモテ仕草が同性から許されるのは、美のカリスマレベルの女性だけです。

同性からつまはじきになるリスクを考えたら、男性からも女性からも受け入れられるモテ仕草を身に着けたほうがよいでしょう。 清潔感、気配り、優しさ、優雅な動作などは男女問わず好感がもてるモテ仕草です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー