彼氏とのLINEの頻度で悩んでしまう…LINEの理想な頻度と内容を知ろう!
2187 Point
更新

彼氏とのLINEの頻度で悩んでしまう…LINEの理想な頻度と内容を知ろう!

彼氏とのLINEの頻度はどのくらいが理想的なのか悩む女性は少なくありません。どの程度が最適なのか、またどんな内容が理想的なのかをみていきましょう。NGな内容もお伝えします。

彼氏とのLINEの頻度ってどれくらいですか?

カップルによっては毎日や、数日に1回なんてさっぱりしたカップルもいて頻度はさまざまです。 付き合い立ての頃は起きてから寝るまでLINEしているなんてこともありますよね。 逆に付き合いが長くなると連絡の頻度が減ることも少なくありません。

今回は、LINEの頻度がどれくらいなら理想的なのかをみていきましょう。 また、LINEの頻度が減ってきて寂しく感じてしまったときの対処法もお伝えします。

彼氏とのLINEの理想の連絡頻度【ケース別】

彼氏に連絡する女性

Jacob Lund/shutterstock.com

まずは、彼氏とのLINEでどれくらいの頻度が理想的なのか、ケース別でみていきましょう。 付き合いの長さによって理想的な頻度は変わっていきます。 また、なかなか会えない恋愛だと、会えない分LINEは密にしておくことが理想です。

ご自身の恋愛の状況と重ねて読んでみてくださいね。

男女ともの理想の頻度は「毎日」

カップルの理想なLINEの頻度は男女ともに「毎日」と感じています。 女性は彼氏と毎日連絡を取りたいと感じますが、同じく男性も毎日彼女と連絡を取りたいと感じているのです。 男性は女性に比べて連絡無精な人が多いのですが、やはり大切な彼女とのLINEは毎日したくなります。

もちろん理想ですので現実には毎日LINEするのが難しいこともあるはずです。 付き合いが長くなると男性だけでなく女性からもLINEが減ることもあります。

付き合い始めのラブラブ期の頻度

付き合い始めのラブラブなときは意識しなくてもLINEの量が増えます。 止めようとしても、止まりませんよね。

少しのことで彼氏にLINEしたくなる経験をした女性も多いのではないでしょうか。 ですが、理想な頻度で考えると、少しペースを落とした方が良さそうです。

ラブラブな期間を長くするためにも「もう少しLINEしたかったな…」と感じるところで止めておきましょう。 腹八分でご飯を止めるのが健康に良いように、恋愛もしすぎるとラブラブ期間が早く過ぎてしまう可能性があるのです。

倦怠期の頻度

倦怠期はLINEの頻度が落ちてしまいます。 お互いに何を言ってもちゃんと通じなくて喧嘩に発展することもあるのが倦怠期です。 そんなときは敢えてLINEにこだわるのではなく、通話に切り替えてみましょう。

どれだけ愛情のある文章でも、文字で見ると味気なく感じてしまうことがあります。 無機質な文字よりも、声でちゃんと伝えた方が気持ちは伝わるのです。 倦怠期の気まずい状況を抜け出すなら、LINEの頻度は下げて通話の頻度を上げましょう。

遠距離恋愛の頻度

遠距離恋愛の場合、LINEの頻度は毎日が理想的です。 遠距離恋愛は毎週会えないですし、カップルによっては数か月会えないこともあります。 会えないのにLINEの頻度も少ないと、最悪の場合自然消滅になってしまうこともあるのです。

少しでもお互いの状況を共有しておけば、会えなくても絆は深まります。 遠距離恋愛を成就させるには、彼氏と彼女の双方の努力が大切です。 彼氏とLINEは毎日することを約束しておくのが良いでしょう。

彼氏と彼女で違うLINEの頻度に対する価値観

彼氏と彼女

Roman Samborskyi/shutterstock.com

彼氏とのLINEの頻度で女性が悩んでしまうのは「彼氏からのLINEが減った」ことがほとんどです。 LINEの頻度が減ったことで愛情が減ったように感じてしまいます。

男女でLINEの頻度に差が出てしまうのは、LINEに対する価値観が違うからなのです。

彼女にとってLINEは彼氏との繋がり

彼女にとってLINEは彼氏との大切な繋がりです。 文字でのやりとりですが、ちゃんと心がこもっていて、実際に会って話をしていることと大差がありません。

実用的な連絡だけでなく、ちょっとした日常を女性は彼氏に伝えたくなります。 これは、女性にとって他人と共感することは大切なコミュニケーションだからです。

彼氏が大事な人だからこそ、ちょっとしたことを伝えたくなります。

彼氏にとってLINEは彼女との連絡手段

彼女にとって大切な心のコミュニケーションであるLINEですが、男性にとっては「連絡手段」です。 この価値観の違いがLINEの頻度に対する問題を発生させます。

男性にとってLINEはあくまでも要件を伝える手段です。 待ち合わせの時間やデートの相談など、目的がある内容を伝えることを男性は好みます。 彼氏に送ったLINEにそっけない返事なのは愛情が薄れたからではなく、男性にとっては単に連絡手段だからなのです。

彼氏のLINEが減ったときの男性心理

男性の気持ち

WAYHOME studio/shutterstock.com

彼氏のLINEが減ってしまうと心配になりますよね。 女性によっては「もう愛されていない…」と悲観的になってしまう人も少なくありません。 ですが、男性にとってLINEの頻度と愛情の深さは無関係なことがほとんどです。

LINEが減ったときの男性心理をみていきましょう。

仕事が忙しい

仕事が忙しいとき、男性は仕事だけに集中したくなります。 男性は同時にいくつものタスクをこなすことが苦手だからです。 大きなプロジェクトを任されていたり、昇進がかかった試験の前だったりすると、恋愛は後回しになってしまいます。

仕事に集中しすぎてついつい彼女にそっけなくしてしまうのは、意図的ではなくそのときにできる最大の返事なのです。 仕事が落ち着くと元の頻度に戻るので少しだけ我慢して理解ある彼女になりましょう。

会ったときに話したい

LINEで伝えなくても会ったときに話せば良いと感じている男性は少なくありません。 男性にとってLINEはあくまでも連絡手段です。 日常であった面白い話や、ちょっと落ち込んだ話などは、彼女と直接会ったときに話したいと感じます。

とくに落ち込んでしまったときは、文字にするのも面倒ですのでついついそっけなくなってしまうのです。 そして彼女は心の壁と認識し不安になります。 毎日連絡が取れないからといって会いたくないわけではないのです。

返信しなくて良いと認識している

彼女からのLINEで「これは返信しなくて良い内容だ」と認識していることもあります。 とくに疑問形で終わっていなかったり、自分に関係のない物事の報告であったりすれば、男性は返信不要と感じてしまいます。

「そうなんだ」と感じるだけで「そうなんだ」を文字に起こして送信することがないのです。 もちろん、マメな彼氏なら返信ありますが、もともとLINEが苦手な彼氏なら必要最低限の連絡しかなくても不思議ではありません。

面倒くさく感じている

そもそもLINEで会話をするのが面倒だと感じていることがあります。 女性は友達とLINEを延々と続けることが苦痛ではありません。 むしろ、友情を感じるコミュニケーションですよね。

しかし男性はLINEで友情や愛情を確かめません。 それどころか、あまり意味のない会話をダラダラ続けるのが無意味に感じている男性もいます。 LINEで会話が終わらないことを面倒くさく感じてついLINEの頻度が減ってしまうのです。

気持ちが薄れてしまっている

彼女として最もつらいのが気持ちが薄れてしまったが理由なことです。 男性だって、どれだけ苦手なLINEでも大切な彼女であれば毎日連絡したくなります。 たとえそれがそっけない内容や一言だけだったとしてもです。

ですが、気持ちが薄れてしまっては彼女に連絡すること自体が億劫になります。 わざとLINEの頻度を減らして、彼女に気持ちが薄れたことを察してほしいと考えているのです。 あまり感情を出さないタイプの彼であればありえます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー