付き合う前のラインの頻度はやりすぎ注意!ベストな頻度とコツを知ろう!
3351 Point
更新

付き合う前のラインの頻度はやりすぎ注意!ベストな頻度とコツを知ろう!

付き合う前にラインをしている期間って本当に楽しいですよね。気軽にできるラインだからこそ、気を付けたいこともあります。付き合う前のラインのベストな頻度と、コツをお伝えします。

付き合う前のラインをしている期間ってとても楽しいですよね。 これから彼氏になるのかな、デートとかどこ行くのかな、などラブラブな妄想が尽きません。 楽しくてつい時間を忘れてラインをしてしまうのですが、付き合う前だからこそ気をつけたいことも山盛りです。

今回は、付き合う前のラインでベストな頻度と、ラインが続くコツやNGな内容などをお伝えします。 今まさに気になる人とライン段階にある人はぜひ読み進めてみてくださいね。

付き合う前のラインのベストな頻度とは

ラインする女性

WAYHOME studio/shutterstock.com

付き合う前ってラインがとても楽しくて、つい日にちを超えても続けたくなります。 気に入った彼から連絡が無かったら、自分からラインしてもいいのかな?って悩む女性も多数です。

だけど、何度もラインするのも嫌われそうな気がしますよね。 付き合う前ってラインはどれくらいの頻度ならOKなのでしょうか。

男性がラインに負担を感じないベストな頻度をみていきます。

ノリが良い男性なら毎日でもOK

ノリの良い男性はラインも苦手に感じません。 コミュニケーションを取るのが好きなので、毎日ラインしても大丈夫です。

ノリが良い男性は楽しいことが大好きなので、真面目な内容よりちょっとふざけた面白い内容を送ってみましょう。 もともとマメなので、ラインはきちんと返信してくれるはずです。

そのため、両想いかどうかわかりづらいところもあります。 ですが毎日楽しく連絡していることで、2人の気持ちは確実に近づくのではないでしょうか。 楽しいラインを続けていれば「この子となら楽しそうだな」と感じてくれそうですね。

社会人なら3日に1回

社会人で仕事が忙しい人なら3日に1回くらいがベストです。 学生と違い、仕事が中心となってしまうので、ダラダラと続くラインに時間を割くのは負担を感じてしまいます。 気に入っている男性に「返信しないと」と負担に感じさせるのは避けたいですよね。

3日に1回であれば、忘れられることなく、また「よくラインしている相手」と認識されます。 返信も「楽しい」と義務感にならないちょうど良い頻度です。 できるだけ仕事中の時間を外して適度なラインを心掛けてみてください。

1日に数回を基準にする

1日に数回なんて少なく感じる人もいるのではないでしょうか。 確かに、気になる人と付き合う前のラインは、ラリーが続くなら続くだけやりとりしたくなります。 ですが、ひょっとすると相手の男性は「NO」が言えない性格の可能性もあるのです。

届いたラインを終わらせることができなくて、義務感でダラダラ続いているだけが事実だと切なすぎます。 「ラインしてみようかな」と相手に感じさせられたらお付き合いへのステップアップです。 ですので「もっとラインしていたいな」くらいで止めてみましょう。

忙しい男性なら週に1回

仕事と趣味と、何かと忙しい男性とのラインは週に1回を目途にしてみましょう。 プライベートも充実している男性はどうしても恋愛が後回しになってしまいます。 付き合うならその多忙さを理解してくれる彼女、と決めている男性も多数です。

このタイプの男性に毎日ラインしてしまうと「付き合うと面倒くさそう」と感じられてしまいます。 寂しい気持ちになりますが、男性を落としにいくならぐっと寂しさをこらえて勝ち取りにいきましょう! 「この子が彼女ならプライベートも許してもらえそう」と感じさせるのが大切です。

自営業なら返信がないことも覚悟が必要

会社員とは違い、自営業の男性は常に仕事のことを考えています。 自分の働きで収入が決まってしまうので当然ですよね。 特に仕事を立ち上げて間もない人であれば恋愛どころではない可能性もあります。

そんな男性はラインをしたけど返信がないことも少なくありません。 決して女性に非があるのではなく本当に仕事以外ができない状態です。

そんな仕事人間を好きになると寂しい期間が増えてしまいます。 彼も仕事が落ち着けば連絡があるはずです。 それまでは「ラインは返信なくて当たり前!」くらいの覚悟をしておきましょう。

付き合う前のラインの頻度で気を付けること

気を付けること

Dean Drobot/shutterstock.com

付き合う前のラインは頻度が下がるとどうしても不安になります。 不安になってついまたラインする、なんて行動をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

男性と女性とではラインへの価値観が違うのでどうしても頻度が合致しません。 付き合う前のライン期間で失敗するとお付き合いに至らないので、ラインをする大切なポイントを押さえておきましょう。

男性はラインが苦手であることを知っておく

そもそも、ラインが苦手な男性って大多数です。 女性は相手と理解を深めるためのツールとしてラインを使用します。 対して男性にとってラインは「連絡手段」でしかありません。 ですので、マメにラインをすること自体が苦手と感じてしまいます。

とくに仕事が忙しいときやプライベートに没頭しているときはラインを気にしません。 そんなラインが苦手な男性がラインをするのは「気に入られている」からです。 苦手なことを苦手な女性にはしません。 ですので、たとえラインの返信がそっけなくてもいじけないようにしましょう。 彼なりの精一杯のコミュニケーションなのです。

相手に気に入られようと必死にならないこと

気に入っている男性に気に入られたい気持ちは当たり前です。 ですが、気に入られようと必死な姿はあなたの「本来の姿」ではありません。 相手に気に入られたいために必死になっても、本来の姿でなければなかなか魅力が伝わらないのです。

それに、男性も「合わせられている」ことを感じとります。 お付き合いは2人で築いていくものです。 どちらかが無理をしてしまうと、結局うまくいきません。

初めから自分を偽って始まる関係性は、結果的に長続きしないことがほとんどです。 ラインをするときは考えすぎず肩の力を抜いてみましょう。 その方が本来の魅力が伝わるはずです。

頻度が減っても気にしないこと

付き合う前で頻繁にラインをしていると付き合える気がしますよね。 ところがラインの頻度が減ってくると、なんとなく脈なしになったのではないかと不安になります。 ですが、なぜラインの頻度が減ったのか、という明確な理由はわかりません。 理由がわからないのに不安になるのは心を自ら苦しめているようなものです。

仕事が忙しい、プライベートで何かあった、などラインが減った理由の可能性はたくさんあります。 ラインの頻度が減っても気にせずいましょう。 彼なりの事情が終わったら、何もなかったかのようにまたラインが来るので気にしないことが大切です。

相手を知る期間であることを忘れない

付き合う前にラインをしていると、何となくもう付き合っている気分になる人も少なくありません。 相手をわかったような気分になるのですが、それはまだ早いですよね。

付き合う前のラインをしている期間は、相手を知る期間です。 性格や価値観が合うのかは付き合う前に知っておくべきことではないでしょうか。 付き合う前のラインしている期間は、どんな人なのか、自分に合う男性なのか吟味ができる時間です。

同時に、自分を知ってもらう時間でもあります。 本当に彼に合うのか、彼にも知ってもらいましょう。 そのためには飾らない姿勢が大切です。 末永く付き合っていくには、飾らない自分でいましょう。

ラインするベストな時間を考える

時間を考える

Rawpixel.com/shutterstock.com

意外と見落としがちですが、ラインする時間を考えるのも大切です。 早朝や夜中など、相手にとって迷惑な時間にラインをするのは良くありません。

自分に置き換えて考えれば、寝ているときにラインが来ても正直ちょっと迷惑に感じますよね。 とくに社会人であれば仕事中にラインが来ても返信できないことがほとんどです。

迷惑な時間にラインが来たら「この人は相手のことを考えない人だ」と認識されてしまいます。 これでは付き合うことができなくなります。 ランチの時間帯や仕事が終わって就寝前の21時~23時くらいがベストな時間ですので、その時間を狙いましょう。

短い文章で送る

付き合う前の男性には短い文章を心掛けましょう。 女性は友達同士でも長文で送ってコミュニケーションを取ります。 女性同士は長い文章から相手の気持ちの変化やその背景を想像して共感できるのです。

しかし男性は、長文だと読む気持ちが萎えてしまいます。 さらっと流して読んでしまうので、女性の言いたいことが伝わらないことも少なくありません。 付き合う前のお互いを理解したい時間ですので、短い文章でコミュニケ-ションをとるようにしましょう。 ダラダラと文章だけを送るのではなく、途中で写真を送って変化を付けるのもラインが盛り上るコツです。

出かけたあとは感謝のラインを送ると効果的

2人で出かけたあとは感謝のラインを送りましょう。 「きちんとした人だな」と好印象を与えることができます。

男性は若さや見た目の良さだけで女性を好きになりません。 その女性がどのような価値観を持ち、どのような立ち居振る舞いをするのかを見ています。

「ありがとう」は人間性の基礎的な部分です。 せっかく2人で出かけて楽しかったのにラインで全くデートに触れられなかったら頑張った男性の気持ちも報われません。

気に入っている男性とのラインですので、感謝の気持ちは惜しげなく伝えましょう。 たったひと言の「ありがとう」が、付き合うきっかけになる魔法の言葉となりえるのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー