初頭効果とは?初頭効果をアップさせて、憧れの男性から好印象をゲット!
4353 Point
更新

初頭効果とは?初頭効果をアップさせて、憧れの男性から好印象をゲット!

初頭効果とは、相手の第一印象がインプットされやすいという意味です。第一印象がよいと仲を深めやすく、親密な関係になる可能性もあります。意中の男性への第一歩に初頭効果を活用しましょう。

人と最初に会ったときの第一印象は、非常に重要なカギを握っています。 第一印象によって、今後の接し方を決めていくという人もいるのではないでしょうか?

初頭効果とは相手と対面した際の第一印象が脳にインプットされて強く残る心理効果であり、今後の人間関係の構築に欠かせないものです。

今回は相手によい印象を持ってもらいやすくなるような、初頭効果についてご紹介します。 仕事の面接だけではなく、恋愛での応用も可能なので、ぜひチェックしてみてください。

初頭効果とは?親近効果も同時にチェック

初頭効果とは

Robert Kneschke/shutterstock.com

初頭効果とは、どのようなものなのでしょうか。 まずは、初頭効果についての基本情報を詳しくご紹介します。

初頭効果と一緒に覚えておきたい、親近効果(終末効果)についてもまとめています。 双方の特徴を知ることで、仕事での面接や営業などの場面で相手とのやり取りがスムーズに進みやすくなり可能性もあります。

初頭効果の意味とは

初頭効果とは、初頭効果とは、初対面の相手に対する第一印象が強く脳に残りやすくなることを指しています。 第一印象の良し悪しは、今後相手と仕事などを共同で行う際に重要なポイントです。 仕事やアルバイトなどの面接でも、第一印象がよいと採用率も上がりやすくなります。

これは合コンなどにも適応されるので、最初の印象によって人気が集中してしまうということも実際に起こることです。

初頭効果は人によって若干差があるものの、相手を見て非常に短い時間で頭の中にインプットされることが多い傾向です。

何秒くらいで効果が出るの?

初頭効果は、初めてあった人に対して約6~7秒ほどで発揮されるといわれています。 非常に短い時間なので、相手がせっかちだった場合は挨拶をしたかどうかのタイミングで第一印象が決まってしまう可能性もあるのです。

緊張していてこわばってしまっていたり、誰かと会う前にちょっと気に障ることがあってムッとしていたら、それが相手があなたに対して持った第一印象となります。

短時間で初頭効果が発揮されるからこそ、相手と会った瞬間からの数秒間の間は、特に表情や言動には気を使いたいものです。

電話で初頭効果が出るのは何秒?

初頭効果は、初めてあった人の表情や声色などを目で見て肌で感じる場合は6~7秒ほど時間がかかります。

では、相手が全く見えない電話では、どれくらいの時間で初頭効果が発揮されるのでしょうか?

電話の場合は、頼る情報が音声しかありません。 判断材料が音声のみなので、初頭効果が発揮されるのはおおよそ3秒ほどだといわれています。

実際に会っているときよりも、さらに短い時間で第一印象が決定しているのです。

親近効果(終末効果)もチェック!

親近効果とは、相手に最後に与えた印象によって人の印象が決まるとこです。 初頭効果とは、正反対の立ち位置にあります。

最終的に与えた印象が相手の頭の中に残るという効果なので、別名週末効果ともいわれています。

最後に自分の印象を強く持ってほしいプレゼンテーションなどのときに活用すると、効果が出やすくなり可能性が高くなります。

親近効果だけでなく、初頭効果にも注力すると、相手にさらに良い印象を与えられるかもしれません。

初頭効果と親近効果の英語表記

初頭効果の英語でのスペルは、primacy effectとなります。 primacyという単語は首位や第1位と意味を持っており、effectという単語は結果や効果という意味を持っています。

親近効果の英語でのスペルはrecency effectです。 recencyとはリーセンシー効果を意味する単語になります。

よい印象の初頭効果を持たれやすくするポイント

初頭効果をよくするポイント

Pressmaster/shutterstock.com

初頭効果は、多種多様な場面での活用が可能です。 面接だけでなく、ビジネス面での活用もできる便利な効果なので、ぜひ有効利用してたくさんの人とよい関係を構築していきましょう。

初頭効果で好印象を持ってもらうためのポイントをまとめました。よりよい第一印象を持ってもらいたいという場面で、活用してみるのもおすすめです。

初頭効果は長期記憶されやすい!

初頭効果は、後々の関係にも影響をもたらすものです。 仕事やプライベートで長く付き合っていく相手だとすれば、第一印象をよくしてその後の関係を良好に築きましょう。

初頭効果では、一度残った印象が数カ月から半年ほど相手の中に残るともいわれています。

親近効果は短期記憶されやすい特徴を持っているので、比較的早い段階で忘れられる傾向。 長いお付き合いをする相手であれば、第一印象はぜひ力を入れてよいものにするよう心がけましょう。

挨拶は笑顔が大切

相手と初めて顔を合わせたときに最初に行うのは、挨拶です。 最初の挨拶は、今後の印象にも大きくかかわってくる大切なものなので、笑顔で元気のある挨拶を心がけましょう。

初対面の相手との会話は緊張しやすいものですが、できる限り自然な笑顔で挨拶をするのがポイントです。 元気のある声は、TPOに合わせた大きさがベスト。

緊張する第一声ですが、肩の力を適度に抜いて、相手が好感を持ちやすい笑顔で気持ちのいい挨拶をしましょう。

清潔な身だしなみを心がける

紹介された人を最初に見たとき、表情だけでなく全体を確認します。 表情はにこやかだったとしても、その場にそぐわない服装をしていると、どうしても印象が悪くなりやすくなってしまう可能性があります。

初めて人に会う場合は、どんな場なのかを踏まえたうえで、清潔感があり派手すぎないものがおすすめです。

会社面接などであれば、スーツが寄れていないか、シャツのボタンを掛け違えていないかなど基本的な身だしなみが整っているかを確認しましょう。

丁寧な言葉使いを心がけ、歯切れよく話す

いくら最初の印象がよくても、会話をしていく中で印象が変わってしまうことがあります。 会話の内容にもよりますが、内容の前に正しい日本語が使えているかが重要!

丁寧に話しているつもりが、言葉選びを間違えていて相手に不快な思いをさせているということもあります。

また、会話をするために会っているのに、質問になかなか答えずにもじもじしているのもよくありません。 会話を行う際は、正しい言葉を選んで歯切れよく話しましょう。

明るい表情で、にこやかに

初頭効果で印象が固まりやすいとされている時間に、緊張で表情が硬かった場合。 その事を気に病んでしまってずっと緊張し続けていると、表情の硬い人だったという印象を持たれてしまいます。

緊張は相手に伝わりやすく、仏頂面のままよい話をしても印象に残りにくいものです。 まずは、その場の雰囲気に慣れて、にこやかで明るい表情になれるようにしましょう。

だんだん表情は柔らかく明るくなっていくと、相手が受け取る印象もよいものに変化しやすくなります。

恋愛に初頭効果を活かすポイント

カップル

Antonio Guillem/shutterstock.com

初頭効果は、恋愛の場面でも活用できます。 具体的な活用方法を身に着けて、合コンや気になっていた人を紹介してもらえる機会に実施してみましょう。

第一印象が良好であれば、今後の関係の発展も期待が高まります。 誰にでもできることをまとめているので、無理なく実践できそうなものを取り入れてみてください。

笑顔で相手に安心感を与える

ファーストコンタクトの笑顔が素敵な人は、相手から好印象を持ってもらいやすくなります。

魅力的に見えやすく、相手の人も安心感を持って接してくれるので、話が盛り上がりやすくなる可能性も高まります。

特別なメイクやヘアアレンジを行っていなくても、清潔感のある服装やメイクでまとめていれば問題ありません。

着飾ってアピールするよりも、笑顔で相手に接する方が、相手に好印象を持ってもらえて仲が深まりやすくなります。

普段の自分を客観的にとらえておく

自分自身のことを客観的に見るということは、思いのほか難しいものです。 普段の服装やメイクが派手ではないと自分で思っていても、周囲には派手目な印象を与えていることもあります。

友人や家族などに服装やメイクなどの印象を聞いてみると、第三者からの印象がとらえやすくなるかもしれません。

第三者からの意見にしっかりと耳を貸すことで、第一印象の向上や改善を行えます。 自分の魅力を外面に出すためにも、定期的に周囲からの印象などを取り入れましょう。

TPOに合わせた服装を心がける

笑顔やしゃべり方などは文句なしであっても、TPOにそぐわない服装をしているとその場の雰囲気を大きく崩してしまう可能性があります。

自分らしさを表現することはよいことですが、その場に合わせた身だしなみを整えることは重要です。

大人としてのたしなみでもあるので、会う人の情報などを事前リサーチして、どのような服装がよいかを吟味しておくと慌てずに準備ができます。 しっかりと準備して、出会いの場を有意義で楽しい時間にしましょう。

初頭効果の印象を覆す方法

初頭効果を利用して第一印象をよくするはずが、不慮の事故や偶然の病気などで相手に印象を与えられないということもあります。

初頭効果は人の脳に残りやすいので、完全に忘れることは難しいものです。 また、第一印象は数カ月単位で記憶されやすい特徴も持っています。

これを払しょくするためには、次回会ったときに前回の第一印象を大きく覆すような大きなインパクトのある印象を与えることが重要になります。 前回の印象が悪くても、次回で挽回できる可能性はあります。

親近効果と組み合わせることで、好印象度アップ!

人間は第一印象が重要ではありますが、終始雰囲気がよく、最後にも素敵な笑顔を見せてくれる人であればもっと相手と仲を深めたいと思いやすくなるものです。

相手に好印象を持ってもらって今後の長くつながりを持ちたいと思うのであれば、初頭効果と親近効果を組み合わせて使いましょう。 第一印象と最後の印象がよいと、好感度がアップしやすくなります。

初頭効果はとても重要!気になる人に好印象を与えよう

初頭効果で好印象を与えよう

Dean Drobot/shutterstock.com

初頭効果で相手が持つ印象は、数カ月間脳にインプットされるものです。 合コンや紹介などで気になる人と話す機会があったならば、第一印象がよくなるような工夫をしておきましょう。

身だしなみや言葉選びなどは、私生活の中で修正やスキルアップが可能です。 笑顔で話す練習や、初対面の人が自分に持つ印象などについても少し研究してみるのもおすすめです。

初頭効果で相手の男性に与える印象をよいものにして、気になる男性との距離を縮めましょう。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー