ハグしたい男性の心理は?ハグの仕方やシチュエーションから心理を解説

ハグしたい男性の心理は?ハグの仕方やシチュエーションから心理を解説

恋活

「男性にハグをされたけど相手の気持ちがわからない!」そんな女性のために、ハグしたい男性心理をハグの仕方やシチュエーションごとに解説します。ハグをする効果も紹介するので必見です。

男性からハグをされて、どんな気持ちなのか気になったことはありませんか? 「この人はどんな気持ちで抱きしめたのだろう?」 そんな疑問を解消するためにここでは、ハグをしたい男性の心理をハグの仕方やシチュエーションから詳しく解説します。

単純だと思っている彼も、あなたに複雑な感情を抱いているかもしれません。 ほかにも海外の研究で発表されているハグの効果を詳しく解説、紹介するので必見です! 男性の心理を知れば、意中の男性と距離がグッと縮まるかも。

ハグしたい男性の心理

カップルハグ

女性の皆さんは、男性からハグをされたことはありますか? ハグをする男性には、いろいろな心理が入り混じっています。

男性にハグをされたけど、相手の気持ちがわからなかった。 そんな女性のために、ハグしたい男性の心理を解説します。 愛情や嫉妬など、男性の心理を理解することで男性とより親密な関係を築きましょう。

愛おしく守りたいという心理

男性は女性に対して「可愛い、愛おしい」と思った瞬間にハグをしたくなるようです。 とくに女性からの上目遣いや、フェチズムを感じる仕草から小動物のように守ってあげたいという心理が働きます。

自分より身長が小さい女性に思うことが多いようですが、高身長の女性に対してもギャップや弱った姿を見ると同じようにキュンとしてしまうようです。

男性からハグをしてほしい女性は、上目遣いなどあざとく振る舞ってみては? ただし、あまりわざとらしいと逆効果なので注意してください!

言葉にならない愛情表現

愛おしい気持ちから抱きしめるのは、女性からも想像がつきますよね? しかし男性は切なくなったり、慰めたいときにも抱きしめたくなることも。 女性に気持ちを言葉にして伝えるのが苦手な男性も多いようです。

落ち込んでいるときは、ハグをして癒されたいと考えているので励ましてあげるとよいでしょう。 女性が落ち込んでいるときのハグは元気になってほしい、励ましたいという気持ちの表れです。 男性からハグを求めてきたら落ち込んでいたり、慰めたいという心理が隠されているかもしれません。

「誰にも渡したくない」という独占欲

好きな女性を手放したくない、離れたくないという執着や独占欲からハグをしてしまう男性もいます。 とくに、他の男性と仲良くしていたり、ボディータッチなど自分以外と距離が近かったりすると、誰にもとられたくない、もっと大切にしたいという心理が働きます。

男性は女性に比べて独占欲が強い傾向にあり、ぎゅっと抱きしめることで自分の側にいる、自分のものだという安心感を求めるようです。 好きな男性からされるなら、女性にとってはうれしい行動です。

子どものように甘えたい

男性の中には、女性に甘えたいという欲求を持つ人がいるようです。 男性からはベタベタ甘えづらいという気持ちもあるので、ハグをすることで甘えたいという気持ちを満たします。 男性だって甘えたいときはあるので、甘えたそうな雰囲気でハグをされたらぎゅっと抱きしめ返してあげましょう。

また、子どものように甘えてきても、静かに受け入れてあげるといいかもしれません。 普段クールな男性でも、甘えたいときはあるもの。 「いつもと違うな」と思っても、そのまま甘えさせてあげましょう。

ムラムラして性欲が抑えられない

個人差はありますが、男性は性欲が抑えられないときがあります。 自分で慰めるだけでは満足できない時や、色気のある女性を見たときにハグをしたいという心理が働きます。

下心でハグをされることに抵抗がある女性もいるかもしれませんが、ハグは女性を大切に思っているためでもあります。

ハグをされたときに、息遣いが荒かったら性欲を我慢していると考えてよいでしょう。 ですが、我慢しきれないこともあるので注意する気持ちも忘れずに。

親しい人へのスキンシップ

これは少し特殊な例ですが、海外育ちだったり、海外の文化に感化されていたりする男性からのハグはただのスキンシップかもしれません。

海外、とくに欧米では、男女問わずハグを挨拶代わりにするので、その名残りのまま挨拶代わりにハグをする男性もいます。 突然ハグをされるとびっくりしますが、男性からすれば挨拶なので、早とちりや勘違いはしないほうがよいでしょう。

ハグの仕方からわかる男性の心理

悲しそうなハグ

ハグをする男性の心理は「ハグの仕方」からも読み取ることができます。 この抱きしめ方には、なにか意味があるの?と思うことも少なくないでしょう。 そんなとき男性の気持ちをより深く理解するために、ハグの仕方からわかる男性心理を紹介します。

正面から抱きしめる

正面からのハグは、深い愛情と信頼関係の証です。 対等な関係だからこそできるハグで、全身が密着する抱きしめ方なので安心感があります。 正面から抱きしめることでお互いの顔が見えて、キスもしやすいので、恋人同士にはピッタリの抱きしめ方です。

男性は甘えるとき、安心したいときに正面からハグすることがあります。 抱きしめられたら男性を癒すように、ぎゅっとしてあげるとより深い信頼関係を築くことができるでしょう。

急に後ろから抱きしめる

突然後ろから男性に抱きしめられたらびっくりしますよね。 しかし、抱きしめた男性も同じように驚いていることでしょう。 後ろからのハグは「守りたい、自分はいいから抱きしめてあげたい」という心理があります。

ですが、突然のハグは「誰にも渡したくない」という独占欲や嫉妬の気持ちから抱きしめてしまうようです。 気持ちが抑えられなくて、男性も内心焦っていることでしょう。

急に抱きしめられたらびっくりしますが、受け入れてあげるとよいです。 好きな男性からの突然のハグは、少しロマンチックな感じもしますよね。

腰に手をまわして抱きしめる

腰に手をまわしてからのハグ。 セクシーで雰囲気のある抱きしめ方ですね。

これは、イメージ通り男性の性欲が高まっているときのハグの仕方です。 とくに男性は女性のボディーラインに興奮しやすいもの。 ハグをしているときに、男性があなたの背中や腰などに触っていたら性欲が高まっているのかもしれません。

ある意味男性からのアプローチとも受け取れるので、気持ちの準備をするとよいでしょう。 性欲が高まっているので、そのまま襲われてしまうこともあるかも。

正面から大きく覆いかぶさるように抱きしめる

正面から覆いかぶさるようなハグは、女性の頭を包むような体勢になります。 これは、愛情があふれて抑えられないときの抱きしめ方です。 ほかにも「かまってほしい、自分をみてほしい」という心理もあるそうです。

男性は甘えてほしいと思っているので、胸を借りて甘えてみるとよいでしょう。 男性特有の体つきを感じることができるので、改めて異性として認識するきっかけにもなります。 少し面倒くさく感じても、ちゃんとかまってあげてください。

正面から低く抱きしめる

笑顔でハグする女性

正面から低く抱きしめるのは、「男性が甘えたいときの抱きしめ方」です。 この抱きしめ方は、女性の胸やおなかに顔がうまる体勢になるので、子どものような状態になります。 女性の鼓動が聞こえて安心するので、男性はとても癒されます。

低く体勢で抱きしめられたら、男性の頭をぎゅっとしてあげるとよいでしょう。 女性が男性を甘やかしたいときも、この体制がおすすめです。

身長差があるときは、寝転がって抱きしめられると落ち着きます。 ただし、寝転がってハグをすると男性は性欲のスイッチが入ることがあるので注意してください。

手を引いて強引に抱きしめる

手を引いて強引に抱きしめるのは、女性を離したくない、離れたくないという気持ちの表れです。 女性に対して「好きでたまらない、ずっと一緒にいたい」という心理が隠されています。 肩を包み込むような抱きしめ方なので、密着度も高くて安心感があります。

強引な抱きしめ方なので少し女性は驚きますが、あなたへの強い愛情表現のひとつなので落ち着いて受け入れてあげるといいでしょう。 もちろん嫌なときには、しっかり断るようにしてください。

頭を預けるように抱きしめる

頭を女性に預けるように抱きしめるのは、自信を失くしたり、精神的に疲れてしまったりしたときに「慰めてほしい」という心理です。 友達以上恋人未満のときにも多い抱きしめ方で、女性に対して信頼感を強く持っている場合があります。

男性は励ましてほしい気持ちがあるので、ぎゅっと抱きしめ返してあげてください。 お互いに安心する抱きしめ方なので、女性側も落ち着くことができます。 このように抱きしめられたら、男性の頭をなでてあげるのもよいでしょう。

手を握りながら抱きしめる

手を握りながら抱きしめるのは、男性の強い気持ちが表れています。 自分より小柄な女性を抱きしめるとき、強く抱きしめると女性に苦しい思いをさせてしまいます。 男性に抱きしめられて苦しくなった経験のある女性もいるのではないでしょうか?

そんな思いをさせないために、強く抱きしめずに手を握ることで女性に気持ちを伝えようとしているのです。 手を握り抱きしめるのは、離れたくないという気持ちも強くなっています。 もし手を握りながら抱きしめられたら、あなたも手を握り返してあげるとよいでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事