ゲインロス効果ってなに?ギャップを上手に恋愛テクニックに活かす方法
3457 Point
更新

ゲインロス効果ってなに?ギャップを上手に恋愛テクニックに活かす方法

相手によく見られたい気持ちから、頑張ってしまうことありませんか。良い印象を与えているつもりが、逆効果になることもあるのです。ゲインロス効果を使って恋愛に活かす方法について解説します。

ゲインロス効果は、自分の印象を高めることができる方法です。 できれば相手に良い印象を持ってもらいたい、と思うのが一般的な考え方でしょう。 誰でも、周りの人に嫌われるよりも好かれたいと考えるのが当然な心理です。

ゲインロス効果を知ることによって、今までとは違うアプローチができるので知って損はありません。 実際ゲインロス効果がどのようなものなのか、その効果的な使い方などテクニックについてもみていきましょう。

ゲインロス効果とはなに?

微笑む女性

El Nariz/shutterstock.com

ゲインロス効果について、よく知っている人ばかりではありませんよね。 ゲインロス効果とはどんな意味なのか、まずは意味を知っておく必要があります。 ゲインロス効果の意味や、効果の例についてみていきましょう。

ゲインロス効果の意味とは

ゲインロス効果の意味は、マイナスの印象からスタートしてプラスの印象に変える効果のことです。 ゲインとは利益を意味する言葉で、ロスは損失を表す言葉となります。 つまり、ギャップによる良い効果となるのです。

最初の印象が良くなかった場合、人はその人に対してマイナスのイメージを持ちます。 そのため次に会った時は、マイナスイメージからスタートしているため少しのことでプラスになりやすいのです。 これが、ゲインロス効果となります。

逆を意味するロス効果とは

ゲインロス効果の逆とされるロス効果とはどんな効果なのでしょうか。 ゲインロスはマイナスをプラスにする効果ですが、ロス効果とはプラスからマイナスになることを言います。 最初に良い印象を持たれた場合、少しのことでマイナスに転じてしまうのです。

最初に頑張って無理をして印象を良くしたものの、次に会ったときに普段の自分に戻っただけでマイナスの印象に。 期待値を挙げてしまうことで、マイナスになることがロス効果です。

ゲインロス効果の例

実際のゲインロス効果には、どんな例があるのでしょうか。 身近でわかりやすい例で言えば、悪名高いヤンキーの男性が実は優しい人だったという例。 やんちゃな事ばかりをするヤンキーという印象が強いため、子供に優しく接している姿を見るだけで好感度がアップします。

同じことをしていても、元々優しい人や優しく見える人の場合はそこまで良い印象にならないのかも。 悪い人というイメージがあることで、優しさが見える行動によりギャップが生まれるのです。

ゲインロス効果でギャップを与える方法

仕事をする男女

NDAB Creativity/shutterstock.com

ゲインロス効果を使って効果的にギャップを与えるためには、どんなポイントを抑えておくべきなのでしょうか。 ゲインロス効果によるギャップを使うことで、好きな人に好印象を与えることができます。 人間関係だけでなく恋愛のテクニックにも使えるギャップを与える方法や、ゲインロス効果の方法についてみていきましょう。

自分を出し過ぎない

相手への印象をよくするために、頑張ってしまい過ぎることはありませんか。 良い人に見せようと必死に頑張ってしまうと、ゲインロス効果を使うことは難しいです。 ゲインロス効果を効果的に使うためには、自分を最初から出し過ぎないことが重要です。

自分を一生懸命良い人に見せようと出してしまうと、最初の印象が良くなりすぎてしまいます。 そのためそこからゲインロス効果を出すには、それ以上良いところを出さなければ難しいのです。 最初は自分を控え目に出すことで、ゲインロス効果のギャップを引き出すことができるのです。

厳しさの中に優しさ

最初から優しくされるより、厳しいと思っていた人に優しくされる方が印象が良くなります。 最初はあえて厳しい言葉を加えてみることもテクニックです。 誰でも自分が好きな人には、優しくしてあげたいと思いますよね。

しかし、ゲインロス効果を狙うのなら我慢しましょう。 例えば何かを相談されたときに、最初から甘やかさない事も有効です。 少し厳しいことを言っておきながら、応援してあげると良いでしょう。

次の機会に相手が落ち込んでいたら、優しくしてあげることで相手に心の温もりが伝わり、印象はかなり良くなります。

外見やファッションを変える

外見の印象は、かなり最初の印象に影響を与えます。 第一印象を良くしたいと思い、ブランド物の素敵なファッションで身を包んだとします。 次に会ったときに普段着のようなゆるいファッションだと、最初におしゃれな印象を与えていたために、少々マイナスの印象を与えることもあるのです。

そのため、最初に会う時はほどほどのファッションにしておくと良いでしょう。 自分にとって最高のおしゃれをせずに、普段の自分に近い服装にしておくことで次にプラスの印象となるのです。 きらびやかな目立つファッションをするよりも、シンプルでいる方が最初の印象が残りすぎず効果的となります。

自分の印象と逆のことをする

自分が思われている印象と、逆のことをすることも効果的です。 例えば、普段恐そうで冷たいイメージを持たれている人なら、笑顔で優しく接してみると良いでしょう。 恐そうだと思っていたのに、実は穏やかな温かみのある人だとプラスの印象を持たれます。

イメージと異なる自分を出してみることで、人の印象は変わるのです。 いつも優しい人という印象の人は、厳しく叱ってみるというギャップも効果的でしょう。 人見知りであまり積極的になれない人は、少しでもコミュニケーションを取ることで周りから明るくて話しやすい人という印象に変わります。

できなかったことにチャレンジする

今まで得意でなかったことや、やってこなかったことにチャレンジしてみるのも良い効果が期待できます。 例えば、料理が苦手でチャレンジしなかった人が、料理ができるようになればギャップを与えることができるのです。 男性に料理ができないという印象を与えておき、何かの機会に料理を披露すると、案外できるんだねというプラスの印象を与えることができます。

逆に料理が上手だとアピールしてしまうと、相手の期待値が上がってしまい評価が下がる可能性があるのです。 最初にできないと印象づけることで、ギャップによるプラスの効果を与えます。

ゲインロス効果で気を付けるべきこと

笑顔の女性

Dean Drobot/shutterstock.com

ゲインロス効果を利用して効果を得るためには、注意するポイントがあります。 ゲインロス効果は、印象を良くするための方法ですが気を付けないとマイナスに転じてしまうこともあるのです。 せっかくプラスにしたいのに、マイナスでは残念。

ゲインロス効果を上手に使うために、気を付けるポイントについてみていきましょう。

大きなギャップは逆効果

ゲインロス効果でギャップを出すからといって、あまりにも不自然な大きなギャップは逆効果となります。 例えば物静かでおとなしい印象の人が、急に派手に社交的な振る舞いをしたら違和感を覚えますよね。 今まで猫かぶっていたのかな、とマイナスの印象になってしまう可能性が。

ゲインロス効果のギャップというのは、極端な差ではなくちょっとした違いにあります。 おとなしい人なら、笑顔で少しずつ会話をするだけで好印象のギャップになるのです。 あまりに唐突な大きなギャップではなく、違和感のない適度なギャップにするように気を付けましょう。

マイナスの印象を長引かせない

ゲインロス効果を狙うためにマイナスの印象を与えますが、これは最初だけにしましょう。 マイナスの印象を長く続けることは、プラスになる以前にマイナスで終わってしまう可能性があります。 最初の印象がマイナスであることで、次に会った時にプラスに変えさせるのがゲインロス効果です。

マイナスからプラスになったのに、マイナスを出すことは効果的ではありません。 再度マイナスの印象を与えると、プラスにすることは難しくなってしまうからです。 ゲインロス効果を高くにしたいのなら、マイナスを長引かせないように気を付けましょう。

最初からガンガン飛ばさない

何人かで会う場合、初対面の人もいれば知っている人もいることがありますよね。 初対面の人がいる場合、最初からガンガン飛ばして行動すると逆効果になるので避けましょう。 初対面の人にゲインロス効果を使うなら、控えめにしておくことが大事です。

最初の印象を弱くしておくことで、ゲインロス効果のギャップがプラスの効果になります。 メンバーに知っている人がいても、初対面の人がまざっている場合は、いつもより控え目に行動しておくべきです。 最初の印象を薄くしておいて、2人きりになったときに明るく話しかけてみれば効果的で好印象となるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー