男から電話をかけてくる心理とは?脈ありかどうかの見分け方
4230 Point
更新

男から電話をかけてくる心理とは?脈ありかどうかの見分け方

男性が電話をかけてくることへの心理を紹介します。男性からの電話の心理を知って、脈ありかそうでないかを見極めましょう。脈ありのアプローチを見逃さないヒントにしてみてください。

気になる男性から電話がかかってくると、嬉しいですよね。 かかってくる電話の回数が頻繁であるほど「もしかして彼も自分に好意を抱いてくれているかも…?」と期待してしまいがち。

男性から電話がかかってくるのは、脈ありかもと期待しても良いのでしょうか。

電話をかけてくる男性の心理とは? 電話をかけてくる男性が脈ありかどうかを見分ける方法を紹介します。 男性心理を理解したい方は必見です!

男が付き合っていないのに電話をかけてくる心理とは

男性が持つスマホの画面

panitanphoto/shutterstock.com

付き合っているわけではないのに、男性のほうから電話がかかってくると、少し意識してしまう女性は少なくありません。

自分が良いなと思っている男性であればなおさらですよね。 電話がかかってくる=脈ありなのでしょうか。

付き合っていない男性が電話をかけてくるときの心理について紹介します。

伝えたい要件がある

当然ながら、必要な連絡や相談がある場合に電話がかかってくることがあります。 自分に伝えたい要件がある電話かどうかを、まずは確認してみましょう。

しっかりとした内容がある場合には、単純に連絡として電話をかけている可能性が高いと言えます。 脈なしの場合は、連絡や相談が解決したあと、ぱったりと電話がかかってこなくなりますが、連絡や相談が解決したあとでも、男性から頻繁にかかってくる場合は、脈ありかもしれません。

時間が経過するまで、男性の心理がしっかりとつかめないため、しばらく様子を見ることをおすすめします。

話をしたい

男性が電話をかけてくる理由には、男女関係なく、気が合う仲間として楽しく話したい場合も考えられます。 特に、普段から盛り上げキャラとして通っているタイプの人は、話して盛り上がりたいときにかかってくることも多いでしょう。

相手の男性と話していて楽しめる場合は、一緒に会話を楽しむのも良いですが、盛り上げることに疲れてしまう場合や、気を遣ってストレスを溜めてしまうようなら、今後の対応を検討しましょう。 しんどい思いをしてまで、相手の男性との会話に付き合う必要はありません。

彼女を独占したい

電話の相手を一人の女性として意識しているときは、「ほかの男性に取られたくない」や「女性の周りに男性の影がないかチェックしたい」などの理由で電話をすることがあります。 少し独占欲の強い男性に見られがちな行動です。

相手の男性は女性の反応をみながら、恋愛関係に進展できそうかどうかを伺っている状態だと言えます。

自分も相手に対して好意を抱いている場合は、2人の関係が恋愛へと向かう可能性があります。 電話だけでなく、食事や遊びにでかけるようなお誘いがあるか、男性からのアプローチを待ってみましょう。

暇つぶし

寂しがり屋の男性や、彼女がいなくて時間を持て余している男性のなかには、友人や知人のなかに受け身で話を聞いてくれるタイプの女性に、暇さえあれば電話するという人もいます。

相手の話に、電話の明確な理由があるかをチェックしてみましょう。 暇つぶしでかけている場合は、特に理由がないのが大半です。

このような男性は、彼女ができた途端にぱたりと連絡をしてこなくなります。 電話を受けるメリットも特にないため、迷惑に感じる場合は、上手に対応して電話を切ることをおすすめします。

声が聴きたい

相手の女性に好意を持っており、気持ちが抑えきれなくなって「声が聴きたい」という理由だけで電話をかけるケースもあります。

特に電話で話さなくても良いようなことを、無理やり理由を付けて電話してきたり、電話で話すことに少し恥ずかしそうに照れる素振りが見られる場合は、声が聴きたいという理由でかけてきているかもしれません。

女性の出方次第では、恋愛関係に発展する可能性があります。 「ちょうど〇〇くんの声が聴きたいと思っていたんだよね!」と明るく答えて、相手の反応を探ってみましょう。 まんざらでもなさそうなら、脈ありかもしれません。

電話に対する男の心理を理解しよう

男女

Roman Samborskyi/shutterstock.com

男性も電話で話すのが好きだと思っていませんか? 女性は男性よりも電話で話すのが好きな人が多く、長電話にもストレスを感じないケースが多いと言われています。

男性と女性とでは電話に対する意識が異なるため、男性の心理が知りたいときは、男性の電話に対する意識を理解しておきましょう。

電話嫌いな男性は多い

女性とは異なり、電話で話をするのが苦手だと感じる男性は多いものです。 目の前に相手がいるわけでもないのに、わざわざ電話をするということ自体に、面倒臭さを感じるとの意見もあります。

電話が嫌いな男性のなかには、電話を切るタイミングが難しいと感じる人もいます。 要件を伝え、質問がある場合でも、それだけでシンプルに電話を切りづらいという本音があるようです。

男性の多くは、長電話よりも要件だけを伝えて、電話を切りたいと感じています。 要件だけでの電話ならOKだが、長電話は嫌いという人も少なくありません。

時間の無駄と感じてしまう

会って話をしているときは、ふたりの時間を共有していますが、電話は個人の時間のなかに相手が入り込んでくることになります。 電話でペースが乱されると感じてしまうようです。

要件以外のことを電話で話すのを嫌う男性は多く、意味のない電話で自分の大切な時間をとられるのは嫌だと感じます。 電話よりもLINEやメールの方が、自分のタイミングで返信できるため、気楽に使えると考えていることが多いでしょう。

LINEで要件を話しているうちに、ほかの話に派生してLINEが終わらないという場合に、電話に切り替えると、相手に嫌な思いもさせず会話もスムーズです。

電話に緊張してしまう

会って話をしていると、相手の表情や仕草から相手の思っていることを汲み取ることもできますが、電話はそれができないため、余計な神経を使ってしまい電話が苦手という人が多くいます。

自分の発言が相手にどんな風に伝わっているのか、誤解を招いていないかなど、相手の表情が見えないために分かりづらく、電話での会話に緊張するというものです。

コミュニケーションを取るのが苦手なタイプは、電話を切ったあとでも、相手がどう思っただろうかとモヤモヤした気持ちが残ることも。 自分の気持ちが上手に伝えられなかったと落ち込んだりすることもあります。

直接会いたい

電話が嫌いという男性には、電話で話すよりもより相手の存在を感じられるため、直接会って話したいという人が少なくありません。 直接会って話したほうが、相手の表情や反応から相手の気持ちが理解しやすく、会話が楽しいと感じられるためです。

電話で話す時間があるなら、会って直接話すほうが時間の無駄にならないという意見もあります。

特に相手が好きな女性の場合、たとえ会いに行くのに時間がかかってしまっても、ほんの少しの時間でも直接会いたいと思う男性が多いのはうれしいですね。

好きな女性については話は別

電話が苦手という男性でも、相手を問わず電話がどうしても嫌いという人はあまりいません。

電話が苦手な男性でも、「自分の好きな女性の場合は別」と思っていることがよくあります。 好きな女性となら、電話で話すのもアリだと考えているということです。

電話をかけても面倒臭そうにされたり、早々に切ろうとされたりする場合は、残念ながら脈はなさそうです。 反対に、普段電話が苦手という男性が、あなたの長電話に笑って付き合ってくれるようであれば、脈ありだという可能性が高いでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー