男から電話をかけてくる心理とは?脈ありかどうかの見分け方

男から電話をかけてくる心理とは?脈ありかどうかの見分け方

恋活

男からの脈あり電話の特徴と心理を理解しよう

スマホとハートマーク

男性からの電話が、脈ありかそうでないのかを見極めるのが難しいという女性も少なくありません。 男性の電話には、さまざまな特徴があります。

それらの特徴を知ると、男性心理が分かりやすくなります。 どんなシチュエーションでかかってくる電話なら、女性は脈ありだと思って良いのでしょうか。

男性の電話で、脈ありの可能性がある場合の特徴や、男性心理を解説します。

用もないのに電話をかけてくる

普段電話が苦手な男性が、特別な用事もないのに電話をかけてくることは、相手の女性の声が聴きたいという心理が伺えます。 特に、長い時間、暇を持て余しているという様子ではなく、少しの時間を活用してでも電話をかけてくるような場合は、女性と少しの時間でも繋がっていたいと感じている証拠です。

「ちょっと声が聴きたくなって」とストレートに伝えてくれるときは、脈ありなのが分かりやすいですが、そうでない場合は、女性側も気付かないことも多くあります。

男性との電話を切ったあとに、「要件は何だったんだろう」と感じるような場合は、相手からもアプローチかもしれません。

長電話になる

電話で話していて、話が盛り上がるとついつい長電話になってしまう女性は少なくありません。

男性は要件をストレートに話して終わりという電話のスタイルが主で、長電話を好まない人が大半です。 しかし、好きな女性との長電話になら付き合うという優しさも持ち合わせています。

「女性に嫌な面を見せたくない」「相手の話をいろいろ聞いて、女性のことが知れたら嬉しい」など、好きな女性との長電話には特別な感情を抱くでしょう。

こちらから電話を切ろうとしないかぎり、男性のほうから電話を切るそぶりを見せないような、長電話に付き合ってくれる彼は、脈ありの男性の可能性があります。

声のトーンが高い・早い

脈あり男性なのかそうでないのかを見極めるには、男性から電話がかかってきたときの、声のトーンや話すスピードは要チェックです。

相手に好意的に思われたいときや、緊張するような場面では、人間は声が少し上ずってしまう傾向があります。 また、緊張すると話すスピードは速くなりがちです。 これは、人前でのスピーチを疲労するときに体験したことがある方も多いのではないでしょうか。

電話の男性の声のトーンがいつもよりも高く感じたり、話すスピードが速かったりする場合は、女性に良く思われたいと思い、女性との電話に緊張している状態です。 ほかに脈ありの片鱗がないかチェックしてみましょう。

質問が多い

電話を切ったあとに、「あれ?私ばかりしゃべってなかった?」と思うことはありませんか? そんなときは、相手の男性との電話が自分への質問攻めになっていないか確認してみてください。

誰でも好きな相手のことはいろいろと聞いてみたいものです。 電話の男性との会話で、自分への質問が多いときは、相手が自分のことを知りたがっていることになるので、脈ありの可能性があります。

反対に、自分ばかりが相手に質問しているなと感じる場合は、相手からの気持ちよりも、相手を思う自分の気持ちのほうが大きい可能性も。 脈ありかどうかを見極めるには、会話に含まれる質問の量をチェックしてみてくださいね。

頻繁に電話をかけてくる

2つのスマホの画面に映るハート

何かと口実をつけて、頻繁に電話をかけてくるのは、好きな女性の声が聴きたいからかもしれません。

暇つぶしとの違いは、暇つぶしの場合は特に用事がないのに電話をしてくる点です。 一応の口実がある場合は、わざわざ電話しなくてはいけない理由を付けているため、暇つぶしとは少し違います。

相手の男性が、あなたの声が聴きたいと思って電話してくれている場合は、あなたのその後の対応次第では恋愛関係に発展させることもできるでしょう。 電話の回数が増えてきているときは、絶好のチャンスです。

ふたりの関係が進展するようなアプローチをしてみてはいかがでしょうか。

夜中の電話

夜中に電話をかけてくるのは、一般的には非常識な行動だと言えます。 しかし、酔っ払っているわけでもなく、ほかの時間帯でも電話できそうな男性が夜中に電話をしてくるというのは、よほどの理由があると考えて良いでしょう。

本来なら非常識な電話だとわかりつつも、大好きという気持ちが抑えられなくなって電話をかけてきている可能性があります。

相手の男性に対して好意がない場合は、はっきり迷惑だといってもOKです。 しかし、相手の男性に好意を抱いているなら、彼の話に耳を傾けてあげましょう。

夜中のテンションで、一気に関係が進むかもしれません。

酔って電話をかける

いつも酔っ払って電話をかけてくる男子は論外ですが、普段あまり電話をかけてこない男性がお酒を飲んだときに電話をかけてきて、普段はクールな男性が酔っ払って電話をかけてくるのは、相手の女性のことが気になっている可能性が高いでしょう。

お酒を飲むと開放的な気持ちになり、気が大きくなりいつもはできないような大胆な行動ができてしまう人が少なくありません。 普段は抑えている「声が聴きたい」という気持ちが、お酒の勢いであふれかえってしまった可能性があります。

どんなに酔っ払っていても、ネガティブな印象のある相手に電話することなど滅多にありません。 お酒を飲んで電話してくる男性は脈ありだと思ってOKでしょう。

出張中の電話

出張中に出張先から電話をかけてくる男性も、脈ありの可能性があります。 出張先で人と話す機会が減り、生活環境が変わって寂しくなったタイミングで、男性は電話に「癒し」を求めています。

「気になる女性の声を聞いて寂しさを紛らわしたい」「出張中で気になる女性と離れていることを実感したくない」そんな思いから、好きな女性に電話をしてしまう男性も少なくありません。

出張先から毎晩電話がかかってくるようになるなど、電話の回数が増えるほど、脈ありの可能性が高く、ふたりの距離を縮められるチャンスです。

男からの電話には脈なしもある!その心理とは

スマホを持つ男性の手

男性との電話では、脈あり男性かも?という可能性を感じることがありますが、反対に脈がないことを思い知らされてしまうこともあります。

男性から電話がかかってきたとしても、脈なしの可能性が高いときの特徴や、どんな心理で男性が電話をしてきているのかを説明します。 脈なしの電話の特徴が知りたいかたは要チェックです。

電話を切ろうとする

電話が嫌いな男性の多くは、要件以外のことを話す長電話が時間の無駄にしか思えないというものです。

しかし、大半は好きな女性との電話は別だということからも分かるように、伝えたいことだけをさらりと伝えて、要件が澄んだらすぐに電話を切ってしまうというのは、相手の女性に関心がないケースが多いでしょう。

要件だけで済んでしまう電話は、男性が女性の声を聞きたくて電話しているのではなく、単純に用事があったから電話したとみたほうが良さそうです。 男性から電話がかかってきたと喜ぶのではなく、一旦冷静になることをおすすめします。

自分の話ばかりしたがる

好きな人のことなら何でも知りたいという気持ち、「分かる!」とうなづける女性も多いのでは? 男性にも同じことが言え、好きな女性のことは色んなことを知りたいと思っています。

電話をかけてきた男性が、自分のことばかり話すのは、そういった相手のことを深く知りたいという思いがないためで、脈なし男性だとみなして良いでしょう。 自分の話を聞いてほしいと電話をしてくるのは、母親に学校の様子を報告する子供と同じです。

相手に興味があって電話をしているのではなく、暇つぶしで単に「誰かと話がしたい」という気持ちからの電話だと考えられます。 かかってきたタイミングで自分も暇をしているなら話し相手をするのも良いですが、そうでない場合は上手に切ってしまいましょう!

声のトーンが低い

声のトーンは、男性のテンションの高さと比例していることが多くあります。

そのため、普段の会話のときよりも、電話の声のトーンが低いときは女性との電話に面倒くささを感じている可能性があります。 とはいえ、普段と様子が違うというのは、緊張しているからという場合もあるでしょう。

明らかに面倒くさそうな感じを受ける場合は、脈なしだと考えられますが、声のローンだけでは判断できない場合もあります。 そのようなときは、会話の内容や長さなどにも注目して、総合的に判断するのがおすすめです。

適当に相槌を打っている

男性のなかには、興味がない女性との電話は適当に相槌をうってその場を流そうとする人もいます。

こちらがどんな話をしても「へー、そうなんだー」と興味なさそうな返事をしたり、それ以上話が広がらないような対応をしたりするときは、残念ながら脈なしの男性だと言えるでしょう。

電話の相手が気になる女性の場合、どんなに些細なことからも女性の情報を得ようとしますし、女性に気にいられるような態度を取るものです。 相槌にハリがなく、なんとなく話が流されてしまっていると感じるときは、脈なしだと判断したほうが良さそうです。

眠たそうにする

電話が苦手な男性のなかには、電話を切るタイミングが分からないという人が少なくありません。 話しているときに、わざと聞こえるようなあくびをしたり、明らかに眠たそうな雰囲気を出したりするときは、相手が電話を切りたがっている証拠です。

こちらから電話をかけたときに、明らかに眠たそうな反応で電話に出る場合も、同じことが言えます。 好きな女性からかかってきた電話なら、たとえ眠たくても眠気を抑えようと努力するはずです。

眠たそうにするのと同じように、「風呂に入ってくる」というのも、もう電話を切りたいという合図です。 お風呂のあとに再度電話がかかってくるようなら脈ありですが、また電話すると言っておきながらかかってこない場合は、脈なしだと考えておきましょう。

男からの電話の心理を理解して脈ありサインを見逃さないで!

赤い糸でハート

基本的には、男性は電話をかけることが嫌いという人が多く、電話をかけるには勇気が日頂だと考えています。 そのため、頻繁に電話がかかってくるというのは、ネガティブな印象ではなく、何かしら好意的に見ているという証拠です。

自分も相手の男性に好意を持っている場合は、電話応対の仕方次第で、ふたりの関係が一気に進展する可能性もあります。 男性の電話に対する心理を理解して、脈ありサインを見逃さないようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事