伝わる愛情表現って?効果的な愛情表現を学んで恋人との関係も良好に!
3234 Point
更新

伝わる愛情表現って?効果的な愛情表現を学んで恋人との関係も良好に!

愛情表現を表すのが苦手な男性って多いと思うことはないですか?愛情表現とは一体何なのか?その目的とは?効果とは?愛情表現が苦手な男性に効果的な方法を詳しく解説します。

一生懸命、愛情表現をしているのに伝わっているのかどうかわかりにくい男性って多いと思いませんか? 自分が彼女だったら、余計に凹んでしまいますよね?

愛情表現が少ない彼氏って、自分のことをどう思っているのか悩んでいる方必見! 愛情表現とはどんなのものなのか、どんな意味があるのか、どんな目的があるのか、男性心理はどういうものなのか、そして愛情表現を表すのが苦手な男性への効果的な方法など、愛情表現に関する悩みがスッと解消できるよう徹底的に解説します!

カレは私の事好きなの!?
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

愛情表現とは一体なに?

抱き合う2名

Kate Kultsevych/shutterstock.com

そもそもの話になりますが、愛情表現とは一体どういうものなのでしょうか?

愛情表現とは、愛情を感じる対象へ行動や言葉など、様々な方法で愛を伝える行為のこと。 対象は恋人だけに限らず、親子間、兄弟間、姉妹間、子ども同士などにも見られる心理表現です。

愛情表現といっても多様であり、「好き」や「愛している」など、ストレートな言葉から、わざと意地悪をしたり、やきもちを焼いたりする、わかりにくい行動など様々です。

また、愛情表現には性行為も含まれており、考え方も個人で違うため、一言で愛情表現とは片付けられないほど複雑なものです。

愛情表現の目的とは?

愛情表現をおこなう目的とは、相手に愛情を伝えることです。 心の中に秘めておくのではなく、自分はあなたが好きであるということを、行動で示したり、言葉で伝えたりして伝わるようにするのが愛情表現です。

相手に愛を伝えるのが目的ですから、しっかり伝えなければ気持ちが届かずに、交われないことにもなりかねません。 相手が受け取ってこそ愛情表現は成り立つものなので、目的を明確にして、伝わっているのかを質問してもいいでしょう。

もし伝わっていなければ、目的を達成するために、愛情表現の方法を変える必要があります。

愛情表現の効果ってあるの?

愛情表現をすると相手にどんな効果が生まれるのでしょうか。 自分のことを好きと言われてイヤな気持ちになる人はいないでしょう。

愛情表現をされると、してくれた相手のことが気になり始めます。 受け取る人によっては、すぐに気持ちが伝わり、好きになる人もいるでしょう。 恋人同士であれば、もっと好きになり、一緒にいたい気持ちも芽生えるはずです。

より愛情表現が伝われば、好きな気持ちから愛が生まれ、何かしてあげたい、一緒にいたいといった、より強い愛情が生まれます。 また、愛情表現をすることにより、受け取った相手も「大切に思ってくれている」と自覚し、自信が持てるようになります。

愛情表現の行動の種類は?

ハートを持つ2人

Prostock-studio/shutterstock.com

愛情表現といってもたくさんの種類があるのを知っていますか? 世の中の恋人や夫婦の中には、いつでもラブラブな人たちがいますが、そんな人たちは愛情表現が豊かなことが多いです。

すぐ別れる人は愛情表現が足りないのかもしれません。 よく見られる愛情表現の種類としては以下の通りです。

・好きや愛しているといった「言葉にする」 ・好きな相手に触れる「スキンシップ」 ・パートナーを思いやる「気遣い」 ・困った時に話を聞いてあげる「相談にのる」 ・友達や家族より「恋人の優先順位をあげる」

こうした愛情表現を解説していきます。

言葉にする

「言葉にする」のは、愛情表現の中でも、簡単に気持ちを伝える方法です。 代表的な言葉は「好き」ではないでしょうか。

たった2文字で自分が相手をどう思っているのかをストレートに伝えることができます。 しかし、簡単な言葉だけに、シチュエーションによっては伝わり方が微妙に変化します。

直接伝えずに、LINEやメールで伝えると軽く見られてしまうことも。 友達としての「好き」なのか、愛情表現としての「好き」なのか伝わりにくくなります。

せっかく、勇気を出して愛情を言葉にしても、伝わらなければ意味がありません。 わざと小声で言ったり、神妙な面持ちで発したりすると意外に伝わりやすくなります。

ほかにも、「幸せだな」や「一緒にいると楽しい」、「一緒にいると落ち着く」などの言葉もあります。 ドラマでよく聞く最上級の表現「愛している」なども含まれます。

スキンシップ

「スキンシップ」とは肌と肌の触れ合いによる心の交流のことです。 昔は、母子の関係で使われることが多かったのですが、現在はカップルや夫婦でも使われることが多くなりました。

スキンシップの目的は、親密さを生み、一体感を共有し合うこと。 愛情表現にピッタリの方法ですね。

スキンシップをすることで愛情ホルモン(オキシトシン)が分泌され、幸せを感じやすくなり、パートナー同士の関係も良好になりやすいです。

また、スキンシップをするのは、ストレス軽減にもつながると言われています。 大切な人といちゃいちゃしながら、心も豊かになれる、最高の愛情表現ではないでしょうか。

気遣う

「気遣う」ことも愛情表現の種類の一つです。 気遣う=心配することとも言い換えられます。

どうでもいいと思っている人を心配する人はいません。 でも大切に思う人と連絡が取れなくなったら心配になりませんか? 好きな人が悩んでいたら声をかけたくなりませんか? こうした気遣いも使い方によっては、伝わる愛情表現になります。

気を付けたいのが過度な気遣い。 あまりし過ぎると、おせっかいとも取られかねません。

まずは大切な人をよく見て、どんな気持ちで過ごしているのかを理解することが大切です。 元気がなければ話を聞いてあげたり、困っていたら助けてあげたり、色々なシチュエーションでの気遣いでも愛情表現として使えます。

大切なことを覚える

「大切なことを覚える」のも愛情表現としては効果的です。 大切な人の誕生日や付き合い始めた日などが一般的ですね。 特に誕生日はプレゼントを渡しながら「今日誕生日だよね。おめでとう。」と伝えると、愛情表現としてはとても効果的でしょう。

大切なことを覚えるのは自分の努力も必要です。 忘れないように手帳に書いたり、スマホのカレンダーにチェックしておいたり、心がけ次第で、とても使える愛情表現になりますよ。

また、最初のデートで行った場所や初めて2人で食べたものなど、些細なことを覚えておくのも、愛情表現としてピッタリですね。

相談にのる

女性同士なら、恋バナや相談は、仲を深めるコミュニケーションの1つですよね。 でも異性だと話は変わってきます。

特に男性が抱く女性のイメージで多いのが、話が長いということ。 まず、気がなければ相談にも乗ってくれないでしょう。 言い換えれば、真剣に相談に乗ってくれたら脈がある可能性があるということです。**

恋人同士、親、友達、職場関係など色々な人と接しながら、皆暮らしているので、色々な悩みが出てくるものです。 デリケートな悩みでもしっかり「相談にのる」ことで、愛情表現として伝わりますよ。

恋人の優先順位を上げる

「恋人の優先順位を上げる」ことも愛情表現の種類に含まれます。 仕事が手につかない、友達の話も上の空なんてことありませんか? そんな時は恋人の優先順位が優っているということです。

仕事が忙しくても、大切な人に少しでも会いたい。 友達といても、あなたのことが思い浮かんでしまう。 そんな気持ちをストレートにぶつけるのも愛情表現と言えるでしょう。

男性の場合は、恋人より仕事、恋人より友達を優先する人も多いので、おおらかな気持ちを持って、怒らず「次はいつ会える?」と伝えるいいですね。 ただあまりにも許し過ぎると、「優先順位が低くてもいい」と思われるので、たまに怒ったフリをするのも効果的です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー