自分から連絡しない男性の心理とは?連絡をもらうコツも解説
3948 Point
更新

自分から連絡しない男性の心理とは?連絡をもらうコツも解説

一切連絡をくれない男性っていますよね?それが、片思い中の相手や彼氏だったら不安になってしまいます。ここでは、自分から連絡しない男性の心理と連絡をもらうコツについて解説します。

自分から連絡をしないタイプの男性っていますよね。相手からなかなか連絡が来ないと、不安になったり焦ったりして気持ちがモヤモヤします。

そんな彼から連絡が来なくて悩んでいるあなたに、自分から連絡をしない男性の心理を解説します! 連絡をもらうコツもアドバイスしていきますよ。

自分から連絡しない彼氏の心理は?

考える男性

kiuikson/shutterstock.com

こちらから連絡をしないと、一切連絡をくれない彼氏に不安になった経験はありませんか? 何をしているのか考えると不安で夜も眠れないなんてことも。 考えれば考えるほど、悪い方向へ妄想が膨らんでしまうこともあるでしょう。

しかし、必ずしも悪い理由ばかりではないので、プラスに考えてもいいかもしれません。 では、自分から連絡しない彼氏の心理について説明していきます。

仕事で忙しい

彼氏が自分から連絡をしないのは、朝から晩まで一日中仕事で忙しくて連絡をする暇がないからかもしれません。

理由が仕事だった場合は、現場での仕事や出張、取引先を行き来する営業や、大切な会議が一日中続くなど、さまざまな状況が考えられます。

そこから帰宅しても疲れていて、連絡する内容を考えるのが面倒だと感じている可能性もあります。 忙しい日々の中でへとへとになっていると、メールやLINEの内容に何を返信するか、頭を抱えてしまう気持ちもわかりますよね。

連絡するのが苦手

男性は女性と違って、こまめな連絡が苦手な人も多いです。 LINEやメールの文章を考えるのが苦手な人もいるので、わざわざ連絡を取り合うよりも会って話をした方が早いと思っているかもしれません。

メールやLINEの文章は、内容を考えて誤解のないように気を使わなければならなかったり、長時間のやり取りとなると終わるタイミングがわかりにくかったりと、煩わしさもあるのでしょう。

連絡するのが苦手な男性は、なるべく連絡をする回数を減らしたいと考えているので、返事をくれたとしてもそっけない、回数が続かない場合も多いようです。

返信が面倒

そもそも、連絡や返信が面倒と感じる男性は多いのです。 女性の連絡は長文なのに対し、男性の連絡は短文で必要なことしか返信しない傾向にあります。 女性からするとそっけなく思われることもあり、男女の感じ方の違いに面倒くささを感じています。

夕飯時や寝る前など忙しい時間帯の連絡や、疲れたタイミングでの連絡も面倒だと思う傾向にある男性。 返信を面倒に感じる男性なら、いっそのこと時間をみつけて電話をする方が良いかもしれません。

大抵の男性は自由な時間がほしいため、何度も送信と受信を繰り返すやりとりに嫌気がさすことも。 相手がマメかどうか、どんな思考パターンの男性なのか見極めることも、ときには必要です。

プライドが高い

男性はプライドが高い生きものです。 女性と違い、何度も必要以上に連絡を取るのは抵抗があるようです。 男のくせに女々しい行動をしたくないなどといった、男性特有の理由があることも頭に入れておきましょう。

プライドが高いので、女性から連絡がほしい時でも自分からは絶対に連絡することはありません。 一度決めると頑として曲げないのもプライドの高い人の特徴です。

また、プライドの高さゆえに、相手から連絡をしてほしいと思っていても、その気持ちを口に出すことができずにいます。 いくらプライドが高くても頑固なだけで、本音では寂しがり屋なんてことも。

用事がない

用事がないときにわざわざ連絡をする必要がないと思う男性は多いものです。 実際、「連絡をしてくれない」と女性から言われても、用事がないので困っていることもあります。

男性は必要最低限以外の連絡は取らない人が多いので、何かきっかけとなる用事がない限り、連絡しません。 まれに、女性のようにマメに連絡を取る男性は、とくに用事がなくても頻繁にメールやLINEをしてくる人もいるようです。 その場合、逆に女性の方が返信を面倒に思ってしまうことも。

大抵の場合、連絡をする用事がなければ頻繁に連絡はしないものです。 しかし、相手が気になる異性となれば、返信をほしいと求めてしまうのは、不思議なことではありません。

些細なことであったとしても、連絡をすればきちんと返信をしてくれる相手であれば、その人は真面目なタイプ。 あまりマイナスに考える必要はないことがほとんどです。

気持ちが冷めている

あまり考えたくはありませんが、気持ちが冷めている相手には、どうでもよくなり何も気にならないこともあります。

さすがに連絡が苦手な男性であっても、好きな女性であれば連絡する努力は頑張ってするものです。 付き合いはじめは、連絡も頻繁に取っていて、会う回数も多かったカップルが、年数が経つごとに少なくなっていくということはよくあります。

相手の気持ちが冷めているときに、しつこく連絡することはかえって逆効果となりかねません。 気持ちがさらに冷めてしまう原因にもなります。

気持ちが冷めているかの確認は、メールやLINE、電話だけでなく、普段会っているときの態度がどんな様子だったのか思い返す必要があります。 会っていてもそっけなく、態度が何となく冷たいと感じたら、脈なしの可能性が高いといえるでしょう。

自分から連絡しない片思い中の彼の心理は?

片思い

Kittyfly/shutterstock.com

あまりマメではない男性を好きになった場合、普段の連絡が取りづらいことが多いようです。 しかし、マイナスな面ばかりではないことも頭に入れておいてください。

言葉で伝えてほしい女性にとって、何も連絡をしてこない男性は不安になってしまうもの。 自分から連絡をしない片思い中の彼の心理について、読み解いていきましょう。

興味を持たれていない

男女問わずですが、興味がない相手に自分から連絡を取ることはありませんよね。 いつまで待っても連絡が来なかったり、連絡しても返信がなかったりしたら、残念ながら脈なしの可能性が高いです。

相手の女性に対して気になる気持ちがないだけでなく、興味すらもたれていない場合も考えられます。 その場合、あまりしつこく連絡をすると、ストーカーのように思われることもあるので要注意!

興味を持たれていない場合、普段からあなたの話を聞こうとしてきたり、接点をもとうとしたりという行動がみられないのでは? どんな人でも、興味があれば多少は積極的になるもの。 そんな普段の彼の様子にもヒントがあるかもしれません。

何を連絡したらいいのかわからない

連絡をしたい気持ちがあっても、連絡する内容が思いつかないのかもしれません。 片思いの場合、気持ちがあってもきっかけがないと連絡する口実がないこともあります。 自分から連絡はくれないのに、返信は早い男性に多いパターンです。

何を連絡したらいいのかわからないだけで、実はあなたからの連絡を待っている可能性が高いです。 諦めずに相手の気持ちがはっきりと分かるまでは様子を伺いましょう。

このタイプの男性は、きっかけさえあれば連絡を取りたいと思っているので、女性から連絡をしやすい状況に持っていくと案外スラスラと話をしてくれるものです。

きっかけがないと話せない男性は、よく言えばシャイな性格の持ち主である場合もあるので、女性側からリードしてあげるのもひとつの手段です。

連絡するのが苦手

LINEやメールの文章を考えたり、連絡を取り合ったりするのが苦手なタイプの男性も多いものです。 連絡するのが苦手な場合、必要があるなら電話の方が楽という考え方をするのが特徴です。

ただでさえ連絡するのが苦手なのに、自ら文章を考えてメールやLINEを打つことが、考えられません。 こちらから連絡をすれば、多少の返事は期待できるかもしれませんが、電話の方がスムーズに事が運ぶでしょう。

連絡をするのが苦手な男性は、運よく連絡をくれたとしても内容がそっけなかったり冷たく感じる場合もあります。 これに嫌気がさす女性も多いのですが、それでも連絡を取りたいと思うのであれば、連絡の少なさや物足りない言葉に対して我慢が必要です。

束縛を嫌う

束縛をされたくない男性は、プライベートな時間を邪魔されたくないと思っていて自分からは連絡をしてきません。

自分の時間を大切にしたい男性は多く、実際に目の前にいる人物を大事にする傾向があります。 遊んでいる大切な友達が目の前にいるのに、離れた女性に連絡するなどありえないと考えるのです。

しかし逆をいえば、あなたと一緒にいるときは、あなたとの時間を一番に考えてくれるということ。 彼の気持ちをふまえて過度な束縛をしなければ、いい関係になれるかもしれません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー