「コロナ別れ」とは?非常事態だからこそわかる彼氏の人間性
2344 Point
更新

「コロナ別れ」とは?非常事態だからこそわかる彼氏の人間性

withコロナの今、コロナウィルスとどのように向き合っていますか?コロナ別れが騒がれていますが、あなたと彼氏は大丈夫でしょうか?今回はコロナ別れについて紹介していきます。

withコロナの今、コロナウィルスとどのように向き合っていますか?コロナ別れが騒がれていますが、あなたと彼氏は大丈夫でしょうか?今回はコロナ別れについて紹介していきます。

コロナ別れとは?

失恋 破局

Victoria 1/shutterstock.com

「コロナ〇〇」という言葉が世間を騒がせています。 その中でも「コロナ別れ」を知っていますか?

コロナウィルスが原因でカップルが破局してしまうことです。 コロナ別れというとなんだか軽そうに聞こえますが、非常時だからこそ見える人間性もあります。

彼氏に違和感を覚えて、別れたいと思ってしまうかもしれません。 反対に、彼氏が頼もしく思えて、この人と一生一緒にいたいと思うかもしれません。

今回は、コロナ別れについて紹介していきます。

定義

コロナウィルスが流行してから、自粛による行動制限やコロナ対策など不自由なことが多いですよね。 非常事態とわかっていても、ストレスが溜まることもあるでしょう。

コロナウィルスによるストレスが人それぞれ違うように、コロナ別れも人それぞれ違います。 彼氏が感染してしまった、外出自粛やコロナ対策への取り組み意識の違いなどがあるでしょう。

コロナウィルスそのものや派生すること(自粛や対策)によって別れることを「コロナ別れ」と言います。

原因

コロナ別れの原因には、コロナウィルスや自粛などの場合がほとんどです。 パートナーの危機管理能力の低さや自粛への取り組み意識の違いに悩んだりして、最終的には別れてしまいます。

好きだったけれど、非常時だからこそ相手との方向性の違いや相手の人間性が見えてきたというパターンでしょう。

しかし、コロナ別れの中には「コロナ(便乗)別れ」もあります。 もともと別れたいと思っていたので、コロナウィルスの流行に便乗して別れようとするのです。 外出自粛やテレワークの忙しさを理由に、自然消滅を狙ってくることが多くみられます。

コロナ別れを考えてしまう瞬間

悩む 女性

Marcos Mesa Sam Wordley/shutterstock.com

コロナウィルスの流行という非常事態だからこそ、いろいろな問題がでてきます。 今後どんな付き合い方をするか、恋人との関係を見つめ直すきっかけになったという人は多いでしょう。

彼氏との間で起こった問題から、コロナ別れを考えた5つのパターンをご紹介します。 あなたと彼氏にも当てはまるところがないか、チェックしてみてください。

連絡が少なすぎる

外出自粛で満足に会えないのに全然連絡もないと、彼氏の愛情を疑ってしまいますよね。 自由に行き来できない状況だからこそ、いつもよりも連絡を取りたいと思うのが女心でしょう。

彼氏は本当に自分を愛してくれているのか、自然消滅を狙っているのではないか、と不安になります。 外出自粛で会って愛情を確かめることも難しいので、不安はどんどん強くなってしまうこともあるでしょう。

コロナ別れでは、連絡が少なすぎるがよくみられる原因の一つです。

彼氏がマッチングアプリを使う

外出自粛でデートが減ってしまったことをチャンスとばかりに、浮気しようとする人もいるようです。 彼氏がマッチングアプリをつかったり、SNSで浮気をしようとしていたり、という例も多いです。

特に遠距離の場合、今の状況では簡単に会うことができません。 自分の家の近くにいる女性と、浮気してしまう男性もいるようです。

浮気しようとしただけでは、まだ浮気とは言えませんが、別れる理由にはなると思う人は多いでしょう。

家族や友達を心配しない

コロナ禍の中、家族や友達を心配したり、反対に心配されたりしたでしょう。 彼氏が身内を全く心配しないと、冷たい人だなと思ってしまいますよね。

身内に冷たい人との結婚が不安に思う女性はいます。 結婚して家族になったとしても、同じように大切にしてくれないのではないかと思うからです。

結婚を意識している女性であれば、身内に冷たい彼氏の態度はマイナスポイントになりえます。 結婚をして後悔する前に別れを選ぶパターンです。

自分は感染しないと思っている

コロナウィルスが流行してからは感染しないように、感染を広げないように、みんなが気を使っています。

そんな状況にもかかわらず、自分だけは感染しないと思っている人もいます。 彼氏が自分だけは感染しないと思っている人だと、コロナ別れを考えてしまうかもしれません。

外出自粛や日々の感染対策は、自分だけのためではなく、みんなのためにやることでもあります。 しかし、そんな中で自分勝手に行動する彼氏の姿に幻滅してしまうこともあるでしょう。

暇だからと出歩く

外出自粛を受けて、いろいろな会社や業界で働き方が大きく変わりました。 テレワークがメインになったり、一時休業になったりしています。

そうした働き方の変化で、出社が減った人もいるでしょう。 本来はコロナ対策のために出社が減っているのですが、在宅勤務などを「暇になった」と言って出歩いてしまう人もいます。

社会や会社全体で自粛している目的や意味を理解しないで、フラフラと出歩く姿に責任感がないと思ってしまうかもしれません。

コロナ別れしやすいカップルの特徴

ケンカ カップル

Tiko Aramyan/shutterstock.com

コロナ別れをしてしまうカップルには、共通の特徴があります。 特徴に当てはまる数が多いほど、コロナ別れしてしまう可能性が高いかもしれません。

今回は、コロナ別れしやすいカップルの特徴をご紹介します。

あなたと彼氏の付き合い方を思い返してみてください。 いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

危機感がない

コロナウィルスの情報は毎日いろいろなニュースで報道されたり、特別な政策が検討されたりしています。

世界を騒がせている非常事態にも関わらず、パートナーに危機感がない場合もあります。 自粛要請を気にせずに外出したり、コロナ対策を何もしていなかったりしたら、危機管理能力のなさに呆れてしまうかもしれません。

コロナウィルスの流行へのお互いの受け止め方が違うと、危機感がないと思って別れることもあるでしょう。

自分勝手

感染予防や感染拡大の防止よりも、自分がしたいことを優先するパートナーだと、コロナ別れの可能性が高くなります。 大切な場面なのに我慢できない自分勝手な人に思えて、別れを意識してしまうからです。

付き合っている間や結婚生活の中には、いろいろな困難があります。 2人で乗り越えていくのではなく、自分勝手に行動するようなパートナーだと、この先も苦労することが多いかもしれません。

どちらかに自分勝手な行動が見られたら、別れる原因になってしまいます。

相手の気持ちを考えられない

感染への不安や外出自粛でのストレスから、気持ちが沈んでしまう人もいます。 落ち込んだときに頼りたい相手として、パートナーを挙げる人は多いのではないでしょうか。

しかし、パートナーがネガティブな気持ちを受け止めてくれないと、別れに発展してしまうこともあります。 外からのストレスだけではなく、理解がないパートナーだと、逃げ場がないように思えるからです。 そのうちパートナーの存在もストレスになって、別れしまうかもしれません。

会えないから連絡も減った

外出自粛と恋人との付き合い、あなたはどのように両立させていますか? ZOOMなどをつかって、リモートデートするカップルもあれば、連絡を増やすことで乗り切ったカップルもいるでしょう。

外出自粛で会えない期間をどのように過ごすかは、とても重要です。 デートが減って疎遠になると、自然消滅してしまう可能性があります。

頻繁に会えない代わりに、連絡の密度を増やすことは大切です。 すでにカップルになっていても、関係を続ける努力は必要でしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー