会話中に目をそらさない男性の心理を解説!よく目が合うときは脈あり?
3076 Point
更新

会話中に目をそらさない男性の心理を解説!よく目が合うときは脈あり?

会話中、目をそらさずじっと見つめてくる男性は、いったい何を考えているのでしょうか?今回は、女性を目で追ってしまう男性の心理、目が合った時にそらす心理、おすすめの対応等を紹介します。

女性ならば誰しも、気になる男性を目が合うとドキドキしてしまいますよね。 「もしかして両思い?」と期待したいところですが、確信が持てずにモヤモヤしてしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、会話中目をそらさずに、じっと見つめてくる男性の心理を解説します。また、女性を目で追ってしまう男性の心理、男性が女性と目が合った時にそらす心理、そういった男性に見つめられたときにおすすめの対応なども紹介します。

よく目が合う男性の心理とは

男性

kiuikson/shutterstock.com

よく目が合うということは、相手が自分のことをたびたび見つめているということです。 当然ながら、なんらかの理由がなければそんなことはしません。しかし、その理由にはさまざまなものがあります。

ここでは、よく目が合うほど女性を見つめてくる男性の心理で、代表的なものを紹介します。 現在おかれているシチュエーションと照らし合わせて、相手の男性にどんな心理がおきているかを考えてみてくださいね。

好意を持っている

男性が純粋に好意を持っている場合、相手の女性のことをよく見つめがちです。 好きな女性だからこそ、無意識に目で追いかけてしまうのです。

ほとんどの男性は、無意識に目で追いかけているため、女性が視線に気づくとあわててそらしてしまうことでしょう。見ていたことに気づかれたのが「恥ずかしい」「気まずい」「いやな思いをさせただろうか」と憶測をもってしまいます。

反面、目が合ってもなかなかそらさない男性の場合は、女性慣れしている可能性があります。 相手の女性が意識することをわかっていて、あえてそらさないという人もいるのです。

好みの女性だから

相手の女性が単純に好みのタイプである場合でも、男性は自然と目で追いかける傾向にあります。これは男性の本能的な性質であって、いわゆる「目の保養」として気づいたら見てしまっている、という状態です。

もちろん、ここから話しかけるなどして、コミュニケーションをとるようになれば、見た目が好みな分、人としてあるいは女性として、さらに興味関心を持ってくれることにもなるでしょう。

また、胸やおしりが大きいなど、スタイルが良い女性を目で追うのも男性の本能です。性的に魅力的な女性がいれば、ついつい目で追ってしまうのです。

気にかけてほしい

男性の中には、相手の女性に興味や関心、あるいは好意を持っていて、もっと近づきたいと思っていてもなかなかきっかけがつかめない、という人もいるでしょう。

そんなときに、見つめることで自分の存在をアピールするという方法に出る男性もいます。

女性からしても、よく目が合う男性のことは自然と意識してしまうものです。「なんだかよく目が合うな」ということで相手に自分を印象付け、そこから話すタイミングなどを見計らっているのでしょう。

なかには、好意をアピールすることで、興味を持ってくれたら女性側から来てくれるのではないかと、ある種の脈ありかどうかのお試し行動として見つめる男性もいます。

用事がある

好意が特別あるわけではなく、単純に話しかけたいことがあって、タイミングを見ているだけの人もいます。

当然、優先順位の高い用事であればタイミングを気にしすぎることなく話しかけるでしょうから、内容的にはさほど優先度が高くないのでしょう。たとえば、趣味や娯楽に関することなど、急ぎでないけれどぜひ女性と話してみたい場合です。

それでも話したくてタイミングをうかがっているということは、少なからず関心があるのでしょう。共通の話題が増えてから、好意に発展する可能性もあります。

目につくことがある

相手の女性に対して、目につくこと、気になることがある場合も、気づけば男性は目で追っているでしょう。

たとえば、個性的なファッションをしていたり、独特のしぐさをしたりしているなどです。 単純に興味があるので、自然と見ているのでしょう。

機会があれば、それとなく話しかけてみると「いつも着ているその洋服って、どこで買っているの?」「その持ち物って、若い子の間で流行っているの?」など、気になっていたことの内容が聞けるかもしれません。

目が合うとそらす男性の心理とは

うつむく男性

Dean Drobot/shutterstock.com

遠くから女性のことを目で追っているにもかかわらず、目が合った瞬間にそらす男性がいます。

一度や二度ならまだしも、何度も続くようであれば、あきらかにこちらをよく見ているということです。こんな行動をされると、女性としては思わせぶりに感じて「どんなつもりなの?」と疑問に感じてしまうものです。

ここでは、目が合うとそらす男性の心理について解説します。

好意に気づかれることを恐れている

相手への好意を自覚しつつも、無意識に女性を目で追っている男性の場合、目が合うことで好意に気づかれるのではないかと慌ててしまうことがあります。

これは自分に自信がない男性に起こることです。 自信があり、好意のある女性を落としたい場合には、好意に気づかれてもかまわないという気持ちでいます。

「自分が相手を好きだとバレたら、ひかれないだろうか」「自分なんかが相手の女性を落とせるわけがない」という人ほど、好意に気づかれたらまずい、と思い込んでいるのです。

恥ずかしい

単純に、相手をじっと見つめていたことがバレて、恥ずかしいと感じる男性もいるでしょう。 自分からぐいぐいアプローチするタイプの肉食系男子には少ない傾向です。

シャイで、女性へのアプローチが苦手な男性はもちろんのこと、「男性から惚れて付き合うなんてかっこわるい」という固定概念がある男性や、「自分が好きだなんて知られたら負けた気がする」というプライドが高い男性にも起こりがちな心理です。

目が合ったのをきっかけに女性側から話しかけると、意外と安心して、その後の関係が深まる可能性もあります。

気まずい

恥ずかしいと似た心理ですが、見つめているのがバレることで「気まずい」という男性心理もあります。

これは、特に女性との関係を進展させたいと思っていないか、進展させるにしても順序良くアプローチしようと思っている人にありがちな心理です。

「関係性も浅いのに、じっと見ているなんて、気持ち悪いと思われるんじゃないか」「ちゃんと良いところを見せてからアプローチしたいのに」など、おさえきれない好意が相手に伝わることで、物事がうまくいかないと思っているのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー