職場の男性がじっと見てくるのはなぜ?男性心理や対処法を紹介!

職場の男性がじっと見てくるのはなぜ?男性心理や対処法を紹介!

恋活

職場で好意を持っている男性から見つめられたら

職場で会話する男女

自分も気になっている男性から、職場内で好意的に見つめられていることに気づいたら、ついつい浮足立ってしまいがちになります。

しかし職場だからこそ、アプローチは慎重に行うのがおすすめです。 恋を進展させるためだからこそ、ポイントをおさえつつ積極的なアクションを起こしていきましょう。

ここでは、相手の視線に気づいたときにおすすめのリアクションを紹介します。

会釈をする

まだお互いの関係が浅く、見つめられていることに気づいてもどう対応していいかわからない場合には、軽く会釈をするのがおすすめです。

職場での恋愛アプローチは大胆な行動はとりにくいものの、自分自身も気になる相手や、ちょっといいなと感じる相手であれば、好印象を与えておきたいところです。

会釈であれば、丁寧なふるまいであり、相手を受け入れる対応にもなります。このとき、軽く笑顔でいるなど、やわらかい表情をつくることを意識しましょう。相手からしても「もっと距離をつめても大丈夫かな?」と判断しやすいリアクションになりますます。

ほほえむ

自分も好意を持つ男性がこちらを見ていることに気づいたら、目を合わせてほほえんでみましょう。

笑顔は「あなたを受け入れていますよ」というメッセージになります。 目があった途端に照れて視線をそらす人もいますが、少なくとも笑顔を向けられて悪い印象を持つ人はいません。

無意識に見つめていたことがバレたら、恥ずかしさや気まずさが湧いてくるものですが、それでも受け入れられると「嫌じゃないんだ」「もっと距離をつめても大丈夫かな」と考え、男性のほうから話しかけてくる、デートに誘われる、ということもありえます。

話しかける

気になる男性の視線を感じ、自分に興味をもっていることがわかったら、いっそ自分から積極的に話しかけてみましょう。

目が合ってすぐのタイミングでも良いかもしれません。また、少し時間をおいて「最近よく目が合いますね」などと話しかけるのも、きっかけとしては良いでしょう。

職場だからこそ、相手の男性も積極的にアプローチしたくても、なかなか声をかけられない可能性があります。同等の立場ならまだしも、特に男性側が上司や先輩の場合は、下手に誘うとハラスメントともとらえられかねません。

だからこそ、女性側からも「あなたに興味がありますよ」ということをアピールすることが大切なのです。

職場で見つめられたときにしてはいけない行動

ビジネスウーマン

職場で男性から見つめられた時には、ダイレクトに聞けない環境だからこそ、相手の本意を知りたくてウズウズしてしまいがちです。

しかし、行動には気を付けておかないと、職場ならではのトラブルに発展してしまうこともあります。

ここでは、男性からの視線に気づいたときに、してはいけない行動を紹介します。

早とちりして周囲に話す

特定の男性に見つめられているとしても、職場内でそのことを周りに話すのはやめたほうが賢明です。実際は、違う人を見ていた、別のものを見ていたなど、女性側の勘違いである可能性もあります。確信が持てないうちからうわさを流すような行動をすると、のちのちトラブルになりかねません。

また、見つめられていることが事実だとしても、それをだれかれ構わず話されて嬉しい人はいないでしょう。職場内だからこそ、相手の男性の立場を悪くするようなことがないように、慎重に行動しましょう。

冷たい態度をとる

たとえ相手の男性に対して気持ちがなく、「見つめられて迷惑だな」と感じても、露骨に冷たい態度やケンカ腰の態度をとることは控えたほうが良いでしょう。

職場は毎日のように、顔を合わせる環境であることがほとんどです。 一歩間違えると、どちらかが社内にいづらくなってしまうなど、大きなトラブルに発展することもあります。

もし迷惑だと感じるなら、波風を立てるのではなく、相手に関心がない姿勢を貫くのが一番角を立てない方法です。

職場の男性がじっと見てくる心理を見極めよう

職場で会話する男女

ただでさえ男性からじっと見つめられると、「どんなつもりで見てくるのだろう」「もしかしてわたしのことが好きなのかな?」とドキドキしてしまうものです。

しかし、それが職場である以上、何事も慎重に動くことが得策です。

職場で男性の視線に気づいたら、考えられる理由をおさえておきましょう。 そして、自分自身も相手との距離を近づけたいのであれば、積極的にアクションを起こすことが現状打破のきっかけとなっていきます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事