好きでたまらない男性の心理とは?行動の特徴や効果的なアプローチを紹介
3643 Point
更新

好きでたまらない男性の心理とは?行動の特徴や効果的なアプローチを紹介

今回は、男性が相手の女性を好きでたまらないと感じる時、どんな心理状態でどんな行動に出るのかを解説します。気になる男性との関係性を深める時の、おさえておくべきポイントも紹介します。

気になる男性と関係が深まりつつあるとき、女性はついつい「彼はわたしのことをどう思っているんだろう?」と気になってしまうものです。 また、うまくお付き合いがスタートしたとしても、彼の本心がわからずにやきもきしてしまう女性もいるかもしれません。

今回は、男性が相手の女性を好きでたまらないと感じているとき、どんな心理状態にあり、どんな行動に出るのかを解説します。 また、気になる男性との関係性を深めるにあたり、おさえておくべきポイントを紹介します。

好きでたまらないときの男性の行動とは

ハートを持つ男性

wk1003mike/shutterstock.com

女性としては、男性の脈あり行動は知っておきたいところですね。

ここで紹介するのは、一般的に「こういった行動をとる男性は、相手のことを好きである可能性が高い」というものです。あくまで一般論なので、恋愛観や性格の違いによって個人差はあります。

そのため、行動そのものというよりは、行動の裏にある心理を読み取れるように考えてみましょう。

会いたいそぶりがある

男性が気になる女性にアプローチしようとしている時、分かりやすい方法としては「デートに誘おうとする」ことが挙げられます。

「もっと話したいから、今度ふたりで遊びに行こうよ!」と誘ってくる男性もいますが、男性の性格によってはそこまでストレートに表現できない場合もあります。

頻繫にと女性のスケジュールを気にしていたり、なんらかの理由をつけてふたりで会う用事をつくろうとしたりする場合は、誘うタイミングを見計らっているのかもしれません。

会話の内容をよく覚えている

相手の女性に関心がある男性は、ささいなことをよく覚えているものです。 共通点を探したり、のちのち女性が喜ぶことをしようと考えていたりするので、会話も注意して聞き、内容を記憶しています。

ただし、いくら女性に対して好意を持っていたとしても、相手に幻想を抱きがちな男性の場合は、意外と相手そのものには興味がありません。好き好きアピールをするわりには、「きっとこういう女性なはず」という思い込みが強く、会話の内容を覚えていないということになりがちです。

ささいな変化に気が付く

女性的な感性が強い男性は特に、気になる女性のささいな変化に敏感です。

髪型やメイクをちょっとだけ変えた、体調があまり良くない…など、「いつもと違う」ということに気づき、声をかけられます。普段からその女性を気にしているため、ちょっとした変化に気が付きやすいのです。

ただしこれは、もともとの気質によるものもあるため、どんなに好きな女性相手でも鈍感な人は鈍感です。また、「なんとなく違うな」程度に気が付く人もいます。

よく見つめる

好きな人を目で追ってしまうのは、男女ともに当然の心理です。 意識的に見るというよりは、興味や関心があるので気がついたら無意識に見てしまう…ということもあります。

そのため、視線を感じて振り向くと目が合う…ということは見つめられているということです。目が合う回数が多ければ多いほど、普段から見つめられている可能性が高いでしょう。

見ているのがバレると恥ずかしい、あるいは気まずい思いをするため、目が合った瞬間にそらす人もいます。

自分の良いところを見せたがる

男性は好きな女性に対して本能的に、優秀なオスであることをアピールしようとします。自分と付き合うとどんなメリットがあるのか、どんな価値を相手にもたらすことができるのかを伝えたいと思うのです。

そのため、自慢話や武勇伝を語りたがったり、自分がかっこよく見える場面をつくろうとしたりします。持ち物や住まいをはじめとする経済的な豊かさ、学歴や職業のステータスなど、目に見える武器を使って、素晴らしい人間であると示そうとする男性もいます。

連絡頻度が上がる

連絡する男性

SFIO CRACHO/shutterstock.com

男性の大多数は、女性に比べると連絡がマメではありません。特に、LINEやメールはただの必要事項を連絡する手段であり、コミュニケーションを深めるものだとは思っていません。

しかし、好きになった女性を追いかけているときは別です。狩猟本能が目覚めている状態であればマメに連絡をとり、好きな女性を落とそうと必死になります。

ただし、こういった場合は結局、女性を落としてからの連絡頻度は、元に戻ってしまいがちです。

他の女性の話をしない

女性にアプローチしている最中、男性はほかの女性の話題を極力避けようとすることもあります。 これは、好きな女性に対して「本命はあなた」ということを示したい気持ちのあらわれです。

ほかの女性の話題を出したり、親しい女性がいるそぶりを見せたりすると、女性側が「この人はほかに好きな女性がいるのかな」あるいは「女性関係が派手で、付き合ったら浮気問題に悩みそう」という懸念を抱く可能性があります。

実際は親しい女友達がいたり、たとえ仮に浮気性の男性だったりしても、多くの場合はそう見えない言動をするでしょう。

快く引き受ける

女性側のお願いごとを快く聞いてくれようとするのも、男性が好きな女性に見せる態度のひとつです。

男性は、好きな女性に選ばれるために、「優秀なオス」であるアピールをします。そのため、「一緒にいるとメリットがある」と示すためには、頼みごとを受け入れ解決することは有効な手段です。

また、男性自身も好きな女性の手助けをしている自分のことを、かっこいいと思っています。 男性にとって「かっこいい自分」であることはとても大切なことなのです。

共通の話題をつくろうとする

好きな人との距離を縮めるには、まずは会話することです。 まだお互いのことを知らない間柄であれば、どうにかして共通の話題はほしいところでしょう。

そのため、男性は気になる女性に対して共通の話題を探ろうとします。 趣味や好きなものの話を積極的に尋ねたり、女性が好きなものを知ったら自分もそれを試してみようとしたり…

たとえば、女性が好きな映画や漫画の話題を出したあと、男性もそれをチェックして「みたよ!」とすることは、話題作りの一環なのでしょう。

周囲に紹介しようとする

男性が周囲の人間に女性を紹介するときは、心を許している証拠です。

草食系の男性はなおさらですが、自分のテリトリーを守ろうとする傾向にあります。 男性にとって自分の行動範囲や親しい人たちは、自分自身の大切な安らぎの場所なので、安易に外部の人を入れたがらないのです。

そんな男性が女性のことをテリトリー内に入れるということは、基本的に気に入られ、信頼されていると考えられるでしょう。

好きでたまらない男性に避けられる可能性はある?

目元を隠す男性

Viktor Gladkov/shutterstock.com

男性のなかには「好き避け」と呼ばれる行動をとってしまう人もいます。 これは、本命女性の前になると恥ずかしさや戸惑いが先立ち、素直に好意を示す態度をとれず、むしろ嫌っているような振る舞いをしてしまうことです。

こうした男性の態度が好き避けなのかを見極めるには、総合的に判断するしかありません。

二人きりでいるときには優しかったり、会話中に穏やかな空気感があったり、なんだかんだ積極的に助けてくれるようであれば、好き避けの可能性もあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー