好きな人とのLINEで好印象を与えるには?きっかけづくりや注意点も紹介
2977 Point
更新

好きな人とのLINEで好印象を与えるには?きっかけづくりや注意点も紹介

今や連絡手段のひとつとして欠かせないツールとなったLINE。今回は、好きな人にLINEをするときに好印象を与える方法や、やりとりにあたっての注意点もお伝えしていきます。

今や連絡手段のひとつとして欠かせないツールとなったLINE。 気軽に連絡先を交換することができるため、好きな人にアプローチするには格好のツールです。

しかし、LINEは手軽だからこそ、一歩間違えると悪い印象を相手に与えてしまうことも。

今回は、好きな人にLINEをするときに好印象を与える方法を紹介します。 好きな人とLINEをはじめるきっかけづくりの方法や、やりとりにあたっての注意点もお伝えしていきます。

どうしても彼に振り向いてもらいたい!
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

好きな人とLINEするきっかけをつくるには

スマートフォンを持つ女性

pexels.com

好きな人とLINEするには、まずは連絡先を交換するところから。 なにかしらきっかけがないと、積極的に連絡先を交換できないという女性もいることでしょう。

ここでは、これからアプローチしたい男性に対して、どのように連絡先をきくのがスムーズなのかをまとめました。

共通の友人にグループをつくってもらう

好きな人が同じコミュニティにいる場合や共通の友人がいる場合は、周りにLINEグループをつくってもらいましょう。

「今度このメンバーで出かけようよ」「とりあえずみんなで繋がっておこうよ」など理由は何でもあり。 あらかじめ周りに協力をお願いしておくと、スムーズに事が運びます。

グループで繋がってお互いに連絡先がわかれば、何かしら口実を作って個人的に連絡をとることができるようになります。

用事を口実にする

「◯◯についてあとで聞きたいから、連絡先を聞いてもいい?」など、もっともらしい用事をつくって連絡先を交換するのもおすすめです。 そこまで大層な用事でなくても、「今日撮った写真を後で送るから」「さっき話にでた映画、見終わったら連絡するから、感想話し合おうよ!」なども使えるでしょう。

一度連絡先を聞いてしまえば、あとからなんとでも用事は作れるので、「後で話したい事があるんだ」と思わせぶりに連絡先を聞いておくのも良いでしょう。

ストレートに連絡先を聞く

あまり難しく考えず、「連絡先交換しようよ!」と声をかけるのも良いでしょう。 実際のところ、あまりにも相性が合わない相手である場合や、何か特殊な事情があるわけでもない限り、連絡先を聞かれて嫌がる人は少ないはず。

もし相手に彼女がいるかどうかわからない場合や、会社の先輩や上司など目上の人である場合は、「連絡先を聞いたら迷惑ですか?」「連絡先教えてもらうことはできますか?」など、少し控えめに尋ねるのが無難です。

好きな人のLINEで脈ありかどうかわかる?

スマートフォンを操作する女性

pexels.com

実際のところ、LINEの文面や返信速度などで脈ありかどうかを確かめるのは難しいといえます。 それほど、LINEは性格が反映される割に、温度感が伝わりにくいのです。

ただし、LINEのやりとりで相手の状態や価値観は多少読み取ることはできます。 ここでは、LINEのどんな点に着目すべきかを紹介します。

返信速度

LINEの返信が遅いからと言って、相手に脈がないと判断するのは性急すぎます。 そもそも男性は、LINEをコミュニケーションツールというよりは連絡手段と解釈しがち。

また、多忙な男性ほど、好きな女性であってもなかなか返事をする余裕がない状況もあります。 性格的な面で見ても、そもそも連絡不精な男性もいるため、一概にはいえません。

逆に、返信が早く丁寧だからと言って、必ずしも好意的だともいえません。 即レスが習慣になっている営業職の男性などは、心の距離がある相手にほど早く返信しようとする場合もあります。

未読スルー

返信速度と同じく、未読スルーについても一定期間であれば様子を見ていて良いでしょう。 すぐに連絡が返せなくてもすぐにメッセージを開封するタイプの男性もいれば、「すぐに返せないのに既読をつけるのはモヤモヤする」とあえて未読にしておく男性もいます。

未読の場合も、メッセージの内容はアプリなどを使ってチェックしている人もいるでしょう。 あくまでも人によります。

既読スルー

既読スルーについても同様です。 メッセージを開いたは良いものの、なかなか忙しくて返事ができない人もいます。

また、相手の女性に「丁寧に返さないと」と思うあまり、考えすぎて返信が遅くなり、結果的に既読スルー状態になってしまう男性もいます。 返しやすい内容であればそれほど悩まないでしょうが、真面目な人ほど、どう返すかに時間をかけがちなこともあります。

一方で、そもそも「返す必要がない内容だな」と自ら判断して、必要以上に返さないタイプの男性もいます。

文章の長さ

LINEの文章の長さについては、多くの男性が長文を嫌う傾向にあり、短文を好みがちです。 ただしこれも個人差がある上、状況によっては長文を取り入れる男性も。 短いから嫌われているとも言えませんし、長いから好かれているとも言えません。

ただし、もし普段からあまり長文が得意ではないと公言している男性が、好意的な内容を長めに送ってきた場合などは、脈ありと言えるでしょう。 他の人への態度の違いなどを視野に入れて、総合的に判断しましょう。

スタンプや絵文字

ごく一般的に、好意的に感じてもらいたい相手には、絵文字やスタンプを活用して明るい文面を心がける男性は多いことでしょう。 しかし、そもそも絵文字やスタンプを好まない硬派系の男性もいますし、好きな女性にだからこそカタい文章にしたがる男性もいます。

また、気心が知れていない相手になるほど、絵文字やスタンプにこだわる人もいるので、一概にはいえません。 なかには、面倒なLINEはスタンプで終わらせるという男性もいるので、好意のあるなしとは全く別だと考えていて良いでしょう。

用事もないのに連絡が来る

大した用事もないのに男性の方から連絡が頻繁に来る場合は、脈ありの可能性が高いと言えるでしょう。 そもそもLINEが苦手な男性も多く、さらに社会人ともなれば忙しいのが当たり前のなかで、なるべく繋がろうとするのは好意的な証拠です。

この時点では相手がどんな女性なのかを知ろうとしていたり、自分のことをどう思っているのかを確かめようとしていたりする可能性があります。 なお、付き合う前にLINEがマメだからといって、付き合った後もマメかというと、そうとも言えません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー