好きな人を振り向かせる方法とは?会話やLINEのテクニックも紹介
4310 Point
更新

好きな人を振り向かせる方法とは?会話やLINEのテクニックも紹介

「なんとかして好きな人に振り向いてもらいたい」と悩む女性は後を絶ちません。今回は、男性の本質や求めていることを解説するとともに、好きな人を振り向かせる方法を紹介していきます。

誰かを好きになったとき、「なんとかして好きな人に振り向いてもらいたい」と多くの女性が画策します。 しかし、相手の男性に振り向いてもらいたいがあまり、結果的に自分本位な行動が増えてしまう女性も実はとても多いのです。

今回は、好きな人を振り向かせるには欠かせない、男性の本質や求めていることを解説していきます。 そのうえで、相手を思いやった効果的なアプローチ方法をご紹介していきます。

どうしても彼に振り向いてもらいたい!
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、鑑定実績100万件以上!当たる口コミランキング1位獲得!鑑定満足度96.2%以上!のカリスです。

的中率業界最高クラスの占い師が悩みの解決を手助けして、相談した96%以上の人がアドバイスに満足感を得られています。

「不倫・複雑愛(あの人の一番になりたい)」
「復縁・カレの気持ち・音信不通(どうして連絡くれないの?)」
「仕事・人間関係・人生(現実から逃げ出したい…)」

もしこんな悩みを抱えているのであれば、どんな悩みでも一度カリスに相談してみてください。

好きな人を振り向かせるために知っておきたいこと

花畑のカップル

pexels.com

好きな男性を振り向かせるために、まず知っておきたいのは、男性の特性です。

基本的に、男性は女性とはまったく違う生き物。 そこをおさえておかないと、見当違いのアプローチをしてしまうことになりかねません。

まずは、ごく一般的に男性に共通する性質を見ていきましょう。

男性の本能を知る

心の弱さについて研究しているブレネー・ブラウン氏の著書によれば、男性は常に、自らが「弱くあってはいけない」というプレッシャーを抱えながら生きているといいます。

それはすなわち、太古の昔から本能的にプログラムされたもの。 強くなければ狩りはできませんし、外敵から自分や家族の身を守ることもできません。

現代においては、そういった「強さ」の形は変わってきているものの、その分「かっこよくありたい」という気持ちが男性には少なからずあります。 自分自身がかっこよいと感じさせてくれる女性といるときに、居心地の良さを感じるのです。

受け入れるスタンスでいる

男性は基本的に、「自分のことをありのまま認めてほしい」と思っています。 もちろんこれは、女性にもある心理です。 しかし男性のほうが、共感力に乏しいうえに競争社会に身を置くことも多く、女性に比べて誰かに本心をさらすことも共感してもらえることもありません。

なお、受け入れられることは、必ずしも共感とイコールではありません。 「たとえ自分には理解ができない考え方であったとしても、あなたはそうなんだね」と受け入れられることを望んでいる人は、とても多いのです。

出会った女性がまさにこのようなスタンスで接してくれたとしたら、男性の心は一気に傾くでしょう。

承認欲求を満たす

男性は常に、自分の価値を感じていたい生き物です。

承認欲求というのは誰にでもありますし、女性であっても承認欲求が強い人はいます。 男性の場合は特に「自分が価値のある人間であると感じたい」という思いは強い傾向にあります。

そのため、存在意義を感じることを非常に重視します。 これはつまり、女性に対してなにか行動を起こしたときに、お礼を言われることや、喜んでもらえることなどで、満足感を得るということです。

男性が自分に対して何か好意的なアクションを起こしてくれたときには、感情をストレートに表現し、喜びやうれしさを伝えることが大切だということです。

かっこいいと思えるアプローチをする

男性は「自分がかっこいい存在である」と思っていたい性質があります。 これは大なり小なり男性なら持っているもの。 見るからに派手なタイプでなくても、本質的にそう思っていたいということです。

控えめな男性が、失敗することを極端に恐れたり、恋愛においても奥手だったりするのもそのためです。 かっこいい自分でいられないことを避けるために、そのようなふるまいをしています。

そのため、男性にアプローチするときには「おれってやっぱりかっこいいんだ!」と思えるような態度や発言をすることがポイントです。

いっしょにいて心地よいと感じさせる

心地良い

Dean Drobot/shutterstock.com

ここでいう心地よさとは、「この子といると自分が素晴らしい存在だと感じられる」という意味を持っています。

自分の情けないところさえも受け入れてくる女性がいて、自分がその女性を喜ばせることができ、なおかつ女性は自分のことをかっこいいと思っていてくれる…それほど、男性にとって最高の居場所はないでしょう。

「この子といるとこんな気持ちになれるんだ」が続くと、「もっと長く一緒にいたい」という考えになっていきます。 あるいは、自信を失ったときや疲れたときほど、「自信を回復させるために、あの子に会いたい」と思ってもらえるようになります。

好かれて嫌がる男性はいない

大前提として、女性から好意を寄せられて嫌な気持ちになる男性はいないと考えておきましょう。

もちろん、その女性を必ずしも好きになるとは限りませんし、相性的に合わないことは十分に考えられます。 しかし、その女性が自分に対して迷惑な行為をするわけでなければ、好意を寄せられること自体は歓迎するのが多くの男性です。

なので「わたしなんかに好かれたら彼は迷惑にちがいない」という思い込みは捨てましょう。 迷惑なのは、好意の寄せ方やアプローチの問題なのです。

理想のタイプがある

男性には必ずといっていいほど理想のタイプがあります。 男性が「好み」というのは「自分の理想」という意味であり、「好きになる」というのは「理想の女性のように感じる」ということ。

つまり、その理想に近づくことができれば、相手は振り向いてくれるということになります。

これは、単純に見た目の問題や雰囲気の問題というわけではありません。 もっと内面の深い部分で、「こんな女性がいてくれたらいいのに」と思っている「理想」に合致させるということです。

「理想の女性だ」と確信してもらえ、一度心をつかむことができれば、いずれマンネリが訪れたり破局の危機を迎えたりしたとしても、乗り越えることができます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー