まんこが黒い原因とは?黒いまんこを見た男性の意見や改善方法を紹介
3822 Point
更新

まんこが黒い原因とは?黒いまんこを見た男性の意見や改善方法を紹介

自分のまんこが黒いのでは?と悩む女性は、実はたくさんいます。気になるまんこが黒くなる原因を詳しくみていきましょう。また、黒くなったまんこの改善方法や男性目線の意見も要チェック!

デリケートな悩みは、いくら仲のよい友達や家族であっても、なかなか話題に出せないものです。 他人と見比べるということも難しく、ケアの方法も話題に上がりにくい傾向があります。

しかし、実際はいろいろな悩みを持っているケースが少なくありません。 なかでもまんこの黒ずみが悩みの種となっている人は多いようです。

今回は、他人には聞きにくい、まんこの黒ずみの原因や改善方法について紹介していきます。 男性が黒いまんこを見たときに抱きやすい感情もまとめているので、チェックしてみてくださいね。

まんこが黒い原因とは?

まんこが黒い

pixabay.com

デリケートゾーンはいつも清潔に保っているのに、いつの間にか黒ずんでいてびっくり! まんこが黒くなる原因は、いったいなぜなのでしょうか?

デリケートゾーンが黒ずみやすくなる行動を、みていきましょう。 「黒くなっているから改善したい」と思って取っていた行動が、実は黒ずみを悪化させてしまう可能性を持っているかもしれません。

メラニン色素が沈殿して黒くなっている

メラニンといえば、シミやそばかすなどの原因となる物質として有名です。 メラニンの増加によって黒ずみの発生率が高くなりやすく、これには個人差があります。

他人よりも体内にメラニンを多く持っている人は、シミや黒ずみができやすい傾向です。 デリケートゾーンも同様に、体内にあるメラニンの量が多いと黒くなりやすいといえます。 メラニンの増加による色素沈着が原因の場合は、専用グッズでのお手入れがおすすめです。

下着やナプキンでこすれる

下着はデザイン重視で、サイズはあまり気にしていないということはありませんか? 小さめの下着を着用してしまうと、デリケートゾーンと下着の摩擦が起きやすくなります。

皮膚は摩擦が起こると、皮膚が攻撃を加えられていると勘違いしてメラニンの発生率が上がりやすくなります

メラニンが発生すると黒ずみができやすい環境になってしまうので、知らず知らずのうちにデリケートゾーンが黒くなってしまっているかもしれません。

下着だけでなく、ナプキンとの擦れによっても、メラニンが発生しやすくなります。 黒ずみ防止のためにも、自分の体にあったサイズの下着を着用するようにしましょう。

乾燥も黒ずみにつながる

お肌の乾燥は、肌トラブルの大きな原因になります。 顔や手など目に見える部分は乾燥を防止して保護するクリームなどを状況を見て使用しますが、デリケートゾーンは乾燥に気が付きにくい場所といえます。

陰部の乾燥は、排泄が終了してティッシュで拭いた後に起こりやすい傾向。 排泄後の水分の除去は臭い防止を行うためにも重要なことです。

しかし、力いっぱいデリケートゾーンを擦って水分を拭き上げてしまうと、皮膚が乾燥傾向になり、下着との摩擦が起きやすくなってしまうのです。

ごしごし洗いはNG!

ごしごし洗いはNG!

pixabay.com

排泄後にウォシュレットを使用したり、入浴のときなどに、デリケートゾーンをごしごし拭いたり洗ったりしていませんか? 水分の除去、臭いの防止は大切ですが、デリケートゾーンの皮膚は他の皮膚部分よりも薄くなっています。

赤ちゃんの薄肌のケアは、とても気を使うものです。 陰部の皮膚もとても薄いので、力任せのケアはおすすめできません。 傷つく可能性も十分考えられるうえ、メラニンを刺激してしまう行動につながります。

黒ずみが気になるからとごしごしと擦っても、黒ずみは解消されません。 正しいケア方法を毎日実行して、長い目でみて日々丁寧なケアを行うことが、黒ずみ解消の近道です。

体格で黒ずむ部分が異なるって本当?

体格によって、黒ずみやすくなる場所が異なることがあります。 これは椅子に座ったときなど摩擦を起こしやすい場所が、体格で違ってくるためです。

痩せている人は、椅子に座ったときに座骨が椅子にあたりやすいので、お尻の下が黒ずみやすくなります。 クッションなどを使い、黒ずみを防止しましょう。

ふくよかな人は、下着の締め付けなどが起こりやすく、下着の食い込みや座ったときの摩擦もデリケートゾーンで起こりやすい傾向。

そのため、ふくよかな人はデリケートゾーンが黒ずみやすくなる場面が多いと考えられます。 適切なサイズの下着を選ぶなどして、陰部に摩擦が起こりにくいような工夫をしてみてください。

ホルモンバランスの乱れも黒ずみの原因に

メラニンの生成は、女性ホルモンとも関わりを持っています。 女性ホルモンが乱れやすくなるきっかけは、ストレスや生活習慣の乱れなどです。 なかでも女性ホルモンが乱れやすくなるのは、妊娠や出産、加齢などがあげられます。

女性ホルモンのバランスが乱れると、お肌のターンオーバーがうまくできにくく、メラニンも増えやすい傾向に。 そうなると、肌が黒ずみやすくなるので、デリケートゾーンの色も濃くなりやすいといえます。

食生活の改善も効果あり!

美しさや健康の基本は、食事内容が深く関わっています。 髪の毛や肌の調子を整えるためには、毎日の食事内容で十分なたんぱく質を摂取することが重要です。

ダイエットのために、たんぱく質を控える食事内容になっていませんか? たんぱく質が不足してしまうと、肌のターンオーバーを行いにくくなり、メラニンが溜まりやすい状態になります。

若いうちはしのげていたとしても、年齢を重ねていくと若いときの食生活のつけが回ってきてしまいます。 健康のためにも、食生活の見直しはできる限り早い段階で行うことがおすすめです。

まんこが黒くなる間違った認識

間違った認識

pixabay.com

デリケートゾーンの黒ずみには、メラニンや摩擦が大きく関与しています。 しかし、デリケートゾーンの黒ずみの原因には、間違った情報が流れていることも。

まず、どのような噂が流されているのかを確認してみましょう。 自分が持っている情報とも照らし合わせて、デリケートゾーンの黒ずみと向き合うきっかけにするのもよいかもしれません。

オナニー頻度とまんこの黒さは関係ない!

デリケートゾーンが黒ずむ原因として、オナニーのし過ぎではないかという情報もあります。 たしかにオナニーはデリケートゾーンに刺激を与えて行う人が大半です。

しかし、オナニーは何時間もデリケートゾーンに強い刺激を与えるわけではありません。 毎日オナニーをしていたとしても、デリケートゾーンに与える刺激が肌にダメージをおよぼすものになるとは考えにくいでしょう。

メラニンを生成する刺激となるのは、常にデリケートゾーンと接している下着などによる摩擦が原因です。 肌に接している時間などを見比べたら、オナニーの刺激は黒ずみの原因となる可能性はかなり低いことがわかります。

交際人数とまんこの黒さは無関係

交際してきた人数や体の関係を持った人数が多いと、たしかに男性と肌を重ねる機会が多くなるでしょう。 そのため、デリケートゾーンが黒くなりやすいと思われがちですが、それは間違った認識です。

女性は、思春期を迎えると女性ホルモンのバランスが大きく変わるため、体にもいろいろな変化が起こります。 思春期以降は色素沈着しやすくなる人も少なくありません。 つまり、デリケートゾーンが黒くなりやすい状態になる人が多いといえます。

年齢を重ねると肌のターンオーバーも低下しやすくなるので、デリケートゾーンの色も濃くなりやすく状態に。 自分だけが黒ずんでいるということはなく、多くの人が黒ずみやすくなっているのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー