結婚に踏み切れない!男女の理由と結婚を前向きに考える方法
2071 Point
更新

結婚に踏み切れない!男女の理由と結婚を前向きに考える方法

付き合ってそろそろ結婚、なのになぜか踏み出せない男女は少なくありません。恋人を嫌いになったわけではないのに、結婚に踏み切れないその理由と結婚を前向きに考える方法をお伝えします。

恋人のことは好きだけど、いざ結婚となると心にブレーキがかかってしまう男女は少なくありません。 結婚は一生のことで、慎重になるのは当然のことです。

お互いにそろそろ結婚の時期に差し掛かっているのに、しかも好きな気持ちに変わりはないのに、なぜか踏み切ることができません。 なぜ、恋人から夫婦になることをためらってしまうのでしょうか。

男女のそれぞれの理由と、結婚を前向きに考えられるようになるその方法とをお伝えいたします。

カレと結婚したいなら今すぐ相談
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

結婚に踏み切れない男の理由

悩む男性

pexels.com

男性がなぜ結婚に踏み切ることができないのかをみていきます。

結婚を迫ることで、男性が追い詰められることも少なくありません。 彼女のことは好きで仕方がないのに結婚となると事情が変わるようです。

男性たちは結婚に対して何を悩んでいるのでしょうか。

心構えがまだできていない

結婚に対する心構えがまだできていないので結婚に踏み切れない男性は多数です。 夫になるだけでなく、結婚となると父親になることも付いてきます。 結婚で責任が増えるため、真剣に人生を考えて行動するのです。

仕事はこのままで良いのか、家を買うにしてもローンを滞ることなく返済できるのか、家族を路頭に迷わせないだけの稼ぎを作るのは簡単ではありません。 結婚となると自分だけの人生ではなくなります。 人の人生を背負う心構えができていないと結婚に踏み切れないのです。

金銭感覚や価値観が違う

結婚において金銭感覚と価値観はとても大切です。 彼女としては楽しくて最高の相手であっても、結婚して一緒に生活をしていくには難しい相手だと結婚には至りません。

極端な浪費家、逆に節約しすぎる、家族に対する考え方、物事に対する価値観が何かにつけて合わない相手とは結婚したいと感じないのです。

お互いの考え方が合わないのであれば、お互いに歩み寄るか、受け入れるか、残念ながら離れてしまうか話し合う必要があります。

自分の経済面が不安

自分の稼ぎがちゃんとしているのかが不安で結婚に踏み切れない男性もいます。 まだアルバイトや派遣社員でお給料が安定していない、あるいは会社を立ち上げたばかりで軌道に乗っていないと家族を養っていくだけの自信がないのです。

結婚しても働く女性が圧倒的に多くなっています。 2人だけの人生なら稼ぎが安定していなくても問題ありません。

ですが、女性は残念ながら妊娠出産の後に収入が激減することも未だにあります。 人生の変化を考えると、男性にとって収入の安定化は必要なことなのです。

子供を育てられるか不安

父親となって子供を育てられるか心配になる男性もいます。 そのため、結婚に踏み切ることができません。

父親になるのが不安な理由はさまざまです。 自分自身がまだ大人になり切れていないこと、何もかも後回しにして家族を最優先させることへの不安が付いて回ります。

また、自分自身と父親との関係性が希薄であった場合、家庭に対して良いイメージがありません。 彼女が結婚して子供を育てることを楽しみにしている姿を考えると、プレッシャーに感じてしまうのです。

他に良い女性が現れる気がしている

今の彼女ではなく、もっと素敵な女性が現れるのではないかと考えてしまって結婚に踏み切れません。 結婚をしてしまうと、他の女性と知り合うことができないので慎重になるのです。 この先一生、この女性で良いのかと考えると、もう少し待ってみようと感じてしまいます。

結婚に踏み切るには「最後の女性」である覚悟が必要です。 その覚悟がなかなかできない男性だと結婚が難しくなります。

もっとタイプの女性が現れるのではないか、もっと優しい女性が現れるのではないか、もっと気の合う女性が現れるのではないかなど、悩んでしまうのです。

自由な時間がなくなる不安

結婚することで自由な時間がなくなるのではと不安になり結婚に踏み切れません。 男友達と遊んでいたいし、趣味に時間を使いたいし、自分の時間が減ってしまうのが苦痛に感じてしまうのです。

とくに1人の時間が必要なタイプの男性であれば、この先1人になることが無いのかと考えると落ち込んでしまいます。 1人の時間が必ず必要な人は性別問わず存在するので共感できる女性も多いのではないでしょうか。

どれだけ好きでも毎日一緒だと息が詰まってしまいます。 結婚となるとその不安が募ってしまうのです。

結婚に踏み切れない女の理由

悩む女性

pexels.com

結婚に踏み切れないのは男性だけではありません。 女性も同じく、結婚に踏み切れずに悩んで苦しく感じるのです。

男性と同じような理由もあれば、女性特有の理由もあります。 プロポーズをされても素直にYESと言えない女性の理由にはどんなことがあるのでしょうか。

男性が頼りない

結婚したくても、相手の男性が頼りなく結婚に踏み切れません。 彼氏としては癒されて最高であっても、人生を共にするには心許ないと感じてしまいます。

年下でまだまだ将来をしっかり見ていない彼氏や、大人なのに実家で親に守られながら生活している男性が相手だとプロポーズをされても将来を描けません。

安心で幸せな未来のイメージできれば女性は結婚に踏み切ることができます。 苦労しそう…とネガティブに感じると結婚に踏み切れないのです。

結婚後に彼氏の性格が変わりそう

pexels.com

結婚を機に彼氏の性格が豹変しそうに感じて結婚に踏み切れません。 恋人から「夫」になった瞬間に、DVやモラハラをするようになった話を聞くことがあります。 残念ながら男性の中には結婚して妻となった女性を「所有物」として考えてしまう人もいるのです。

普段から人の話を聞かない、言葉遣いがきつい、店員に対して横柄な態度を取る彼氏だったら、結婚後は自分に対しての扱いがひどくなるのではないかと心配するのも不思議ではありません。

男性の稼ぎが少ない

男性の収入が少ないと結婚に躊躇してしまいます。 2人で生活していく分には、女性も働けば良いのですから問題ありません。 問題は子供ができたときです。

家族を養っていくだけの稼ぎがなさそうであれば、なかなか女性は結婚に踏み切れません。 子供ができると多くの女性が働くことに時間的に制約が生じ、収入が激減するのが未だに大多数です。

その制限されている間に、男性の稼ぎが少ないと苦労をするのは目に見えています。 稼ぎが低い彼氏と結婚して苦労をするなら、結婚しない方がマシだと感じる女性に共感する人も多いのではないでしょうか。

男性が子供を欲しがらない

自分は子供が欲しいのに、子供を欲しがらない男性が相手だととても寂しいですよね。 子供が欲しい女性にとって、子供が欲しくないと言われると結婚に躊躇してしまうものです。

特に離婚歴のある男性ですでに子供が前妻との間にいる男性は子供を欲しがらない傾向にあります。 女性の体は子供を産むのに時間の限界があるのは男性も女性も周知の事実です。 できるだけ早く子供が欲しいと感じている女性も少なくありません。

プロポーズをされても初めから「子供は欲しくない」と言われたら、受け入れるか違う相手を選ぶかの2択になってしまうのです。

他に良い男性が現れる気がしている

この彼氏で本当に良いのかと悩み始めたら結婚に踏み切れません。 「結婚」したいがために今の彼氏で妥協した後に、素敵な出会いがあったら後戻りできないので悩んでしまいます。

これからの人生でたった1人の相手となる男性ですので、慎重になって当然です。 プロポーズをされたら今の相手で妥協をするのか、それとももっと違う相手を探すのかの判断が迫られます。 モテるタイプの女性であれば、次から次に男性が現れるので決められないなんてこともあるのです。

恋人には良いが夫向きではないと感じる

恋人としては最高でも、夫としてはいまひとつと考えてしまう相手だと結婚に踏み切れません。 全く家事ができなかったり、女遊びの歴史があったり、あらゆる価値観が違ったりと生活していくには苦労しそうだと、簡単に結婚できないのです。

夫となる男性とは、毎日一緒にいても疲れないことが大切と感じる人が多いのではないでしょうか。 どこかで心配しないといけない相手と結婚すれば、苦労するのが目に見えています。 さまざまな理由で夫向きでないなと感じると、相手との将来が悲観的になってしまうのです。

キャリアよりも家庭中心になる苦悩

家族中心の女性

pexels.com

結婚をすることで自分の人生が家庭中心になることが耐えられない女性もいます。 必死で仕事を頑張ってきたのに、結婚と妊娠出産の過程で出世への梯子が外されることが未だに少なくありません。

それに、家事をしない男性と結婚したら、女性の家事の負担は自然と増えてしまいます。 仕事もして、家事もして、しかも子育てもして、なんてライフスタイルは想像するだけで大変そうです。 それでも結婚したいと感じるかどうかと言われると「独身でも良いかな」と感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー