好きな人とLINEするきっかけがほしい!アプローチ方法や注意点を紹介
4032 Point
更新

好きな人とLINEするきっかけがほしい!アプローチ方法や注意点を紹介

今回は好きな人との距離を縮めたいけれど、LINEをするきっかけのつかみ方がわからないという人のために、好きな人とのLINEに関する情報を紹介。最初の連絡先交換や話題作りの方法も解説します。

LINEは今や、特に若い世代を中心に、連絡手段のひとつとして欠かせないツールとなりました。

メールよりも気軽に連絡先を交換することができるため、好きな人とのコミュニケーションにも有効活用できるでしょう。

好きな人との距離を縮めたいけれど、どのようにLINEをするきっかけをつかんだら良いかわからないという人のために、今回は好きな人とのLINEに関する情報を紹介。

最初の連絡先交換や話題作りの方法、さらにLINEで意識したほうが良いポイントについても紹介します。

好きな人とLINE交換をするきっかけとは

スマートフォンを操作する女性

pexels.com

好きな人とLINEするには、当然ながらまずは連絡先を交換するところから。 しかし、どういうきっかけで連絡先を尋ねたら良いか、戸惑ってしまう女性も多いはず。

ここでは、これから好きな男性に対して、おすすめの連絡先交換の方法を紹介します。 上手にきっかけをつくって、好きな人とのLINEをスタートさせましょう。

友達にグループをつくってもらう

好きな人が同じコミュニティにいる場合や共通の友人がいる場合は、周りにLINEグループをつくってもらうのが最も簡単な方法です。

「今度このメンバーで集まろうよ」「とりあえず何かの縁だし、みんなで繋がっておこうよ」など理由は何でもOK。

自然とグループができる可能性もありますが、念のためあらかじめ周りに協力をお願いしておくと確実です。

グループで繋がってお互いに連絡先がわかれば、のちのち口実を作って個人的に連絡をとることができるようになります。

連絡する用事を作る

直接会っているときに、「◯◯についてあとで詳しく聞きたいから、連絡先を聞いてもいい?」など、何かしらの用事をつくって連絡先を交換するのもおすすめの方法のひとつです。

用事と言っても難しいものにする必要はなく、たとえば「今日撮った写真を後で送るね」「さっき話題に出たレストラン、行ったらどんなかんじだったか報告するよ」なども使えるでしょう。

一度連絡先を聞いてしまえば、あとからなんとでも用事は作れます。 それらしい用事が思い浮かばないときは、「後で話したい事があるんだ」と言って、あとから考えるのもアリ。 いざそのときになったら「ごめん、解決しちゃった!」とごまかしても良いのです。

ストレートに伝える

難しく考えるから連絡先の交換に手間取るのであって、シンプルかつストレートに「連絡先交換しようよ!」と声をかけるのも良いでしょう。

「今日話して楽しかったから。タイミングあればまた会いたいね!」などと率直に伝えると、相手も悪い気はしません。

もし相手に彼女がいるかどうかわからない場合や、会社の先輩や上司など、フランクに聞くのに抵抗がある場合は、「連絡先を聞いたらご迷惑ですか?」「もしよければ連絡先を教えてもらうことはできますか?」など、少し控えめに尋ねるとスムーズです。

好きな人とLINEを始めるきっかけとは

スマートフォンを操作する女性

pexels.com

いざ好きな人とのLINEの連絡先を交換しても、きっかけとなる話題がなければ、どうしてよいかわからないという人もいることでしょう。

ここでは、自分から好きな人に連絡をとるにあたり、きっかけとなる話題を紹介します。

最初はここで紹介する話題から入り、徐々に話題を広げていくのが良いでしょう。

業務的な連絡

好きな人との最初にするLINEのきっかけとして最もチャレンジしやすいのは、業務的な連絡をするというもの。

共通のコミュニティであれば、何かと連絡事項があるでしょうし、何かの集まりの後であれば「この間の写真を送るね」でも十分連絡をとる口実になります。

業務連絡だけで終わらせるのではなく、そこから、「この間は楽しかったね」「今度の集まりも楽しみだね」などと話題を広げていき、会話のバリエーションを増やすようにすると良いでしょう。

会っているときの会話から広げる

実際会っている時の会話から、「そういえばこの間話に出ていた件なんだけど…」と話題を広げるのも良いきっかけです。

たとえば、好きな人がおすすめする映画や漫画などがあれば、一度ちゃんとチェックするのが良いでしょう。

「あなたが面白いって言うから見てみたよ!」と感想を添えて連絡をすることができるからです。

自分の影響で女性が新境地を開拓したとわかれば、男性は悪い気はしないでしょう。

このとき、自分の率直な感想を伝えるのは良いですが、相手の感想を否定するのはNG。 「そんな楽しみ方もあるんだね!」と返すのが良いでしょう。

教えてほしいことを聞く

会っている間の会話に出てきたことや、男性が詳しい話題について、「ちょっと教えてほしいんですけど」と尋ねるのもきっかけのひとつ。

困っているので助けてほしい、というスタンスであれば、相手を頼るという構図にもなるため男性の自尊心も満たされます

教えてもらった後にはお礼を忘れずに。 また、教えてもらったことを実行した後には、報告の連絡もしっかり入れましょう。

知識を分かち合うことで役に立ち、お礼を言われることは、男性にとっても嬉しいことに違いありません。

趣味について尋ねる

好意があることをアピールしてグイグイ攻めたいときにおすすめなのが、「あなたに関心があるよ」と見せること。

あきらかに相手の男性に興味を持っているのがわかるので、物怖じしない肉食系女子におすすめのやり方です。

たとえば、連絡先を交換した直後のLINEで、「あなたの趣味ってなんなの?何が好きか知りたい」と相手の好みを尋ねることです。

その答えによって、さらに話題を広げていきます。 また話題に出てきた場所やものに触れた後には、「この間言っていた◯◯って…」など新たな話題を作って連絡しやすくなります。

情報提供

男性が知りたがっていそうな情報を、こちらから提供するのもLINEのきっかけとしてはおすすめです。

会っている段階で出た話題について、「この間言っていた◯◯、ここに売っていたよ」「あなたの好きな俳優、今度◯◯に出演するみたいだよ」など。

すでに相手の男性が情報を持っている可能性がありますが、それはそれで問題ありません。

あくまでも、「自分が話したことを覚えていてくれた」「自分が喜ぶと思って情報をくれた」と相手が認識してくれることが大切です。

情報収集

男性の得意分野について情報収集するのも、ひとつのきっかけ。

たとえば、グルメな男性なら、「今度女子会で使うお店を探してるんだけど、いいところ知ってる?」とおすすめのお店を尋ねてみるのも。

映画が趣味の男性には、「友達と行くのにぴったりの映画はある?」と聞くことや、お酒好きな男性には「贈り物に最適なワインを知らない?」と聞くのも良いでしょう。

頼られたと言うだけでも男性は嬉しいですし、実際におすすめを試した後は、「この間教えてもらった◯◯に行ってきたよ」など、新たな話題を広げやすくもなります。

ちょっとしたお礼

目に見えてわかりやすい出来事に対するお礼はもちろんのこと、相手からすると「え?そんなことで感謝してもらえるの?」というようなことを拾って、お礼を伝えるのも、良いきっかけです。

「この間あなたがちらっと話していた方法、妙に印象に残っていたので実際に試してみたら、すごくうまく行ったんです」など、本人が覚えていないほどのささいなことでも大丈夫。

そこまで細かく話を覚えていたことでも好印象を与えられますし、何事もお礼を言われて嫌な気持ちになる人はいません。

思い出したから

ライン

pexels.com

「ふと思い出したから連絡しちゃいました!元気にしてますか?」とストレートに連絡することも、実は好印象を与えるアプローチです。

回りくどいやり方をするよりも、単純に連絡したくなったと伝えるほうが、男性は心をつかまれやすいというもの。

「なぜ?」と聞かれたら「話すと楽しいから」とでも答えれば良いでしょう。

裏表のなさをアピールすることができますし、「もしかして俺に興味があるのかな?」と感じさせることで、その後の関係も進展させやすくなります。

相談を持ちかける

相手の男性が仕事熱心な場合や、博識な人である場合には、自分自身の仕事の悩みや知りたいことについて相談をもちかけるのもアリです。

男性としても、頼られたらうれしいはず。 もちろん、相談に乗ってくれた内容は真剣に聞き、意見をきちんと誠実に受け止めましょう。

もし具体的なアドバイスをもらえた場合には、後日にそれを実行してみること。 その結果がうまくいってもいかなくても、ひとまず報告をすることで、さらに信頼関係は深まります。

NG行動としては、尋ねた割に真剣さに欠ける返答をしたり、アドバイスをないがしろにしたりすること。 それではかえって「だったら最初から聞くなよ」と悪い印象を与えてしまいます。

SNSから掘り下げる

好きな人がLINEのタイムラインに投稿していたり、過去のプロフィールなどが見られたりする場合には、そこに食いついて話題を振るのも良いでしょう。

また、LINEを交換すると同時に、ほかのSNSでつながりをもてた場合にも、過去の投稿は目を通しておきましょう。

相手のことを良く知ったうえで、「この間の投稿に載っていた〇〇、お好きなんですか?」「この間の投稿、面白かったです」と個別LINEで連絡することによって、相手も興味をもってもらえることをうれしく感じられるはず。

SNSに積極的に投稿するタイプの男性は、承認欲求がわかりやすい人であることが多いため、関心を向けてほしいことをおさえてアプローチすることができるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー