結婚を迷い決断できない理由とは?男女で違う結婚の価値観と考え方
2391 Point
更新

結婚を迷い決断できない理由とは?男女で違う結婚の価値観と考え方

結婚は、人生でも大きな選択になります。失敗したくない気持ちや新しい生活への不安からマリッジブルーになることも。少しでも迷いなく結婚を決断できる秘訣をお伝えします。

結婚を決断するときには、不安が生じることも多いものです。 人生の大きな分岐点となることから、多くの人が迷いやすい傾向にあります。 そんなときは、男女での結婚に対する考え方や、価値観の違いを知ることが大切です。

ここからは、結婚を考えたときに生じる迷いや不安を一つずつ解決していく方法を紹介していきます。 ぜひ、ご自身の不安な気持ちを昇華し、前向きな気持ちで結婚へと踏み出していきましょう。

結婚に迷い決断できない理由とは?【男性編】

結婚に迷い決断できない理由

pexels.com

結婚を決断できない男性の多くはプレッシャーを感じることが原因になります。 人生の分岐点、一生のパートナーなど自分が支えていかなければならない立場になることが多いため、「本当に、自分にできるのか?」と不安になることも。

ここからは、まずは男性が結婚でどのような理由から決断に迷ってしまうのか、その辺りも含めて紹介いたします。

性格的に合わないと感じる

彼女と性格が合わないと感じれば、当然、結婚をイメージすることができません。 お互いの価値観や性格的な問題は、なかなか直せるものでもありません。 そのため、性格が合わないことは結婚生活で衝突してしまうことを、容易に想像することができます。

男性はとくに彼女との不和やケンカを嫌います。 不和やケンカが続くことで、自然と「性格が合わない」と感じてしまうことも。 そんな中、結婚までこぎつけたところで、不仲になってしまうことや、別れを意識してしまうことは目に見えてしまうのです。

価値観が違う

価値観が違うことは結婚でも大きなポイントになります。 一生を共に過ごすのに、価値観が違う相手は結婚しても離婚を想像してしまいます。 それだけ性格や価値観は、男性にとってとても大きな項目になるのです。

価値観が合わずに結婚後離婚を考える夫婦も多く、結婚前に「もっと相手のことを知っておくべきだった」との意見もあるようです。

思いやりや優しさに欠ける

相手を思いやる気持ちや優しさが欠けた女性は冷たく感じてしまいます。 子どもが生まれてからも、ちゃんと子育てができるのか、など心配要素になってしまうことも。

また、相手に対して思いやりのある女性は、結婚してから苦労を半分背負ってくれる関係になりやすく、支え合える関係になるのです。 相手の苦労は相手のもの。 なんて冷たい考えにはなりにくく、苦労や幸せも分け与えることのできる関係になりやすいでしょう。

このようなことから、思いやりや優しさに欠ける女性は、結婚生活を不安に感じさせるため、結婚を決断できない気持ちになってしまうのです。

他にもっといい女性がいると思う

彼女以外にもっと素敵な女性と結婚したいと思っているところがあります。 まだまだ、この先に出会いがあると思っていることが考えられます。

あなたに満足していない、とかそのような問題ではなく、ただ漠然ともっといい女性と出会いたい気持ちから結婚を決断できないのかもしれません。

今の収入では結婚が難しい

現実を考えたときに、今のお給料では結婚生活が難しく感じてしまうとき、結婚に決断できない状況に。

また彼女の方が多く稼いでいる場合も同じように、「今の収入では彼女を満足させることができない。」と感じてしまうことも。 今の収入に限界を感じている場合も同じことが言えそうです。

どのような状況でも「今の収入では、結婚は難しい」と感じる男性は、結婚に大きな壁を感じやすく、また結婚へのハードルが高くなってしまうのです。

結婚することに自信がない

何がどうとか、とくに大きな理由はなく、ただ漠然と結婚に対して自信がない場合、結婚に対して決断できないことも。 結婚に対して未知なこともあり、また結婚した周りの人のいい話を聞かないこともある傾向が。

とくに、自分の信じたものにしか興味が無いなどといった場合など、どれだけ結婚に合う要素があっても、にわかにそれらを信じられず、受け入れがたい気持ちになっていることも。

まだまだ遊びたい

遊びたい

pexels.com

周りもまだまだ結婚する気配のない友達ばかりなら、まだ遊びたい気持ちがある男性も少なくありません。 地元の友達との絆も熱く、また友達に熱い男性は魅力的です。 しかし、いつも友達ばかりを優先している彼氏の姿に、独りぼっちにさせられているような寂しい気分になることも。

まだまだ遊びたい男性の中には、女性と遊びたい男性もいます。 彼女一人にしぼれない男性や、またはもっと違った女性とお付き合いしたいと考える男性なら、まだまだ遊び足りないのかもしれません。

独身のうちにやりたいことがある

結婚してからは多くの制限がかかるため、趣味や熱中していることを結婚までにやり終えておきたい気持ちがある男性もいます。 仕事や趣味など、対象になるものはさまざまですが、独身のうちにやり残したことがないよう、しっかりとやりつぶしておきたい気持ちでいることもあります。

後悔するような結婚をしたくない気持ちから、すべてをやり切って結婚にのぞみたい気持ちがあるようです。

ひとりの女性に絞れない

まだまだ女性を一人に絞れない男性は、結婚を決められない傾向が。 あなた以外に複数の女性と、お付き合いするのか?結婚するのか?迷っているケースも。 とくに、一人の女性に絞れない男性は、迷いやすく浮気をする要素もはらんでいます。

結婚したいと思わない

そもそも結婚をしたい気持ちがない男性も。 そのような男性と結婚を考えること自体が、ハードルが高いと言えそうです。

結婚にいい印象を持っていないケースや、もともと結婚に興味が無いケース、はたまた結婚より独身を楽しみたいなどといった考えから、結婚に対して熱意が希薄なのかもしれません。

結婚に迷い決断できない理由とは?【女性編】

結婚に迷い決断できない理由

pexels.com/

続いては、多くの女性が結婚を決断できない理由について見ていきましょう。 女性が結婚を決断できない理由にはどのようなことが隠れているのでしょうか? また、その気持ちを知ることで、あなたと同じ気持ちの女性がいることに、安心感を覚えるでしょう。

金銭的な問題

相手やあなたにギャンブルや借金など、金銭的な問題があれば、結婚に踏み切れないことも。 結婚するときにはまとまったお金が必要になります。 2人が共同生活していくために、新しい住まいに引っ越し、家具が必要になることなども含めていくと、金額も膨らみます。

金銭的な問題は、不仲のもとになります。 結婚前に解決しておくべきことでしょう。

時間やお金を自由に使いたい

まだまだ自由な時間が欲しいと思う女性も少なくありません。 結婚するにはまだ早いと思うケースも。

あなた自身が時間に縛られたり、お金に縛られることに不安を感じたり、結婚生活に自信が持てないときに、結婚を決断できないことがあるようです。

家事や育児に自信がない

これまで家事をやったことがない女性は、当然不安になるでしょう。 「家事すらこなせない私が、育児なんて、もっと無理。」なんて思うこともあります。

本当に自分に自信がなく、家事ができるか不安になっている最中に、彼氏からプロポーズされてもなかなか受け入れられない状況もあるようです。

もっと素敵な男性に出会えるかも?

今の彼氏よりもっと素敵な男性と巡り合えるかも?と期待している場合、結婚を決断できない傾向に。 今の彼氏に不満や、性格が合わない、価値観が違うなどといった気持ちが少しでもあることで、「彼氏との結婚はない。」なんて、思うことも。

まだまだ結婚したい年齢までに余裕があるなら、もっと他の男性と出会ってみたい気持ちになってしまうこともありそうです。

相手を信じることができない

過去に浮気やトラブルに巻き込まれるなど、悲しい思いや不安に感じる出来事がある場合、結婚には踏み切れないでしょう。 まだ、その傷も癒えず、相手を許すことができないのであれば、結婚自体を前向きに考えることができないのです。

今後も、彼氏を信じることができるかは不明ですが、それらを許せるようになれたときに、結婚を考えられるようになることも。

彼氏は結婚には向いていないと感じる

今の彼氏が結婚に向いていないと感じると、結婚を決断できない傾向に。 今の彼氏が結婚に向いてないと感じる理由に、「価値観の違い」「性格の不一致」「過去のことが許せない」「結婚できるような性格ではない」などさまざまです。 彼氏が結婚に向いてないと感じる理由が、一つずつ解決していけば結婚を前向きに考えられるようになることも。

仕事が楽しい

仕事が楽しい

pexels.com

仕事が楽しく、まだ結婚したい気持ちになれないこともあります。 今の仕事にやりがいを感じていることや、これまでのキャリアがある仕事なら、結婚で手放すなんて到底考えることはできません。 まだまだ仕事が楽しいと思えることや、やりがいを感じているなら、結婚はまだ先でもいいと思えるでしょう。

恋人より、仕事を優先してきた人も、結婚を決断できない気持ちになります。 その要因は、結婚したことでキャリアを捨てなければならないと感じることです。 また、結婚や出産によって、思うように仕事ができないと感じることも。

結婚に魅力を感じない

「結婚に魅力を感じない」といった女性は、結婚に対して良いイメージのない傾向が強いようです。 周りの結婚した友達の様子を聞いたり、家庭環境でも両親の仲が悪いことが絡んでいたりします。 過去のトラウマや、家庭環境などさまざまな要因から、結婚に魅力を感じられないことも。

結婚に魅力を感じられない状況では、当然のこと結婚を前向きに考えることができないでしょう。

結婚に縛られたくない

結婚するということは家庭や子育てに追われることも考えられます。 結婚し、自分の時間が無くなることや、子育てなどに追われることをいいとは思えないようなら、「まだその時期ではない」と思う女性も少なくありません。

結婚に縛られると感じる多くの女性は、心のどこかで自由な時間やお金が無くなることにとても不安を感じているようです。 まだまだ自分に時間を費やしたい気持ちから、結婚前までにやっておきたいことがあるのかもしれません。

そもそも結婚に興味がない

結婚に興味が無い場合、結婚したいと思わないでしょう。 結婚にいい印象を持っていないことや、女性が育ってきた家庭環境がよくなかった、もともと結婚へのあこがれがない、などその人の性格や環境によってもさまざまです。

結婚に興味がない女性なら、結婚を決断するときに、当然迷いはしなくても決断できず、「何て断ろう」と悩んでしまうのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板