寝る前のオナニーはメリットたくさん!注意点を押さえて気分スッキリ
3249 Point
更新

寝る前のオナニーはメリットたくさん!注意点を押さえて気分スッキリ

寝る前のオナニーを行うと、女性の体には嬉しい効果が沢山あります。具体的なメリットやデメリット、オナニーを行う前の注意点、また夜だからこそ注意すべきことなどについて紹介します。

1日が終わり、リラックスタイムを満喫してベッドに入ったら、寝る前にオナニーをする習慣があるという人がいます。

夜であり寝る前ということで、オナニーをしやすい時間帯ではありますが、寝る前にオナニーをすると翌日まで疲れが残るかもと思っていませんか?

実は、寝る前のオナニーは、メリットがたくさんすあります。寝る前にオナニーをする具体的なメリットやデメリット、注意点をまとめてご紹介します。女性にとって嬉しい効果が得られるので、ぜひチェックしてみてください。

寝る前にオナニーする女性はたくさんいる!

寝る前にオナニーをする女性はたくさん

pexels.com/

まず知っておきたいのが、寝る前にオナニーをする女性の割合です。 夜、寝る前という時間帯にオナニーをしている女性は、多いのでしょうか?

どうして寝る前にオナニーをする習慣を作っているのかという理由なども、解説しています。

プライバシーなどの面を考慮すると、夜にオナニーを習慣づけるメリットも見えてくるかもしれません。

朝や昼よりも夜寝る前にオナニーする女性が多い理由

オナニーをする時間帯は、人によってばらつきがあります。 中でも、朝や昼の時間帯よりも、夜寝る前にオナニーをしている女性はかなり多い傾向です。

夜はひとりになれる時間が確保しやすく、ゆったりと自分の世界にも浸れます。 1日のストレスの解消の効果も期待できる点も、夜にオナニーをする理由のひとつです。

朝や昼よりも夜は周囲が暗いためムードも高まりやすく、オナニー後は脳内に幸せホルモンが分泌されるため気分もすっきりしてリフレッシュ効果も得られます。

寝る前だからこそ習慣にしやすい

夜はムードが高まる環境を整えやすいため、オナニーを行うにあたっての準備もしやすくなります。

ベッドに寝転んで寝る前にオナニーをする習慣を作ると、自分の中のエッチなスイッチも入りやすくなります。また、オーガズムに達しやすい体作りも可能になります。

ベッドは寝転んでも体を傷める心配が少なく、枕元にラブグッズを取り揃えておけば移動せずに刺激を与えられます。

彼とのセックスもベッドで行うことが多いという人もたくさんいます。ベッドに寝転ぶとエッチな気分になれるように習慣づけることで、彼とのセックスでもイキやすくなる可能性が高まります。

オナニー後にぐっすり睡眠がとれる女性がたくさんいる

オナニーはベッドで横になって行う人が多いですが、オナニーそのものは軽い運動を行っているくらい体に負荷がかかります。オーガズムに達すると、適度な疲労感のみならず達成感も感じられます。

オーガズムを感じると脳内に幸せホルモンが分泌されるので、安心感なども得られて、自然と眠気を感じて自然と眠りにつきやすくなる女性がたくさんいます。ぐっすり睡眠を取れば、翌日スッキリと目覚められるのも大きなメリットです。

オナニー後は血行が良くなり女性ホルモンが全身にいき渡りやすくなるので、お肌の調子もよくなったとたくさんの女性が実感しています。

寝る前だからバレにくい!

就寝前の時間は、家族が同居していても、それぞれの部屋で過ごすことが多い傾向があります。自分の部屋があるなら、物音に注意するだけで安心してオナニーがしやすい環境となるでしょう。

家族がいきなり部屋に入ってくる危険性も、朝や昼よりも低い傾向があります。オナニーそのものが悪い行為ではありませんが、家族に目撃されるのは何としても避けたいところです。

いろいろな面を考慮すると、夜間は、大きな声や音を出してしまわないように注意すれば、1番安心してオナニーをしやすい時間帯になるでしょう。

寝る前にオナニーするメリット

女性

pexels.com

寝る前にオナニーを行うことによって、具体的にどのような効果が得られやすくなるのでしょうか? 寝る前だからこそ得られる効果について、ご紹介します。

オナニーをするのに時間帯は関係ないと思っている人も多くいますが、寝る前にしか得られない効果を要チェック!

朝や昼では得られにくい効果ばかりをまとめているので、オナニーをする時間が定まっていない人もぜひ参考にしてみてください。

時間をかけてオナニーができる

朝や昼間にオナニーをするとなると、家事や仕事の合間になってしまうことが多くなります。合間の時間にオナニーをすると、時間に追われてしまい中途半端な結果になる確率が高くなるでしょう。

また、合間時間を使うとなると、時間制限もあるため気が焦ってしまいます。 人の行き来なども頻繁なので、バレてしまわないように周囲に気を使う必要もあります。

夜であればじっくり時間をかけてオナニーができるので、使う道具を吟味したり集中してオナニーができて、満足度も高くなるでしょう。

オナニーの準備にも時間をかけられる

夜オナニーを行う場合、何を使おうかと吟味する時間がたっぷりあります。エッチな漫画や動画、ラブグッズなどです。それらを吟味できる時間を設けられるのも、夜のオナニーの醍醐味といえます。

ラブグッズの中でも、特におすすめなのがさくらの恋猫です。 普段は膣を引き締めるグッズとして使用でき、夜はラブグッズとして使用できる優れものです。

膣の引き締めは感度アップにつながり、さくらの恋猫は家事や仕事の最中にも使えます。ラブグッズとして使用するときは、アプリと連動して振動するので、膣内の刺激も十分に行えます。

夜のオナニーは、就寝の30分前までに終わらせておくと、ぐっすりと就寝しやすくなります。



▼SNSで話題!リアル感のある一人エッチを楽しめるラブコスメ【商品の特徴】
・動画やボイス、漫画に合わせて振動するので、シてる感覚を楽しめる
・膣トレしながら感度も磨けて女性ホルモンを活性化。色気のある女性に

さくらの恋猫 NUKUNUKU

https://www.lovecosmetic.jp/

オナニー後ぐっすり眠れる

オナニー後、ぐっすりと眠れると実感する女性が多くいます。 オナニーそのものは運動しているような効果があるので、適度な疲労感を得やすいのです。

ぐったりと疲れてしまうほど激しい運動ではないので、就寝前の運動としてもぴったりです! 寝付けないときにオナニーをしてオーガズムを感じると、驚くほどあっさり眠れることもあります。

オナニーはカロリー消費もできるので、ちょっとしたダイエット効果にも期待が持てます。

翌朝スッキリ起きられる

翌朝スッキリ起きられる

pexels.com/

質の高い睡眠は、翌朝の起床時にスッキリ起きられるかに関わってきます。 早く寝ても、何度も目が覚めてしまったり、睡眠の質が低くて寝起きに疲労感を感じることもあるのではないでしょうか。

このような睡眠に関する悩みも、寝る前のオナニーで解消できるかもしれません。 オナニーをすると、幸せホルモンが分泌されて快眠につながります。 ぐっすりと眠れる可能性が高まり、翌朝の寝起きもスッキリです!

熟睡しやすくなるので、眠る前の導入としてオナニーを行うのもおすすめです。

次の日の肌の調子がいい

オナニーでオーガズムを感じると、体温が上がって血液の循環がよくなります。 血行がよくなると、血液中の女性ホルモンが体の隅々まで行き渡りやすくなるのです。

女性ホルモンが活発に全身をめぐると、お肌の調子が整いやすくなります。また、夜間は特に女性ホルモンが活発に動く時間帯なので、普段のスキンケアの効果もアップしやすくなります。十分な睡眠がとれることも加わり、翌朝の肌艶がよくなると感じる女性がたくさんいます。

すっきりした気持ちになれる

オナニー後、眠くなると同時に気分がスッキリした経験を持つ女性も多くいます。 これは、オナニーによって適度にアドレナリンが放出されているからです。

アドレナリンはたくさん分泌されると目がさえてしまうこともありますが、オナニーでは大量にアドレナリンが分泌されることは多くありません。眠気を感じることも重なるので、スッキリとした気持ちになれます。

ストレスの発散の効果も

現代女性は毎日忙しく過ごしており、勤め先や育児などでストレスをため込みがちです。 適度に発散させたい気持ちとは裏腹に、ゆったりとくつろぐ時間が確保しにくく、心身ともにすり減った状態で日々奮闘している人もたくさんいます。

なかなかまとまった休暇が取りにくい状態のとき、夜寝る前のオナニーでストレスが発散できるのでおすすめです。

ストレスをため込むと、心身ともにデメリットしかありません。 オナニーをすることでストレス発散が可能なので、適度なストレスの発散方法の1つとしても生活の中に取り入れておきましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー