オナニーでダイエットができる!?オナニーダイエットの効果や仕組みを紹介
3671 Point
更新

オナニーでダイエットができる!?オナニーダイエットの効果や仕組みを紹介

様々なダイエットがあるけど…。オナニーのダイエットは初めて聞いた!なんて人も多いのではないでしょうか?本当にオナニーでダイエットができるのか、効果や仕組みを公開していきます。

「そもそもオナニーをしている女性は多い?」そんな疑問にたどり着く女性も少なくありません。 実は、8割近くの女性が経験していのをご存知でしょうか?一週間に、2~3回のオナニーをしているというデータもあります。

女性は男性とは違い、セックスや性についての会話をしない傾向が強いですよね。女性同士でもオナニーの話をするなんて、「あり得ない。」と思う女性もいます。

今回は、オナニーの性欲処理以外の使い方をお伝えしていきます。

さて、タイトルにもある「オナニーでダイエットができる」なんてにわかに信じがたいですよね?確かに、オナニーで完璧なダイエットは難しいです。では、オナニーでダイエットとはどのようなことが期待できるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

オナニーダイエットの消費カロリーと満足感は?

消費カロリーと満足感は?

pexels.com/

大好きな彼氏といくら激しいセックスをしたところで、せいぜい消費カロリーは約150キロカロリーです。そんなカロリーでは、ダイエットに程遠いと感じてしまいますよね。太りやすい体質なら効果を期待できないこともあります。

また、太りやすい体質の方は、少しのカロリー摂取でも脂肪になりやすい傾向があるため、オナニーでダイエットが向かないこともあります。

消費カロリーは?

先ほどもお伝えしましたように、大好きな彼氏といくら激しいセックスをしたところで、消費カロリーは約150キロカロリーです。オナニーでも60~80キロカロリー程度と、かなり少ない消費カロリーになっています。そんなカロリーでは、ダイエットに程遠いと感じてしまいますよね。

しかし、オナニーで食欲を抑えることができれば、摂取カロリーを最小限に抑えることができると思いませんか?具体的な数字を出すことはできませんが、カロリーを抑制することができるのです。

脳が満足感を得られるようになるとダイエットの効果を期待できる

質のいいオナニーは、心地いいオーガズムを感じやすく、脳が満足感を得やすくなります。 また脳が満足感を得ると、食欲抑制につながります。たとえば、恋愛をすると食事がのどを通らなくなると言った女性が多いように、性欲と食欲も関係しているのです。

脳がオナニーで満足感を得ることで、食欲抑制につながります。そのため、余計なカロリーを摂取しなくなることから、ダイエットを期待できるということです。

まだ、ピンと来ている方は少ないかと思います。次の章では、そんな仕組みをさらに詳しく解説していきますので、オナニーでダイエットが期待できる原理を理解していきましょう。

オナニーでダイエットができる仕組みと理由

女性の手

pexels.com

なぜオナニーでダイエットできるのか、とても気になりますよね?もし、気持ちいいオナニーでダイエットが期待できるなら、一石二鳥に感じます。また、オナニーすることで膣の締まりも良くなるなど他の効果も期待することができるのです。

オナニーでダイエットすることで、さまざまな相乗効果も期待できるなら試してみたい気持ちも強まります。一つ一つ手順を踏んで、理解を深めていくことで、オナニーとダイエットの仕組みを理解できるようになります。

ここからは、オナニーでダイエットができる仕組みと理由を詳しく紹介いたします。

食欲と性欲は同じ

食欲をコントロールする満腹中枢と性欲をコントロールする性中枢は同じ場所にあると言われています。

人は興奮状態になると、アドレナリンが分泌され心拍数と血圧が上がります。興奮や恋愛している状態は、ドーパミンが分泌され性中枢神経を刺激し、ドキドキや赤面することがあります。

いわゆる恋をすると、食欲がなくなると言った具合になるのはこのためです。 また、快楽物質であるドーパミンやアドレアリンが分泌されることで、代謝がよくなりエネルギー消費につながります。

性欲で満足感が得られるようになればカロリー抑制につながる

質のいいオナニーができると、オーガズムの質も上がり、脳が満足感を得られるようになります。さらに、カロリーを消費することより食欲を抑えることが勝り、ダイエットにつながることが期待できるのです。

また、大好きな彼氏とセックスをすることや、質のいい(感じやすい)オナニーを行うことで、快楽物質であるドーパミンやアドレナリンが分泌されます。代謝作用の上昇により、エネルギー消費と食欲抑制の相乗効果も期待することができるのです。

オナニーでも激しく腰を動かすことや運動しているくらい汗をかくことで、さらにエネルギー消費向上も期待することができます。

オナニーで得られるダイエット以外の効果とは?

ダイエット以外の効果とは?

pixabay.com/

オナニーは女性の約8割が週に1回程度行っているというデータがあるように、案外周りの女性たちもこっそりとオナニーを行っているのかもしれません。

もし、ダイエットに効果があるだけでなくそのほかにも効果があるなら、それらをもっと知りたいと思いませんか?

ここからは、そんなオナニーがダイエット以外に与える効果をご紹介していきます。

体力がつく

オナニーは普段使わないような筋肉を使うことがあります。お尻の筋肉や、腹筋、足などに力を入れて行うことで筋肉や体力が付くこともあります。また、力を入れることでオーガズムに達しやすくなり、快感を得られることでしょう。

さらに、オナニー時に膣に力を入れると、膣の筋肉も付くようになり締まりがよくなることも期待できます。膣のしまりがよくなれば、彼氏とのセックスでもその締め付けに彼氏も快感を覚えることでしょう。

セックスでも感じやすくなる

オナニーすることで、彼氏とのセックスで感じやすくなることがあります。また、あなたの快感スポットを開発することができます。もし、彼氏とのセックスでオーガズムを感じられないのであれば、あなたが感じるところを伝えるといいですね。

快感スポットを開発できることで、彼氏とのセックスでも快感ポイントがわかっているので、どこを刺激すればいいのか、彼氏に伝えることができます。上手くいけば、彼氏とのセックスでもオーガズムを感じられるようになるでしょう。

ストレス発散できる

セックスとオナニーでオーガズムを感じることができる、その主な要因は呼吸にあるようです。声を出すことや体を動かし汗をかくような動きが運動にもつながります。そのことが、ストレス発散につながるようです。

オナニーし、快感を得ることでオーガズムを感じ、快楽が癒しやストレス発散につながるので、オナニーが終了した後は、案外気持ちもすっきりしていることもあるようです。

リラックス効果あり

リラックス

pexels.com

セックスやオナニーでオーガズムを感じることにより、幸せホルモンと呼ばれる「エストロゲン」である女性ホルモンが分泌され、リラックス効果が期待できます。

また、オナニー前にリラックスした状態で行うことで、よりオーガズムを感じやすい状態になります。リラックスできる環境を整えておくことが、質のいいオナニーを行うことにつながるのです。さらに、リラックスすることで癒し効果も期待できるのため、ストレス発散につながりやすくなります。

このように、オナニー前にリラックスの準備ができているかどうかによっても、オナニー後にさまざまな効果を得られるかどうか変わってくるのです。

寝付きがよくなる

セックスやオナニーで体が疲れると、眠たくなることもあります。運動しているような疲れを感じることで、良質な睡眠を期待することができるのです。

運動不足の女性は、週に数回のオナニーを行うことで、運動不足解消!までとはいきませんが、体が疲れる程度の状態にすることができます。そのためオナニーが終了した後に体が疲れ、深い眠りにつくことができ、いつもより質のいい睡眠ができることもあります。

朝のウォーキングや軽い運動が、夜に質のいい睡眠につながると言われています。もちろん、朝の光を浴びて心地いい適度な運動は心も爽快な気分になり、また疲れが夜に表れやすく、質のいい睡眠につながるでしょう。

オナニーは興奮する要素もあり、寝つきが悪くなると思われる方も少なくありません。しかし、彼氏とのセックスを思い出してください。セックスが終了した後、そのまま眠りについてしまうことはありませんか?

オナニーやセックスでは、適度な運動のような効果を得られるだけでなく、リラックス効果が表れやすくなることから、寝つきがよくなることがあるのです。

新陳代謝の促進により免疫力の向上が期待できる

セックスやオナニーではドキドキしたり、汗をかくほど腰を動かしたりしますよね?運動しているような感覚になることで、血液のめぐりが良くなり新陳代謝の促進につながります。さらに、代謝がよくなることで血液の流れもよくなり、体温の上昇と免疫力の向上も期待できるのです。

冷え性の女性も多く、冷え性の女性はとくに代謝が悪いことや、不規則な生活習慣から血液のめぐりが鈍る傾向にあります。少しでも、代謝をあげる方法として、運動などが一般的ですよね。わずかではありますがオナニーでも代謝をあげることができます。

Gスポットの開発ができることも

いきなりGスポットを刺激しても快感を得られることはありません。興奮状態になっているところへ、Gスポットの刺激することで開発できることがあります。Gスポットは女性の膣入り口の約5cmのところにあります。

それは、膣の入り口から指の第二関節程度を挿入し、指を折り曲げたところにあります。そこを5~10cmのピストン運動で刺激し繰り返すことで、オーガズムを感じることにつながります。

Gスポットでオーガズムを感じられるようになるまでには時間がかかることがあるので、気長に開発していくことをおすすめします。

さらに女性によって、Gスポットを刺激することで潮を吹くようになる女性もいます。潮を吹けるようになると、セックスのときに男性の興奮度も上がり、盛り上がるでしょう。

ポルチオ開発ができることも

ポルチオ性感帯は、Gスポットよりも奥にありあす。子宮口の近く8~10cmあたりにある突出した部分のことです。自分の指が届かないケースも多く、届いた場合、ぶよぶよとした感じや人によってはこりこりした感じの突起物に感じます。その突起物が、ポルチオ性感帯です。

気持ちよくなるように身体を触っていると、アソコが濡れて子宮が下がってきます。また、指がポルチオに届くことがあり、ポルチオを刺激することができるようになります。ポルチオでオーガズムを感じることができると、これまでにない深い快感を得られることもあります。

ポルチオ性感帯もGスポット同様に開発するのに時間がかかることがありますが、気長にオナニーで開発していくことがポイントです。

さらに、ポルチオは脳神経と直接かかわっていることから、刺激することで感じやすくなる傾向も強まります。クリトリスのオーガズムより、より深い快感を得ることができる性感帯ですので、彼氏ともっと深く感じ合いたい人にもおすすめです。

女性ホルモンの分泌で美容効果を期待できる

エストロゲンという女性ホルモンが分泌されることで、女性の体にさまざまないいことが得られる場合もあります。たとえば、美肌効果、髪質が潤うなどです。また、質のいい睡眠にもつながることと、マッサージによって、胸を大きくすることも可能かもしれません。

このように、セックスやオナニーでは、女性ホルモンの分泌によって、美容効果を期待できる面もあります。さらに、ダイエットができれば、良いことずくめです。

セックスやオナニーが楽しくなる

オナニーでオーガズムを感じられるようなると、彼氏とのセックスも楽しくなるでしょう。これまで、セックスは「痛いもの。」「我慢するもの。」「男性のみが気持ちいい行為」なんて思っていた女性は、これを機に、セックスやオナニーの良さに目覚めることもあります。

セックスやオナニーが心地よく、また楽しくなることで、自分の新たな面を発見できるかもしれません。また、オナニーでオーガズムを感じられるようになれば、彼氏とのセックスでもオーガズムを感じることができ、愛を深めることにもつながります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー