バックが痛い!痛みの原因と気持ちよくなる対処法・痛みを和らげるアイテム
4204 Point
更新

バックが痛い!痛みの原因と気持ちよくなる対処法・痛みを和らげるアイテム

バックの体位で痛みを感じてしまう女性は少なくありません。しかし、バックは男性にとても人気のある体位。なぜ痛みを感じるのか、原因と対処法を知り、彼とのセックスを楽しみましょう。

セックスでバックから挿入されるとき痛みを感じている女性は少なくありません。 しかし、セックスの途中でムードを壊したくないから痛みを我慢していませんか?

ムードを壊したくない気持ちもわかりますが、できることなら痛みは感じたくないものです。 なぜ、バックでの挿入に痛みを感じるのでしょうか。

痛みの原因と、痛みを取りのぞき気持ちよくなれる対処法などを紹介していきます。 バックでの挿入に痛みがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

バックが痛く感じる原因

ベッドで膝を抱える女性

pexels.com

なぜ、バックの体位で痛みが出るのか考えられる原因をみていきましょう。 痛みを感じる原因には、男性の興奮、あるいは女性の気持ちが深く関わっています。 バックの体位でなぜ痛みが生じるのか、自分の状況と当てはめながら読んでみてください。

前戯が足りていないから

前戯が十分でない場合に、痛みを感じることがあります。 挿入前にしっかりと前戯がないと、女性器が濡れが足りず痛みを感じてしまうのです。

男性が十分に前戯をしているつもりでも、女性にとって不十分なことも。 俗に「手マン」と呼ばれる愛撫を、AVのように力任せにする男性は少なくありません。

力任せの前戯では、愛撫される女性は痛くて濡れることができず、そのままバックで挿入をされると摩擦でさらに痛みを感じてしまいます。 強引な挿入は膣を傷ついてしまうこともあるため、痛みを感じたらすぐ伝えるようにしましょう。

膣の奥まで挿入されるから

バックはほかの体位に比べ、膣の奥まで男性器が挿入されます。 そのため、子宮を突かれることで痛みを感じやすいといえます。 正常位なら痛みを感じない人であっても、バックになると挿入できる深さが変わるため痛みが出るのです。

女性は痛みを感じやすいバックですが、膣の奥まで挿入できるため男性とっては気持ちがいい体位。 そのため、喜んでほしくて痛みを我慢してしまう女性も少なくありません。

深い挿入は徐々に慣れることもありますが、慣れるまではほかの体位も試すなど彼にも協力してもらいましょう。

男性が興奮しすぎるから

歓喜する男性

pexels.com

女性がバックで男性器を受け止めてくれている姿に興奮を感じる男性は多いようです。 女性がおしりを突き出して感じている姿に、エロスを感じるのです。 そのため、興奮のあまり激しく突き動かしてしまい、女性が痛みを感じることも。

普段は恥じらいを見せている女性が、大胆なポーズをしていると視覚から男性の興奮はあがってしまい理性がとびやすくなります。 ついつい動きが激しくなってしまうのは、そんなあなたの姿に興奮している証拠といえます。

慣れていないから

バックからの刺激に慣れていないことも原因のひとつとなりえます。 性的な経験が浅い、またはセックスの経験はあってもバックでの経験が少なければその刺激に慣れていません。

バックでの挿入は、徐々に慣れる人も多い体位です。 初めは痛みを感じていたけど、次第に快感に変わったという女性も少なくありません。 それでも、「痛い」と感じているときは無理せず彼に伝えましょう。

男性にゆっくり動いてもらったり、セックスの最後の方にバックの体位を持ってきたりと工夫をしてみるのもいいでしょう。 痛みを体が覚えてしまうとセックスに拒否感が出てしまうため、慣れるまでは無理は禁物です。

緊張しているから

過去のバックの体位で体が痛みを覚え、緊張している可能性があります。 体が緊張するとうまく濡れることができず、より痛みを感じるのです。

途中まではセックスを楽しめていたのに、バックになると「また痛むかもしれない」と体が構えます。 これは「バック=痛い」と脳が認識してしまい、痛みに過剰に反応しているのです。

女性の心と体は深く関係しています。 リラックスできないとセックスも楽しめません。 我慢したままバックをし続けると、セックス自体に恐怖を感じる可能性もあるでしょう。

男性器が大きいから

バックは正常位よりも深く挿入されます。 そのため、正常位なら平気だった男性器の大きさが、バックだと痛く感じることがあります。 男性器が大きい場合も痛みを感じやすくなります。

また、騎乗位も奥まで入るため、痛みを感じる可能性があるでしょう。 ローションやゆっくり動くことで、ある程度痛みを軽減することができます。

しかし、男性器の大きさに関しては小さめに勃起させてもらうなんてできません。 バックが痛くて彼とのセックスそのものが怖くなるくらいなら、バック意外の体位でお互いの満足を探しましょう。

生理中または生理前だから

生理中や生理前に、バックから挿入をすると痛みを感じやすい傾向です。 生理中、生理前は子宮が下がり子宮口が柔らかくなった状態になります。 生理前の膣内は、充血し収縮しやすくなるので普段よりも子宮口、膣が柔らかくなっています。 この柔らかい部分が刺激されることで痛みに変わるのです。

痛みを感じやすいところに、興奮した男性が激しく動くと腹痛にもつながりやすいでしょう。 生理中、生理前の女性の体はとてもデリケートです。 我慢や無理はせず、セックスは控えるようにしましょう。

バックが痛いときは病気の可能性もある

悩む女性

pexels.com

バックが痛いのは男性器との相性の問題や、体位の慣れの問題などもあります。 しかし、なかには楽観視できない痛みもあるので注意が必要です。 バックやほかの体位でも痛みが出る「性交痛」の原因は、もしかすると病気のせいかもしれません。

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内膜が子宮の外側で育つ病気。 子宮内膜症は、性行為での痛みが一般的な症状とされます。

骨盤内で子宮内膜症が進行すると、骨盤組織と臓器が癒着することがあり、セックスでの深い挿入で痛みを感じる可能性があるのです。

子宮内膜症は強い生理痛をともなうのも特徴。 生理痛がひどい人だと、仕事に行くのも困難になるほどです。 普段から生理痛が重く、バックでの痛みがある場合は、一度婦人科を受診してみましょう。

チョコレートのう胞や骨盤内腫瘍

のう胞とは、分泌物が袋状に溜まることです。 卵巣にできるのう胞は一時的に経験する女性も多く、ほとんど場合無害なので心配はいりません。

子宮内膜症が進むと、卵巣内にのう胞を作ります。 これがチョコレートのう胞です。 チョコレートのう胞を持っている人の場合、最初は良性でも後に癌化することがあります。

骨盤のうのう胞(骨盤内腫瘍)の多くは卵巣嚢腫とされますが、子宮筋腫の一部、後腹膜腫瘍などの可能性もあり、もちろん自己判断はできません。

放置すると不妊につながりかねないため、早めに婦人科受診をしましょう。

性感染症

性感染症は無症状のものもありますが、痛みをともなうものも少なくありません。 とくに「クラミジア」「淋病」などの感染症は、膣から子宮・卵管・卵巣と広範囲に広がり炎症を起こします。

性感染症にかかっていなくても、過去にかかっていた場合、性交時に痛みが出ることもあるようです。 知らないうちに性感染症にかかり、症状がないまま痛みが出ている可能性があります。 気になる症状や痛みがあるときは、念のため専門医に診てもらいましょう。

子宮筋腫

子宮筋腫の大きさと位置によっては、性交時に痛みが出る可能性があります。 慢性的に膣や外陰部に炎症が続いている人は、一度子宮筋腫の検査を受けた方がいいでしょう。

ただし、筋腫の大きさや、痛みが出ない場所に筋腫があると性交痛として現れないため、普段から自分の体の変化に敏感である必要があります。

子宮筋腫の性交痛以外の症状としては、過多月経、貧血、不正出血、月経困難症などもあるので、毎月の自分の体調をチェックしておきましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー