中イキしてみたい!中でイク超絶気持ちいいセックスをする方法
2869 Point
更新

中イキしてみたい!中でイク超絶気持ちいいセックスをする方法

普通のオーガズムより、中イキは比べものにならないほど気持ちいい!?中イキは未経験、中イキがなかなかできない人も必見!中イキする方法やコツ、中イキのため膣トレも紹介します。

女性の皆様、中でオーガズムって感じてますか? 膣でのオーガズム、いわゆる「中イキ」は外でイクよりも気持ちが良いと言われます。 満足度が比べ物にならないくらい高いオーガズムで、中イキする女性の中には「病みつきになる」と言う人もいるほどです。

また、中イキできるようになると、男性と同じタイミングでオーガズムに達することもできます。 そのため、彼との深い愛情や多幸感も味わえるのです。

今回は、意外と知らない女性のオーガズムについて考えていきましょう。 中イキできる方法についても紹介していきますので参考にしてください。



▼キュッと引き締まった名器づくり最高に気持ちいいセックスへ

膣トレセット

https://www.lovecosmetic.jp/

中イキとはどんなオーガズム?ほかのオーガズムとの違い

オーガズム

pexels.com

まずは中イキ、外イキ、奥イキなど「オーガズム」について解説します。

女性のオーガズムはひとつではありません。 種類によっては経験したことのあるオーガズムもあるでしょう。

それぞれのオーガズムにどのような違いがあるのか詳しくみていきましょう。

クリトリスで感じる「外イキ」

女性の多くが感じたことのあるであろうオーガズムの「外イキ」。 ここでの外とは「クリトリス」のことを指します。

クリトリスは一番刺激が与えやすく、オーガズムに達することがしやすい方法ともいわれています。 クリトリスへの刺激が容易にできるローターを使ったオナニーでも、イった経験のある女性も多いのではないでしょうか。

クリトリスは男性器の亀頭部分にあたります。 快感神経が集まっているため、刺激を与えることで簡単にオーガズムに達することができるのです。

外イキするとよりクリトリスが敏感になります。 オーガズム後にクリトリスを触られると逃げ腰になるほど感じることも。

膣のGスポットで感じる「中イキ」

中イキの経験がなくとも、「Gスポット」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 Gスポットとは女性の膣内にある性感帯。 Gスポットがあるのは、恥骨の裏側あたり、膣口から4~5センチほどの膣のお腹側の位置です。 個人差はありますが、だいたいこの辺りにGスポットがあるといわれています。

Gスポットがうまく刺激されると、外イキよりも深い快楽を感じます。 気持ちよさが、下半身から全体を覆っていくと表現する人もいます。 中イキを覚えると、1度のセックスで何度も中イキしてまう女性も少なくありません。

ポルチオ性感帯で感じる「奥イキ」

中イキに似ていますが、より高度といわれるオーガズムの「奥イキ」。 ポルチオ性感帯は子宮口付近にある、子宮が少し飛び出している部分のことを指します。 膣の奥の方にある性感帯のため、なかなか刺激が難しいようです。

奥イキは、全身に響き渡るようなオーガズムがやってきます。 全身が性感帯になってしまう、と表現する女性も少なくありません。 体が痙攣してしまい、長く気持ちいい状態が続くこともあるほど。 奥イキは肉体的な満足度だけでなく、精神的にも多幸感があるとされています。

中イキを経験する女性は少数派

セックスをする女性のすべてが、中イキを経験できるわけではありません。 相手との信頼関係や体の相性、自分自身で自分の性感帯に気付いているかなども大きく関わりがあります。

中イキできない女性に対して「不感症」などと心無い言葉を言う人もいるようです。 しかし、そんなことはありません。

女性のオーガズムは男性のオーガズムとは違い、刺激をしたら必ずイケるというものではないのです。 中イキできないとしても、自分を責めることや、どこかおかしいのではないかなど悩む必要はありません。

中イキは外でイク感覚とは全然違う!

外イキは一瞬のうちにオーガズムに達し、達したあとクリトリスに触れられるとくすぐったかったり痛みを感じたりします。 そのため、クリトリスで連続して外イキをすることはほぼありません。 対して、中イキは連続して何度もイクことができるといわれています。

中イキを経験した女性は「ふわふわする」「頭が真っ白になる」「電気が走る」などの表現でオーガズムを語ることが少なくありません。

あきらかに、外イキよりも中イキの方が強烈な快感であることがわかることでしょう。 それほど、中イキと外イキは違うものなのです。

中イキできないのはなぜ?

女性

pexels.com

中イキができるようになると、セックスがより楽しくなるでしょう。 彼とのベッドタイムが病みつきになる可能性もあるかもしれません。

しかし、現実には中イキできない女性が多いのも事実。 中イキは、難しいオーガズムといえます。 なぜ、中イキできないのが原因をみていきましょう。

緊張していている

女性の体は緊張していると快楽を感じられません。 セックスの経験が少なかったり、過去にセックスの途中で痛みを感じたり、体が硬く筋肉が緊張していたりするとオーガズムに達せないことがあるのです。

また、男性の反応を気にしすぎるあまり、快楽を感じられないことも。 喘ぎ声が大きくて引かれないか、自分の感じ方は変ではないかなど心配事が多いと、快楽に集中できないのです。

まずは、緊張している体をほぐして男性を受け入れましょう。 快楽に集中して身を任せられるようになると、中イキもしやすくなります。

十分に濡れていない

前戯が短く、十分に濡れていない状態では中イキは難しくなります。 丁寧な前戯は男性の愛情をしっかり感じられ、体も心もリラックスした状態になります。

ところが前戯が短いと、挿入前に体も心も準備ができていなかったり、男性が自分を雑に扱っているように感じたりしてセックスに幸福感がもてません。

女性の心と体は密接にリンクしています。 心と体をほぐすためにも、男性に十分な前戯をしてもらいましょう。 前戯でリラックスして膣のうるおいが出ると、中イキしやすい状態になります。

刺激が足りない

中イキには膣内の刺激が必要です。 Gスポットやポルチオ性感帯に十分な刺激が与えられないと中イキは難しいでしょう。

女性が中イキする前に、男性がすぐにオーガズムに達してしまう場合も中イキできません。 ほかにも、男性の女性の体に対する知識不足や、自分勝手なセックスをする男性であれば、中イキは難しくなります。

また、自分の性感帯がわからない場合も快楽を感じにくいため、恥ずかしがらず自分の性感帯を知ることもおすすめ。 自分の気持ちいい場所を把握できると、セックスでも自然とGスポットやポルチオ性感帯にもっていくことができるでしょう。

膣内が未開発

膣内の性感帯が未開発だと、中イキは難しいでしょう。 大半の女性は、自慰行為・オナニーに抵抗があります。 外のクリトリスを刺激することはできても、「膣内を自分で刺激することには抵抗がある」という女性も少なくありません。

しかし、自分の快感を探すことは悪いことではないのです。 オナニーに対する罪悪感を捨て、自分の体を知りましょう。

爪を切って清潔にした自分の指で膣内を触っていると、性感帯の位置も次第にわかるようになります。 専用のラブグッズで膣内を開発するのもおすすめです。

イクことに抵抗がある

どれだけGスポットを男性に刺激されても、自らイクことに抵抗を感じていてはオーガズムに達することができません。

イクことに抵抗を感じるのは、さまざまな理由があります。 イクときのリアクションが恥ずかしい、オーガズムで自分の体がどのようになるのか不安、オーガズムを感じている自分の姿を見て彼が引かないか心配、など多様な悩みがあるのです。

セックスで気持ちよくなりたいのであれば、難しく考える必要ありません。 感じるままに感じましょう。 男性も、女性が制御不能なほど感じているのは引くどころか嬉しくてたまらないものです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー