テレフォンセックスの魅力とは?やり方やおすすめのラブグッズを紹介
3803 Point
更新

テレフォンセックスの魅力とは?やり方やおすすめのラブグッズを紹介

今回は、離れているカップルにおすすめの、電話を活用した「テレフォンセックス」について解説します。また、誘い方ややり方、セックスの流れ、おすすめのラブグッズも紹介します。

「テレフォンセックス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、電話を活用したセックスのことで、離れたところにいるパートナーとの心の距離を埋めるコミュニケーションのひとつです。

今回は、テレフォンセックスについて詳しく解説します。テレフォンセックスの誘い方や、テレフォンセックスの流れ、テレフォンセックスを盛り上げるためにおすすめのラブグッズなども紹介します。

テレフォンセックスとは?

電話する女性

pexels.com

「テレフォンセックス」という言葉に馴染みがない女性もいるかもしれません。 しかし実は、多くの女性が体験したことがあるセックスのひとつでもあります。

なかなか会うことのできないパートナーとのコミュニケーション手段としておすすめのプレイです。 ここでは、テレフォンセックスの定義や、リアルなセックスとの違いなどを解説していきます。

テレフォンセックスの定義

「テレフォンセックス」とは、電話を使ったセックスのことです。 正確には、電話越しで実際にセックスをしているかのように、お互いが気持ちよくなることを言います。

テレフォンセックス自体は、テレクラが流行った時代があるように、昔からあるプレイのひとつです。ただし最近では、スマートフォンの普及に伴い、画像や映像を使ったテレフォンセックスも行われるようになりました。

あるアンケートの調査結果によると、約5割近い女性が「テレフォンセックスをしたことがある」と回答しています。実際のセックスとはまた違った魅力があるようです。

どんなカップルにおすすめ?

テレフォンセックスは離れて行うのが醍醐味なので、遠距離恋愛中のカップルに特におすすめです。

なかなか会うことができず身体のつながりを持たないことへの不安や寂しさを埋められるのがテレフォンセックスです。

相手の声を聞くことができるうえ、ふたりでいっしょに気持ちよくなることで、心の距離も近くすることができます。気持ちよくなることだけでなく、会えないことで生まれるストレスも解消されるでしょう。

また、普段のセックスでは物足りない人や、新しいプレイを開発してみたい人にも、テレフォンセックスはおすすめです。

無料通話アプリを活用する

最近では、スマートフォンが普及したことにより、さまざまな無料通話アプリが手軽に使えるようになりました。

テレフォンセックスは、最初は何気ない会話から始まり、徐々に盛り上がっていくものです。事前に約束していたとしても、時間が読めるわけでもありませんから、なるべくお金がかからない方法で臨むのが良いでしょう。また、テレビ通話機能のある無料通話アプリも多数あります。

テレフォンセックスでは、LINEのビデオ通話機能を使ったり、zoomなどの映像が見られるツールを使うのもおすすめの方法です。

リアルセックスとの違い

リアルセックスと、動画を使わないテレフォンセックスとの大きな違いは、視覚に頼ることができないため、聴覚だけが頼りとなります。

リアルなセックスでは身体を使ったテクニックで、相手を気持ちよくさせることができますが、テレフォンセックスではそれができません。また、リアルなセックスでは相手の様子を見ながら展開を考えることができます。

スキンシップや会話も、相手の反応を見ながら混ぜていくことができますが、テレフォンセックスではそれができません。相手の状態もわからないまま、声と音を頼りに、想像力と妄想力を働かせることが重要となります。

テレフォンセックスをする方法

寝そべってスマートフォンを操作する女性

pexels.com

なかなか会えないパートナーと、いざテレフォンセックスをしてみたいと思っても、どのように誘ったら良いか悩む女性は多いでしょう。

性に対してあけっぴろげなカップルであれば気にならないかもしれませんが、「テレフォンセックスしよう」とストレートに誘うのも気が引けます。

ここでは、テレフォンセックスへ持ち込む方法や、テレフォンセックスの流れを解説します。

状況を細かく確認する

テレフォンセックスは、周りに誰もいない、プライベートな空間でこそ成り立つものです。つまり、相手の状況が整っていなければ、テレフォンセックスをすることはできません。

急に電話をしても、なかなかテレフォンセックスに持ち込むのは難しいものです。まずは相手が現在、どこで何をしているのか確認しておきましょう。

たとえ仕事が終わっている時間帯でも、外出していることもあるでしょうし、誰かといっしょにいる可能性もあります。まずは、「今ひとり?」と尋ねてみましょう。

テレフォンセックスに誘う

いざテレフォンセックスに誘う場面では、どのように話を持ちかけたら良いか悩んでしまいがちです。

そんなときは、自分のさみしさを打ち明けてしまいましょう。 「最近、夜はとってもさみしくて…」ということから話し、「最近エッチしてないよね」など、徐々に色っぽい話に持っていきます。

そのまま、今の自分の服装や下着を伝えたりして、相手の想像力を掻き立てるトークをすると良いでしょう。テレビ通話の場合は、胸元のきわどいアングルなど、思わず男性が目をやってしまう角度を映しこみます。

自分の色っぽい話を積極的に話すのが苦手な人は、人の話やフィクションなどを「そういえば、こんな話があるんだけど…」と伝えてとっかかりにするのも良いでしょう。

布団の中でムードをつくる

テレフォンセックスの雰囲気ができてきたら、布団の中に潜り込んでしまいましょう。「いま布団の中にいるんだ」と伝えれば、より一層相手の妄想をかきたてることができるでしょう。また、布の擦れる音は、相手にとっても状況を想像することができ、スイッチが入りやすくなります。

また、布団の温もりを感じることも大切です。 人肌がないぶん、自分であたたかい場に身を置くことによって、よりイメージを膨らませることができます。寒い中では、なかなかひとりぼっちのさみしさが拭えません。

音を出す

テレフォンセックスは、視覚がないぶん、音が重要な要素になります。音の出し方がいつもより大きめになるよう、意識しましょう。

声を出すときは、喘ぎ声よりも吐息を聞かせるようにします。喘ぎ声は控えめのほうが、自分自身も周りのことが気にならないだけでなく、相手にも色気を感じさせることができます。また、電話口だと大きな声よりも、ひそやかな声の方が聞き取りやすいでしょう。

性器に触れる音を聴かせても良いですし、自分の指を舐めるなどして、わざと色気のある音を演出しても良いでしょう。

言葉で表現する

テレフォンセックスは相手が見えないぶん、言葉で表現することが大切な要素になってきます。

自分が感じている様子も、実況中継のように事細かに説明しましょう。 実際のセックスを想像しながら、性器の状態を言葉で表現することで相手の興奮度は増します。

コツは、自分の状況を詳しく描写するように話すことです。 「乳首が固くなってきちゃった…」「アソコがぬるぬるしてるの…」といった具合に具体的に伝えましょう。

お風呂上がりや布団の中で、どんな格好でどんな風にに過ごしているか、下着の色や形なども伝えると、より良いでしょう。

実況中継のように状況を伝える

テレフォンセックスのポイントは、お互いの様子を詳しく実況することです。 また、相手が言ったセリフを繰り返すのもおすすめです。

たとえば、「大きくなってきた」に対しては、「大きくなってきたんだね」と返します。

テレフォンセックスとはいえ、実際にやっていることはひとりエッチのようなものです。そのため、どうしても声を殺してしまったり、上手に言葉で表現しきれない人もいるかもしれません。

しかし、表情が伝わらない以上、言葉や音で気持ち良さを伝えることが、テレフォンセックスの醍醐味にもなります。

おねだりや言葉責めを取り入れる

相手に具体的な触り方や力加減を表現してもらうと、より一層、リアルに感じることができます。 挿入の仕方や体位なども、言葉で表現しあいながらイメージしていくと良いでしょう。

相手に対しても、「今何してる?」「どうなってる?」と尋ねてみましょう。 M気質の相手であれば、それだけで十分興奮してくれます。

また、「こうしてみて」とおねだりすることや、ちょっと意地悪な言葉責めも取り入れてみるとよいでしょう。

ただし言葉責めは、相手の性格や、普段のセックスでの様子を見て、好みそうだと思う場合に取り入れるのが良いでしょう。

男性に触れているような音を出す

音を出すコツとは、まるで男性の性器に触れているかのような音を出すということです。視覚情報がないぶん、電話口では音が頼りです。

たとえば、舌で下くちびるを弾いて音を出したり、ペニスと同じサイズくらいの小物を口に含んで実際に舐め、音をわざとらしく出すテクニックがあります。

太めのボールペンや、スプーンの持ち手などでも良いので、手頃なものを使って音を出していきましょう。もちろん、自分の指を使ってもOKです。

唾液は多めに、クチュクチュという音を立てるイメージです。

いつもより大胆になる

テレフォンセックスに慣れていない人は、自分の恥ずかしい姿を言葉で表現することに抵抗があるかもしれません。しかし、電話越しだからこそ、いつもよりも大胆になることが必要です。

相手が見えない分、いつもの自分を捨てて、大胆になれると考えてみましょう。

テレフォンセックスの醍醐味は、妄想力を使って楽しむということです。 お互いにして欲しいこと、触って欲しいところを伝えあい、興奮し合えるようにしましょう。

また息づかいをわざと荒くしたり、こまめに声をかける工夫も必要です。

フィニッシュはタイミングを合わせる

テレフォンセックスでは、力加減や動きを伝えることが難しいため、絶頂が近づいてきたら、声や息づかいでその様子を伝えましょう。同時にフィニッシュしたいのであれば、タイミングを合わせる必要があります。

「もう我慢できない」「イキそう」など、自分の状態を伝えつつ、相手を興奮させるセリフも取り入れていきましょう。

相手の状態を確認しながら、フィニッシュを合わせられることが理想ですが、もしもタイミングがずれ自分の方が先にイッてしまった場合は、相手への配慮が必要です。

相手の気分が下がらないよう、まだ自分も絶頂に達していないかのように演技するのも優しさです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー