処女はローションを使うべき?初めてでも痛みを感じにくい方法とは?
2517 Point
更新

処女はローションを使うべき?初めてでも痛みを感じにくい方法とは?

処女なのに、初エッチの時にローションを使うのはアリ?彼氏に引かれないか、気になっている女性も少なくありません。痛みを感じにくい方法を身に付け、彼氏とのセックスを楽しみましょう。

「初めてのエッチで、痛みを感じたらどうしよう...。」そんな不安は、セックスを遠ざけてしまいます。セックスが気持ちいなら、初めてでも不安になることはありません。初めてのセックスでも、彼氏と楽しめるセックスを目指したいものです。

今回は、処女の方がセックスを楽しむために、ローションを使用し痛みを和らげることでセックスへの不安を解決していきます。処女だからこそ、正しい解説と仕組みを知っておくことで、セックスへの間違った知識を覚えることもありません。正しい知識で、セックスを楽しめるといいですね。

処女が痛みを感じる原因とは?

感じる原因とは?

pexels.com

「彼氏と次のデートで、セックスをしたい。」でも、「初めてのセックスは、痛みがある」なんて聞いたことがある女性は、「どんな痛さなの?」と、気になりますよね。

処女を彼に捧げるという素敵な選択をしたにもかかわらず、セックスでの痛みが気になり、彼氏とのセックスに踏み込めないなんて、もったいないです。

ここではそんな対策法を紹介し、正しい知識を身に付けてもらいます。まずは、処女が痛みを感じる原因から探っていきましょう。

処女膜が損傷する

女性には、処女膜というものがあります。処女膜は膣の入り口付近にある粘膜状でできた組織になります。処女が初めて性行為を行うとき、男性のペニスが挿入されると同時にその膜が破れたり伸びたりすることで痛みを感じるのです。

痛みは個人差があり、痛みを感じないという女性もいます。はじめてのセックスで痛みを感じる女性の多くは、処女膜以外に他の原因と重なることで痛みにつながることがあります。

初めてのセックスで緊張している

初めてのセックスで緊張し、体がこわばることで思うように気持ちよさを感じることができないケースがあります。処女膜が破れることと、同時に初めてのセックスで緊張していることが原因で痛みを感じてしまうことがあるようです。

初めての経験は、どんなことでも程よく緊張し、未知の体験になりますので、なかなか初めからリラックスすることができないものです。

ℍ締めてのセックスでも、緊張しないようなら痛みも軽度のものかもしれません。

膣が濡れていない

緊張からか思うようにリラックスができずに、膣が十分に濡れないこともあります。お互いに初めてのセックスだった場合、男性もどうやって女性の膣を濡らせばいいのかわからないこともあるでしょう。

お互いに緊張し遠慮することで、充分に膣が濡れていないうちに挿入してしまうことも要因になり、挿入時に痛みを伴うことは充分に考えられます。

男性は、セックスの教科書がAVなどになるので、とくにセックスの経験が少ない男性は、激しくすれば気持ちいいなんて勘違いしていることもあるようです。

痛みがあるか不安に感じている

初めてのセックス前に、痛みがあるなどさまざまな情報を調べすぎて、不安になっていることもあります。また、痛みを感じてしまうことで、彼氏のやる気を損なってしまわないか、気になる女性もいるようです。

そこで、痛みが気になる方は、潤いとリラックス効果のあるラブコスメ リュイールホットがおすすめです。

また、彼氏を官能的な香りで誘うリビドーロゼもおすすめです。 2人のエッチな気持ちを盛り上げるアイテムとして使うこともできます。

使い方はあなた次第です。いいアイテムで、痛みや不安から解消されるといいですね。

▼カレとのこんな悩みを解消・気になるカレと一線を越えたい
・最近誘ってこない
・マンネリで冷めている
夜のスイッチを入れる「ベッド専用香水」

リビドーロゼ

https://www.lovecosmetic.jp/

▼ベッドの上で差がつく!秘密のコスメ92%の女性が気持ちよくなったHの方法とは!?

ラブコスメ リュイールホット

https://www.lovecosmetic.jp/

処女がローションを上手く使うには?

女性

pexels.com

初めてのセックスでは、できるだけ痛みを感じたくないですよね。ローションは緊張を和らげるほか、上手く使うことで痛みを軽減でき、また気持ちよくなることも期待できるのです。

処女の方は「どうやってローションを使うの?」なんて思うこともあるでしょう。

ここからは、処女でもうまくローションを使いこなせる方法をご紹介していきます。彼氏との初めてのセックスで、ローションを使用したいと考えている方は、必見です。

前戯にたっぷり時間をかけて濡れた状態に

処女であることを彼に伝え、痛みを感じないように前戯にたっぷりと時間をかけてもらうことが大切です。はじめてのセックスで、セックスが好きになれるかどうかが決まるからです。前戯に時間をかけることで体の緊張もほぐれ、感じやすくなります。

さらに、アソコが濡れにくいと感じる場合、ローションを使って前戯に時間をかけることで痛みを軽減できる可能性もあります。

彼氏もセックスがはじめてで、前戯を焦っているように感じたら「いっぱい感じてみたい。」「もっとお互いの体を触ろうよ。」なんて可愛く前戯の時間を取ってもらえるよう、お願いしてみましょう。

初体験での準備は万端に

初めてのセックスでは、準備は万全にしておきましょう。

コンドームは彼が用意してくれていても、ローションまでは気づかないこともあります。心配なら、ローションがたっぷりついているコンドームを用意しておいてもいいですね。

はじめてのセックスで、処女なのにローションやコンドームなどを自分から用意をすることが恥ずかしいと感じる女性は、インターネットで購入することができます。

どんな成分が入っていて、どんなことを期待できるのか、最近では種類も豊富にあるので迷ってしまうこともあるでしょう。セックスすることがわかっているなら、彼氏もあなたが準備をしてくれたことを嬉しく感じるかもしれません。

ラブグッズは相手を思いやり、また自分も気持ちよくなれるアイテムであることから、多くの男性はセックスに前向きな彼女の姿勢に嬉しく思うでしょう。

気持ちいいセックスを心がけてもらう

処女であることを伝え、彼に気持ちよくなるようなセックスをお願いしてみるのもいいですね。やんわりと可愛らしく、お願いしてみると雰囲気も盛り上がるでしょう。

前戯に時間をかけ、お互いに気持ちよくなるポイントを探しておくことで、セックスも盛り上がり、楽しいものだと感じるのです。このようにお互いにセックスが心地いいものだと認識すれば、セックスでの痛みを感じることは少ないでしょう。

はじめてのセックスで痛みを和らげる方法

痛みを和らげる方法

pexels.com

「初めてのセックスでは痛みを感じないか?」と心配になることがありますよね。「痛みがないなら、セックスが怖くないのに...。」なんて意見もあるようです。

ここからは、痛みを感じにくくなる方法、そして実際に実践できる内容をお伝えしていきます。 ぜひ、ご自身や彼氏とのセックスで役立ててみてくださいね。

リラックスがポイント

まずは、リラックスできるいい雰囲気作りが大切です。

リラックスができていなければ、体が緊張しこわばることで、セックスでも痛みを感じやすくなってしまいます。お気に入りのボディークリームや、香りのいいアロマなどを炊いて心地よくリラックスできる雰囲気を整えましょう。

また、初めてのセックスですので、きちんと2人きりの空間を作ることができるよう、場所選びも大切です。心置きなくセックスを楽しめる状況であることが大前提に、リラックスアイテムで気分を盛り上げるようにしていきましょう。

事前にオナニーしておくことも

彼氏があなたのことを処女だと知っていても、やはり挿入時に痛みを感じないかか怖いものです。

それならば、事前に自分で開発しておくことも、痛みを和らげることにつながります。女性でもオナニーをすることがはじめてなら、どこをどうやって刺激すればいいのかわかりません。

まずは、オーガズムを感じやすい性感帯であるクリトリスから刺激してみてはいかがでしょうか?クリトリスは、包皮と呼ばれるビラビラしたヒダのような花びらを左右に剥き、ピンクに突起した5mm程度の部分になります。そこを触ってみたり、ローションを付けて刺激するのもいいですね。

あなたが感じ、オーガズムを覚えることで、セックスでも快感を得られることにつながります。彼氏のために、あなたのために、愛を感じ合えるセックスにつながるなら、オナニーを行うことは恥ずかしいことではありません。

ある程度体の仕組みを知っておくことは大切

自分の体の情報はもちろん、女性専用のアダルト動画でもかまわないので、男性の体についても知っておくことが大切です。

とくに初めて同士のセックスでは、お互いに相手のアソコを見て「気持ち悪い」「グロイ」「エグイ」といった意見をしばしば耳にします。あらかじめ予習済なら、彼氏の大きくなったアソコを見ても、動じることはありません。

また、彼氏のアソコが大きくなることで「あ、今彼氏は私の体を見て、興奮しているんだな。」なんて気持ちがわかるようになるでしょう。愛のあるセックスをしたいなら、彼の体の反応やあなた自身の体がどのように反応するのか、調べておきましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー