まんこの毛の処理…剃る?抜く?アンダーヘアの正しい手入れ方法とは
2352 Point
更新

まんこの毛の処理…剃る?抜く?アンダーヘアの正しい手入れ方法とは

デリケートゾーンの除毛は、ほかの人と比べられないので、みんなどう処理しているか気になるものです。今回は、アンダーヘアの処理方法や男性の意見など、女性必見の情報をご紹介します。

ムダ毛処理を行う中でも、アンダーヘアのケアはほかの女性と見比べるものではないので、ほかの人がどう処理しているのか気になるものです。

処理方法などにも迷う人がたくさんいるでしょう。ケア方法の種類など気になる情報をご紹介します。

聞きにくいアンダーヘアの形状や男性が女性のアンダーヘアを見たときに感じることなどについてもまとめています。自宅での処理だけでなく、サロンでの処理方法、Vラインのデザインも要チェック!

まんこの毛のお手入れはどうしてる?

まんこの毛のお手入れ

pexels.com

アンダーヘアの処理は、どんなに仲がいい友人どうしても話題になりにくいデリケートな内容です。自分ではこうしているけれど、ほかの人はどうしているのかというのは気になる人も多いのではないでしょうか?

では、ほかの人がどのようにアンダーヘアの処理を行っているのかをご紹介します。自分の現在の処理方法などと照らし合わせて確認してみましょう。

ケアしない・生やしたまま

じつは、アンダーヘアについて、特別な処理を行っていない女性はたくさんいます。特別な処理を行わない大きな理由として、デリケートゾーンが近く、鏡を見ての処理がほかの部位よりも難しいからです。

普段人に見せる場所でもないので、ケアすべきという気持ちが高くなりにくいのです。しかし、男性が彼女のアンダーヘアを見たときに、全く処理を行っていないとなると、内心少し驚いているかもしれません。

セルフケアしている

自宅で、簡単なセルフケアを行う女性もいます。自宅でのケアは、自分の気が向いたときやたっぷり時間が取れるという点が大きなメリットです。

自分でケアグッズを選ぶので、使い慣れたものを使ったり、どれくらいの価格にものを使用するかの選択も自由です。しかし、自宅でケアを行う際は、デリケートゾーンやその周辺を傷つけてしまわないように注意しましょう!

鏡を使用しても、見えにくい箇所は存在しています。見えない場所のムダ毛処理を行うときは、細心の注意を払って処理を行いましょう。

脱毛サロンやクリニックで処理

自分では完璧な処理ができないと感じているのであれば、脱毛サロンやクリニックを活用してみるのもおすすめです。自分では見えない場所のムダ毛をプロに処理してもらえるので、きれいに脱毛処理が行えます。

しかし、脱毛サロンやクリニックでは施術やサービスに違いがあるので、場合によっては脱毛の際に痛みを感じることがあるかもしれません。また、サロンやクリニックでの脱毛には、お金がかかります。

最寄りのクリニックやサロンを見比べ、自分に合いそうな内容と、無理のない金額でサービスを提供しているところを選びましょう。

女性の陰毛は男性からどう思われてる?

女性の陰毛は男性からどう思われているのか

pexels.com

女性のアンダーヘアに対して、男性はどのような思いを持っているのでしょうか?大好きな彼氏と初めて肌を重ねるとき、彼氏からびっくりされないためにも、男性の意見を知っておくことは重要です。

男性の意見だけに染まってしまうことはありませんが、しっかりと参考にし、アンダーヘアの状態をどのように管理するかを考えてみましょう。

お手入れしてほしい

全くお手入れしていない状態だと、毛が多い人はムレてしまうかもしれません。ムレは臭いの原因にもつながります。完璧な処理を求めていなくても、最低限の処理を彼女に求める男性の声も上がっています。

臭いが気になると、セックスへの意欲も低下してしまうかもしれません。まずはケアしていない状態で、ショーツの中がムレていないかをチェックしてみましょう。ムレているのであれば、アンダーヘアのカットを検討してみると、臭いを抑える可能性が高まります。

ツルツルでもいいくらい

男性の中には、彼女のデリケートゾーンの毛は全くなくてもよいと思っている人もいます。短くカットしていたり、場合によってはつるつるでもよいという声もあるのです。

その理由として、清潔感があるように見えたり、クンニした際に口の中にけがはいらないからなどが挙げられます。特にI・Oゾーンは、挿入する際男性の目に触れる場所なので、できるだけムダ毛を処理してほしいと感じる人もいます。

ふさふさな子は真面目そう

アンダーヘアを特別短くケアしていない女性は、真面目そうという印象を持たれることがあります。

これは男性の考え方によってさまざまあるのですが、アンダーヘアがふさふさな女性は、不特定多数の男性と体の関係を持っていないと推測する男性もいます。

アンダーヘアのお手入れを特にしていないことで、遊んでいない、真面目であるといったイメージがあるようです。

アンダーヘアのセルフケア方法

セルフケア方法

pexels.com

ケアをしたことがない人必見!どのようなものを使えば、アンダーヘアを簡単に処理できるのかをご紹介します。

カミソリ以外にも、ムダ毛処理グッズは豊富に販売されています。安全性が高く、使いやすそうなものを選んで、アンダーヘアのセルフケアを行ってみてください。

素敵な女子を目指しているのであれば、ぜひセルフケアを実施して女子力をアップさせましょう。

スピーディーに仕上がる電動シェーバー

電動シェーバーを使えば、スピーディーできれいに処理ができます。無理やり抑えつけて使用しない限り、けがをしてしまう危険性も低い商品がたくさん販売されています。

全身で使用するシェーバーをデリケートゾーンに使用している人もいるかもしれませんが、デリケートゾーンには専用のシェーバーを使用するのがおすすめです。デリケートゾーンは皮膚が薄く、常駐している菌も多めなので、専用シェーバーを使ってマイナートラブルを回避しましょう。

ヘッドが小さめで小回りの利くものであれば、初めてシェーバーを試す人も安心です。

コストパフォーマンスが高いカミソリ

カミソリは購入するときも恥ずかしさがなく、手軽な価格で販売されている定番の除毛グッズです。100均でも複数のカミソリがセットになっていて100円で販売されていることもあり、コスパは抜群なのが大きな特徴です。

しかし、カミソリはデリケートゾーンにはちょっと使いにくいかもしれません。特にT字型は、狭い場所での小回りなどが効きにくい傾向があります。また、アンダーヘアが長く伸びていると、カミソリの刃にカットした毛が絡まってしまうこともあります。

切れ味が鋭いとけがをする原因にもなるので、カミソリでアンダーヘアをカットする際は十分に気をつけましょう。

長さを整えるならヒートカッター

アンダーヘアをケアするためのヒートカッターは、処理した後にチクチクしにくいのが大きなポイントです。カミソリやはさみなどでアンダーヘアを短くカットすると、切った後の毛先がチクチクすることがあります。

ヒートカッターは毛の先端が丸くなるので、チクチクしにくく、長さをそろえてケアしやすいグッズです。毛を焼き切るものなので、彼と肌を重ねる直前ではなく、少し前にカットしてシャワーを浴びるなどして毛が焼けた臭いを落としておきましょう。

ヒートカッターは熱線が肌に触れないような作りになっているものであれば、安全に使用できます。

リスクが高くてNGな毛抜き

毛抜きでのムダ毛処理は、その部位で試してもリスクがあります。よく膝や脇のムダ毛を毛抜きで抜いているという人がいますが、毛を抜くことそのものが毛根だけでなく皮膚にも大きな負担を与えてしまうのです。

無理やり引き抜かれた毛根は傷つき、周囲の皮膚は引っ張られるので流血する可能性もあります。その後は皮膚の中に毛が埋まり込んで黒くなる埋没毛や周囲の炎症など、除毛後のリスクが非常に高くなってしまう可能性があります。

脇や膝だけでなく、アンダーヘアも同じようなトラブルが起きることも十分に考えられるので、毛抜きでのムダ毛処理はおすすめできません。

アフターケアに「ジャムウ・ハーバルソープ」

除毛を行った後は、肌が乾燥しがちになります。乾燥したデリケートゾーンの肌を放置してしまうと、黒ずみやマイナートラブルの原因となる可能性があるので注意しましょう。

セルフケアを行った後には、お肌に優しく黒ずみや体臭を抑える効果があるジャウム・ハーバルソープがおすすめです。

日本人に合わせて成分で開発されていて、保存料や安定剤は不使用の安心安全な石鹸です。女性だけでなく、男性も使用できます。

自宅でセルフケアを行った後の肌を労わりつつ、黒ずみやにおいのケアも同時に行って素敵な女性にステップアップしましょう。

▼アソコの「ニオイ&黒ずみ」もう気にしないTV・雑誌でも話題の2分に1個売れているニオイ・おりものケア石けん

ジャムウ・ハーバルソープ

https://www.lovecosmetic.jp/

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー