膣圧がゆるい原因と対策は?膣の締まりをキュッと良くする方法を紹介
2373 Point
更新

膣圧がゆるい原因と対策は?膣の締まりをキュッと良くする方法を紹介

膣圧について普段気にすることは少ないものですが、パートナーのセックスだけでなく、生理痛や尿漏れ、さらにスタイルにも影響しています。膣トレの効果や方法、専用グッズなどを紹介します。

膣のことを意識するのは、パートナーとのセックスや生理のときくらいでしょう。女性同士でも話題にしにくい膣圧についてですが、鍛えることで女性にはたくさんのメリットがあります。

今回は膣トレの方法や専用グッズも紹介しているので、今日からでも膣トレができます。膣トレをすることにより、骨盤底筋群が鍛えられ、女性の自信を取り戻すためのお話なので、ぜひ参考にしてくださいね。



▼キュッと引き締まった名器づくり最高に気持ちいいセックスへ

膣トレセット

https://www.lovecosmetic.jp/

膣圧を左右する「骨盤底筋群」とは

女性 下半身

pexels.com

骨盤底筋群とは、骨盤の底に張り巡らされている筋肉の膜のことです。恥骨(ちこつ)、尾骨(びこつ)、坐骨(ざこつ)で構成された骨盤の底の穴と呼ばれる骨盤腔をふさぐように存在しています。

骨盤底筋群は内臓の重みを支え、腹圧を高める働きがあるため、この筋肉を鍛えることで得られるメリットはかなり多いでしょう。軽度の尿失禁の改善や予防、腰痛や膝痛の改善、そして膣の締まりもよくなります。しっかり働かせるためには、まずは姿勢をよくすることが必要です。

骨盤底筋群が弱くなると起きる悪影響

女性

pexels.com

骨盤底筋群は目に見えない場所にある筋肉ですが、この筋肉が弱くなることによって、思わぬ悪影響があります。それは、セックスや尿漏れといった気軽に他人には相談できないものばかりです。

実は多くの女性が、これらの悩みを抱えていると言われています。今は何も問題がなくても、未来のために知っておくといいでしょう。

セックスでゆるいと思われる

セックスのときに、パートナーから「もっと締めて」と言われることがあるかもしれません。膣の締まりがいいと男性も性的快感を得やすくなりますし、満足のできるセックスにつながります。

パートナーがセックスのときに満足していないと女性なら気になるものです。それが、膣のゆるさにあるのだとすれば辛いですよね。骨盤底筋群を鍛えることによって、膣の締まりは違って来るため、女性が性に関する自信を取り戻すことができます

尿漏れの原因にも

急にくしゃみをしたときや、重い荷物を抱えたときなど、不意に起こる尿漏れをしたという経験はありませんか?実は、尿漏れで悩んでいる女性は意外と多く、20代の女性でも悩んでいる人は多いです。そして、年齢を重ねると増える傾向があります。

この尿漏れも骨盤底筋群が弱くなることで起こりやすくなるので、鍛えることにより改善することが可能です。また、頻尿の原因が骨盤底筋群の衰えである場合もあります。尿に関する悩みがあるという場合、骨盤底筋群の弱さの可能性もあることを覚えておきましょう。

美容にも良くない

実は、骨盤底筋群の弱さは美容にも影響することが分かっています。ボディラインを崩すことになるので、ぽっこりお腹になることはもちろんのこと、お尻が垂れてしまうこともあるでしょう。

また、脚がO脚になったり、X脚になってしまったり、脚そのものが太くなってしまうこともあります。

共通するのは、下半身のバランスが悪くなり、太めに見えてしまう、老けて見えてしまうということです。いくらダイエットでスタイル維持を頑張ってみても、骨盤底筋群の弱さによって効果が出ないのであればもったいないですよね。

膣圧が弱くなる原因

女性

pexels.com

膣圧が弱くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。それによる悪影響を改善するには、原因を知ることが大切です。

原因によっては、今日からでも改善できるものもあるので、日常生活のクセは改善するようにしましょう。

姿勢の悪さ

普段の立つ姿勢や、座る姿勢によって、骨盤底筋群が弱くなることが分かっています。姿勢というのは、どうしても日ごろのクセが出やすいものであり、改善するのは意外と難しいものです。

家族に協力をしてもらえるのであれば、指摘してもらうようにするのもいいでしょう。

立つ姿勢では、体の軸がぶれているような立ち方が悪いとされています。なぜなら、骨盤底筋群が使われることなくできる姿勢だからです。

体のどちらかに重心を傾けた立ち方などは典型的な例であり、トレーニングなどで骨盤態筋群を鍛えても無駄になってしまうので気を付けましょう。

加齢や出産

加齢に伴って、肌の衰えなどが気になるように、膣内にも変化が訪れます。筋肉の衰えや、皮膚の弾力が衰えるようなものです。皮膚のハリがなくなると言われると、顔のことしか考えない人が多いと思いますが、同じ現象が膣内にも起きているのです。

見えているところには意識が行くものですが、普段見えないところにはどうしても忘れてしまいます。筋肉の衰えや皮膚の弾力については、体全体で同時に起こるものという意識を持ちましょう。

出産に関しては、一時的に膣がゆるくなるとはいえ、時間をかけて元に戻ると言われています。しかし、出産年齢や体質によっても違って来るため、一概には言えないでしょう。

運動不足

普段運動する習慣がない場合は、どうしても全身の筋肉は衰えてしまうものです。それは、四肢や胸やお腹の筋肉と同様に、骨盤底筋群にも同じように起こります。

骨盤底筋群を鍛える場合、一般的な運動よりも、ヨガやピラティスというようなものの方が効果的なので、運動が苦手という人でも取り組みやすいでしょう。

日常生活のなかでできる運動に近いものは、姿勢を良くすることです。姿勢を良くすることによって、骨盤底筋群を弛緩させないため、姿勢の良さを維持するのは運動をするような効果があります。

骨盤底筋群への負荷

仕事柄、立ちっぱなしという人、重いものを持ち上げることが多いという人は、骨盤底筋群に大きな負荷を与えてしまいます。一見、運動をしているかのように見えるのですが、実際は筋肉の伸びにつながってしまい、膣のゆるみとなってしまうのです。

また、女性に多い便秘も骨盤底筋群に大きな負荷を与えることが分かっています。便秘の人はいきむ回数がどうしても多くなります。その際に骨盤底筋群が伸びることになり、結果膣がゆるむことにつながります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー