遅漏の原因と改善方法とは?射精まで長いのも辛い…カップルで協力できること
2291 Point
更新

遅漏の原因と改善方法とは?射精まで長いのも辛い…カップルで協力できること

男性の性の悩みである遅漏の問題、実は女性も悩んでいます。今回は遅漏の原因や改善方法を紹介しています。二人で遅漏を改善して、充実したセックスができるようにしましょう。

パートナーとのセックスに満足していますか?セックスの悩みは気軽には相談しにくいものですが、最近多いのが「遅漏」に関する悩みです。パートナーが遅漏でセックスに不満を抱えている女性が増えています。

実は遅漏には普段の習慣が原因になっていることもあり、それらを実践することで改善できることも多いです。また、セックスを充実させるために使ってみたいローションも紹介しています。

もし、あらゆる対策を行っても遅漏が改善しないという場合は、病気が隠されていることもあります。その場合は、無理をせずにクリニックを受診してみましょう。

「遅漏」とは

男性

pexels.com

遅漏とは、セックスの際に挿入してから射精するまでの時間が長いことです。時間については挿入から15分以上とか、30分という数字もあるため、時間の定義は難しいでしょう。

セックスの際の問題、男性不妊にも関係があると言われているため、意外と奥深い問題です。

遅漏の定義

自分の意思に反して射精できない状態を言います。遅漏のなかには、最終的なオーガニズムに達することができないために射精できないということもあります。

しかし、マスターベーションは行うことができるので、女性とのセックスの際に射精するのが遅い、もしくはできないという状態です。

発症しても、特定の女性だけに遅漏となってしまったり、限定されたシチュエーションのときだけという場合もあったりするので、精神的な面が大きく影響していると言えるでしょう。

遅漏は女性から不人気

遅漏は女性から不人気と言われています。それは、女性自身が「自分に魅力がないから性的オーガニズムに達していないのではないか」という思いが強いためです。

このほかにも、女性の性器に負担がかかり痛みを感じるという意見、セックスに時間がかかるために疲れてしまうという意見もあります。

遅漏は、男性が自分自身のことで悩むというイメージが強くありますが、実際はセックスのパートナーである女性側にも不満があるようです。

男性不妊に悩む人もいる

遅漏という人のなかには、男性不妊に悩む人もいます。妊娠を希望している男女にとって、遅漏は大きな問題であり、膣内射精ができないという問題を抱えているからです。

膣内射精はできないけれど、マスターベーションはできるという場合も多いため、男女間でのトラブルになることもあります。そのことで、さらに遅漏の傾向が強くなるため、悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

膣内射精障害で悩む男性は成人男性の20人に1人と言われており、男性不妊外来を受診した射精障害患者の中を見ると、半数が膣内射精障害の問題を抱えています。

遅漏と早漏

遅漏と真逆の状態にあるのが早漏です。早漏というのは、挿入から30秒以内、だいたい1~3分で射精してしまうことを言います。男性側は射精できているのでそこまで問題としない場合もあるようですが、女性側が不満を持つことが多いです。

たまにある程度であれば、パートナーが気持ち良くなっていると考えることもできるでしょう。セックスのたびに早漏だと、女性側の満足度がなく、パートナーのひとりよがりのセックスと思ってしまいます。その結果、男女間がぎくしゃくしてしまうということもあるでしょう。

遅漏の原因とは

遅漏

pexels.com

「遅漏の原因は私にあるの?」と、不安に思う女性もいるかもしれません。実際に遅漏になってしまう原因は女性側にはないので、自分を責めないようにしてください。

遅漏の原因は大きく3つあり、それらの原因が複雑に絡み合っていることもあります。

マスターベーションのしすぎ

男性であれば一度はマスターベーション経験があるでしょう。そのマスターベーションのしすぎややり方によって、遅漏になってしまうことがあります。

マスターベーションのときに強く握ったり、床や壁に押しつけてマスターベーションを行ったり、脚に極端に力を入れたりするような特定の体位で射精するなどのパターンです。

自分のマスターベーションはどうしても同じようなパターンで習慣化することが多いので、良くないパターンについて男性本人が分かっていないということもあります。

病気やお酒の飲み過ぎ

遅漏になってしまう病気は、糖尿病やうつなどの精神疾患です。遅漏について悩んでいたのに、実際は病気が隠されているということもあるので、男性本人はもちろんですが、女性側も気を付けておいた方がいいでしょう。

職場での健康診断の際に糖尿病もしくは予備軍と言われた場合は、現在は何ともなくても将来を見据えて健康管理に努めると、遅漏で悩まなくて済むかもしれません。

また、お酒の飲みすぎで遅漏となってしまうこともあるので、お酒は適量に抑えておく方がよさそうです。

メンタルによるものも

遅漏はメンタルと強い関わりがあります。仕事や私生活での強い不安や心配があると、身体全体の機能低下はどうしても起きるものですが、そのなかに性的な部分の機能低下も含まれるのです。

このほかに、遅漏なので女性側に不満に思われないだろうか、疲れさせてしまうのではないか、気持ちよくさせることができるのかなど・・・あらゆるプレッシャーや不安があるために、さらに遅漏となってしまうパターンもあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー