乳首の肥大化は改善できる?大きくなる原因は?予防法と対策を紹介

乳首の肥大化は改善できる?大きくなる原因は?予防法と対策を紹介

自分磨き

乳首の肥大化の予防・改善方法

白いクリーム

遺伝や体質による乳首の肥大化は施術などによる改善が必要ですが、摩擦などが原因の場合は予防や対策をすることで、改善できる可能性があります。 また、遺伝や体質によるものでも予防をすることでそれ以上の肥大化を防げる可能性もあります。 乳首の肥大化を防分方法や改善方法を紹介しましょう。

乳首の大きさよりも気になる乳首の黒ずみはこれでケア

乳首の悩みにもいろいろありますが、肥大化だけでなく黒ずみに悩んでいる人も少なくありません。 黒ずみのケアには毎日のケアが必要。 そこでおすすめなのがLCラブコスメの「ジャムウハーバルソープ」です。

ジャムウハーバルソープは、インドネシアの専門工場で伝統の製法で作られた自然派ソープ。 日本人の肌に合わせた品質や成分にこだわって作られています。 黒ずみの原因を研究し、頑固なタンパク質や古い角質にアプローチし黒ずみを予防・改善が期待できます

保存料や安定剤は使用されていません。 無着色、無香料、パラベンフリー、石油系活性剤も不使用で、摩擦で傷んだ乳首にも安心して使用できるでしょう。

摩擦を防ぐ

摩擦を防いでこすれないようにすることも対策の一つです。 摩擦の原因となる下着の選び方にも注意が必要。 サイズの合っていない小さくて圧迫するブラやパカパカするブラはしないようにしましょう。

サイズが合っていないと、乳首と下着に隙間ができて動くたびにこすれてしまいます。 素材がごわごわしたものや、かゆみを生じる生地を避けることも大切。 汗を吸収しにくい素材も、かゆみの原因となり掻いてしまうことがあるので避けた方がよいでしょう。

かゆいからと掻きむしったりするのは肥大化の原因になります。 傷ができて炎症を起こしてしまう危険性もあるので注意しましょう。 また、運動を定期的にする場合は、スポーツブラなどバストにぴったりフィットして摩擦が起こりにくいものを選ぶようにしましょう。

スキンケアをする

乳首が乾燥すると摩擦に弱くなったり、かゆみを引き起こしたりします。 それを防ぐためにも、ボディローションや乳液、バスト専用美容液などでスキンケアをしましょう。

スキンケアをして保湿をすることで、乾燥対策ができます。 摩擦を防ぐと同時に、黒ずみの予防にもなるのでキレイな乳首を目指すことができます。

スキンケアでバストマッサージをすれば血行がよくなり、肌の乾燥対策もできるでしょう。 スキンケア用品は、肌への刺激が少ないものを選び塗るときにはやさしく塗るようにします。

横向きの乳首の改善方法

乳首が長いと横向きになってしまうことがあります。 原因の一つがブラジャーです。 ブラジャーに圧迫されて向きが横に固定されてしまうことも。 バストに合ったサイズのブラジャーを選び、正しい位置でブラジャーを装着しましょう。

乳首の圧迫を避けるため、陥没乳頭用の器具を利用し乳首を保護する方法もおすすめです。 また、乳頭形成術という手術によって乳首の形を整える方法もあります。

外科手術を受ける

日常生活のケアでは改善できない場合は、外科手術をするのも選択肢の一つです。 施術をすることで乳首を短くしたり、小さくしたりすることも可能。 乳首の大きさを変える手術をする際には、妊娠出産をお考えの方は授乳のことを考え乳管を温存できる手術がおすすめです。

ただし、手術をする際にはメリットだけでなくデメリットも理解したうえで、信頼のできるクリニックや病院を選ぶことが大切です。

乳首を刺激から守り肥大化を防ごう

本を読む白い服の女性

乳首の肥大化に悩んでいるなら、ブラジャーなどによる摩擦を避けたり、乾燥しないようスキンケアをしたりして刺激から乳首を守ることが大切です。 体を洗う際にも、皮膚に低刺激のソープを選ぶようにしましょう。 また、ブラジャーの装着位置が合っていなかったり、サイズが合っていないと摩擦が起こりやすいので、サイズを見直すことも必要です。

ケアだけで改善しない場合は、外科手術を選択する方法も。 乳首が肥大化しているからといって、女性としての魅力が半減するわけではありません。 しかし、悩んでいる場合は自分の納得できる方法を選択し女性として自信をもちましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事