乳首の乾燥やかゆみは早めの対策を!ブラジャー選びや保湿ケアも重要

乳首の乾燥やかゆみは早めの対策を!ブラジャー選びや保湿ケアも重要

自分磨き

乳首の乾燥を予防・改善する方法

ピンクのタンクトップと黒のパンツの女性

乳首の乾燥を予防・改善するには、乳首に直接触れるブラジャーの選び方や、肌荒れを防ぐケアをすることが必要です。 とくに、肌の弱い人は汗や皮脂、下着などの刺激を受けやすく乾燥を引き起こしやすいため、注意が必要。

もちろん、敏感肌ではないという人も肌にダメージを与えやすい素材の下着を日常的に身につけていると、接触性皮膚炎などを起こす可能性もあります。 乳首の乾燥を予防・改善する方法を知っておきましょう。

乾燥を防ぐブラジャーを身につける

乳首の乾燥やかゆみを防ぐには、ブラジャーの素材に配慮することが大切です。 コットン100%などであれば、肌ざわりもよく、汗をしっかり吸収してくれるのでカップの中で汗が蒸れるのを防いでくれます。

コットンの中でも、オーガニックコットンは肌にやさしい素材。 天然素材で通気性もよく保湿性が高いので、肌への負担が軽減できます。 汗をかきやすい季節はとくに素材にこだわることが大切です。

シルク素材は、吸汗性や速乾性、保温性、通気性などに優れている素材です。 しかし、高価なものが多いのがデメリット。 コットンとシルクを組み合わせているブラジャーもあり、手頃な価格で手に入れることができるものもあります。

オーガニックコットンやシルク素材のブラジャーは、基本的に手洗いがおすすめ。 合成洗剤は肌への刺激となる成分が含まれていることがあるので、天然成分でできているせっけんで丁寧に洗いましょう。

サイズに合ったブラジャーを選ぶ

大きすぎたり、小さすぎたりバストサイズに合っていないブラジャーは、動くたびに摩擦を引き起こし乳首の乾燥の原因となります。 それを防ぐためにも、サイズに合ったブラジャーを選びましょう。

ブラジャーを選ぶときは、カップとアンダーバストのサイズの両方をチェックするのがポイント。 カップサイズだけで選んでしまうと、フィットしないことがあります。

1年以上バストを測っていないと、バストサイズやアンダーサイズが変わっていることもあります。 ブラジャーを選ぶ際には、再度カップサイズを確認するようにしましょう。

自分で測る際には、一番付け心地がよいブラジャーをつけ計測するとバストが持ち上げられ、正しいブラサイズを測ることができます。 また鏡を見ながら、メジャーが水平になっているかどうかもチェックしましょう。 猫背や肩が上っているとサイズが変わってしまうので、姿勢にも注意して測ります。

こまめに保湿ケアをする

乳首の乾燥はこまめな保湿ケアが必要です。 顔の保湿ケアと同様、化粧水をつけ乳液や美容液を塗りましょう。 バスト専用の保湿美容液や乳頭保護クリームなどを使うのもおすすめです。

クリームや美容液を塗る際には、乳輪部分をやさしく押さえ乳頭に丁寧に塗ること。 クリームを塗ってラップでパックするのは逆にただれや乾燥の原因になるのでおすすめしません。 乾燥しているからと量をつけすぎると、かゆみの原因になることもあるので適量を塗りましょう。

また、授乳中の乳首も乾燥しやすいもの。 しかし、赤ちゃんがくわえる乳首に保湿クリームなどを塗ってよいものかと心配するお母さんもいるでしょう。 授乳をするときは、乳首にクリームがついていたらきれいに拭き取るようにしましょう。 無香料で赤ちゃんの口に入っても安全なクリームもあるので、専用のクリームを選ぶのもおすすめです。

優しい成分の石鹸で泡パック、バストトップの黒ずみもケア

乳首の乾燥対策としては、ボディーソープ選びにも注意が必要です。 洗浄力の強すぎるソープを使っていると乳首が乾燥してしまうことも。

LCラブコスメの「ジャムウハーバルソープ」なら、肌に優しい成分を使っているので乾燥対策におすすめです。 インドネシアの伝統をとりいれた、手作りの自然派石鹸。 日本人の肌に合う成分を厳選し、開発・製造されています。

自然派石鹸によく使われているヤシ油をはじめ、カミツレ油やアロエベラ、オタネニンジンなど肌に低刺激の成分を配合。 無着色、無香料、防腐剤や安定剤不使用、パラベンフリー、アルカリ性、石油系活性剤不使用といったこだわり成分で肌へのダメージを少なくしています。

泡立て用ネットを使い泡を作れば、キメの細かい泡ができます。 その泡で1~2分ほどパックをして洗い流すだけ。 古い角質にも直接アプローチするので、黒ずみ対策も期待できます。

規則正しい生活でホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れると、乳首が乾燥しやすくなります。 ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活が重要です。 早寝早起きを心がけ、野菜や果物、魚やお肉などバランスのよい食事をすること。 入浴は湯船につかるようにしてリラックスすることも大切です。

適度に体を動かせば、ストレス解消にもなり心地よく眠れるでしょう。 血行不良の改善にもつながります。

乾燥がひどくなる前に早めのケアをしよう

赤いワンピースの女性のバストアップ

乳首が乾燥するとかゆくなり、掻きむしって皮がむけたり、そこから菌が侵入したりして痛みや腫れなど症状が悪化することもあります。 そのような状態になる前に、早めにケアをしましょう。

肌に優しい素材やサイズに合ったブラジャー選び、規則正しい生活、乾燥を防ぐためのクリームや美容液による保湿ケアをして、乾燥対策を心がけましょう。 肌に刺激の強いボディーソープを避け、低刺激の石鹸などを選ぶのもおすすめです。

また、病気の可能性がある場合は、医療機関に行き適切な治療をすることが必要です。 気になる症状があれば、早めに専門医を受診するようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)