びらびらの肥大化・腫れ・かゆみ・黒ずみはなぜ起こる?対処法も紹介
2234 Point
更新

びらびらの肥大化・腫れ・かゆみ・黒ずみはなぜ起こる?対処法も紹介

びらびらの肥大化とはどの程度なのか?肥大化や腫れ、かゆみ、黒ずみが生じる原因についてと対処法について紹介。清潔に保つ方法など日常生活において注意したい点などを説明します。

びらびら(小陰唇)の大きさや色は個人差が大きいものです。 びらびらの形や色が美しくない、と悩む女性も少なくないでしょう。 好きな男性がいるならなおのこと見られるのが恥ずかしい、と悩んでしまうもの。

小陰唇は摩擦なども受けやすいデリケートな部分です。 肥大化すると見栄えが悪くなるだけでなく、痛みや違和感をともなうことも。 不衛生になりやすい部分なので、感染症などにかかることもあるので注意が必要です。

小陰唇はケアをすることで悩みを解決できることもあります。 小陰唇の特徴や主な悩み、原因や対処法を紹介しましょう。

びらびらとは?

辞書の上のマーガレット

pixabay.com

自分のものとはいえ、女性器をしっかり見たことがある人は少ないのではないでしょうか? 一般的にびらびらと呼ばれる部分は、小陰唇と呼ばれるものです。 びらびらの位置や特徴、役割について説明します。

びらびら(小陰唇)の位置

女性器(女性生殖器)は、外側に出ている大陰唇などの外性器と、膣や子宮など体内にある内性器にわけられます。 通常びらびらと呼ばれる部分は、外性器の両ワキにある大陰唇の内側にあるひだ状のもの。 これを、小陰唇と呼びます。

小陰唇の外側にある大陰唇は、膣の周りを取り囲む厚いひだで、肛門やクリトリス(陰核)などのデリケートな部分を守る役割があります。 厚みにも個人差があり、小陰唇を隠すくらい厚い場合もあればびらびらが隠れず見えているくらい薄い場合もあります。

びらびらの役割

小陰唇には、尿道口や膣に雑菌が入らないよう守る役割があります。 女性の外性器は雑菌が入りやすい部分です。 菌が侵入すれば、膣炎や膀胱炎などになるリスクもあります。

膀胱炎になってしまうと、頻尿や残尿感などがあり不快なもの。 ストレスにもなるでしょう。 そのようなリスクを減らしてくれるのが小陰唇です。 また、小陰唇は性的に興奮すると充血して自然と膨らむという特徴もあります。

びらびらは個人差が大きい

女性器の花びらなどと呼ばれることもある小陰唇。 色や形は個人差が大きい部分でもあります。 色や形の違いは、ほとんど先天的なものと言われています。

小陰唇が小さい、大きいといったサイズの違いのほか左右の大きさが違ったり、ギザギザしていたり、肥大化していたりすることもあり、人によってさまざまな違いがあるもの。

小陰唇が肥大化していると見栄えが悪いと感じる人もいるため、悩みの種になることもあるでしょう。 また、びらびらが垂れている、黒ずんでいるなどで悩む人も少なくありません。

びらびらの肥大化に関する悩み

悩み

pexels.com

びらびらに関する悩みのなかでも、肥大化していると恥ずかしいと思ってしまうことがあるようです。 パートナーなどにそれを指摘されてしまうと、悪気がなくても気になってしまうことも。 びらびらの大きさは生まれつきのものであることが多いのですが、加齢や生活習慣によっては変化することがあります。

びらびらが肥大化する原因、さらに肥大化することのリスクや改善方法について説明します。

小陰唇(しょういんしん)肥大とは?

小陰唇が肥大化することで日常生活に支障をきたすことがあるため、小陰唇縮小や小陰唇肥大の治療があるほどです。 小陰唇が肥大化しているのはどの程度か?というと、明確な定義はありません。 一般的には、大陰唇から大きくはみ出していると肥大化していると言われます。 少しはみ出ている程度であれば正常と言えるでしょう。

毎日チェックしているという人も多くはないでしょう。 そのため、肥大化しているかどうかはわからないことも。 普段の生活をしているなかで、こすれて痛みがあると感じるのであれば肥大化している可能性があります。

びらびらが大きくなる原因

小陰唇の大きさは先天的なもので、大きい人は生まれつき大きいことが多いです。 思春期や妊娠をきっかけに大きくなる人も少なくないため、ホルモンが関係している可能性もあるようですが、明確な原因はわかっていません。

男性経験が多いと大きくなったり、色が黒くなったりすると言われることもあります。 しかし、経験豊富だから必ず肥大化するとは限りません。 男性経験が少なくても大きい人はいます。 経験豊富な女性でも小さい人もいます。

また、加齢や皮膚炎、心不全などが原因のむくみなどにより肥大化するとも考えられています。

びらびらの肥大化のデメリットやリスク

小陰唇が肥大化すると、見た目だけの問題ではなく、日常生活に支障をきたすことがあります。 尿道の近くにあるため肥大化すると排尿がしにくい、自転車に乗ると違和感がある、また下着やパンツなどを履くと圧迫されて痛みを感じることも。 小陰唇が大きいと足を動かすたびにこすれるので、痛みを生じるのです。

また、大陰唇と小陰唇の間に分泌物がたまり、お風呂できれいに洗ったつもりでも汚れが取れにくいため、不潔になりやすいのもデメリット。 汚れが落ちないとニオイの原因にもなります。

びらびらの肥大は改善した方がよい?

一般的には、膣口から小陰唇の外側までは約2cm程度と言われています。 肥大化のレベルにもよりますが、ストレスを感じているなら改善した方がよいでしょう。 個人差があるので一概には言えませんが、足を閉じてもはみ出している場合は肥大していると言われています。

肥大化を改善することで、こすれて痛みが生じたり、歩くときに違和感を抱いたりすることもなくなります。 汚れが溜まってニオイの原因になる心配もなくなり、見た目もきれいになるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー