バイブの使い方って知ってる?初めてでも気持ちいいバイブエッチをしよう
3994 Point
更新

バイブの使い方って知ってる?初めてでも気持ちいいバイブエッチをしよう

バイブを一人エッチや彼氏とのプレイに使ってみたいと思っている人もいるでしょう。バイブには正しい使い方があります。それをマスターして気持ちの良いプレイを目指しましょう。

女性の一人エッチ用の大人のおもちゃとして、バイブが人気です。皆さんの中でもバイブを使ってみたいと思っている人もいるでしょう。

ところでこのバイブ、正しい使い方を知っていますか?バイブの使い方を知らないと、場合によっては危険かもしれません。

そこでここでは、バイブの正しい使い方を中心に詳しく見ていきます。また、バイブにはいろいろな使い方があるので、代表的な使用方法についてもまとめました。

バイブの使い方はいろいろ

恥ずかしがる女の子

mpixabay.co

バイブの使い方というと、一人エッチ用だけと思っていませんか?しかしほかにも、自分の性感帯を開発したり、カップルで使ったりといろいろな使い方があります。

ここでは、代表的なバイブの使い方について、いくつかピックアップしてみました。

気持ちいい一人エッチ

バイブの使い方の中でも多くの人がイメージするのは、一人エッチ用ではないでしょうか?女性器の中に挿入すると、まるで男性とエッチしているかのような快感を覚えます。

指でオナニーをする場合、クリトリスの刺激が中心でしょう。女性器の中に指を入れるといっても、そこまで奥深くまでは刺激できないでしょう。バイブであれば、女性器の奥深くにまで挿入できます。子宮に当たる独特の感覚も得られるでしょう。

Gスポットの開発

バイブを使用することで性感帯を開発できることをご存知でしょうか?女性器の中には、いくつか特徴的な性感帯があります。その中の一つにGスポットがあります。名前だけなら聞いたことがある人もいるでしょう。

バイブオナニーをするときに、このGスポットを探してみましょう。Gスポットを知らなければ、今までに感じたことのなかった快感を覚えるはずです。Gスポットを刺激すれば、クリイキだけでなく中イキの感覚も味わえるかもしれません。

ポルチオの開発

男性とエッチしたときにイったことがないという女性は結構多いです。それはもしかすると女性器内部の性感帯が開発されていないからかもしれません。バイブを使用すれば、自分の感度の上がるスポットを確かめられるでしょう。

例えばポルチオという快感スポットがあります。これは、バイブオナニーしたときにその場所を確認できます。ポルチオを刺激すれば、いわゆる中イキする感覚を味わえるかもしれません。

カップルでも楽しめる

バイブというと一人エッチをするための道具と思っている人もいるでしょう。しかし、カップルでプレイの一環として楽しむツールにもなりえます。

例えば男性にバイブで責めてもらう方法があります。また女性が彼氏の見ている前でバイブオナニーすれば、お互いの気持ちも盛り上がってくるでしょう。長いお付き合いで少しエッチがマンネリ気味になっているのなら、バイブを使えばまた新鮮なセックスを楽しめるでしょう。

バイブの安全な使い方

女の子たち

mpixabay.co

バイブオナニーをする際に正しい使い方をマスターしておかないと、気持ちよくなるどころか逆に痛みを感じるかもしれません。また、デリケートな女性器に使用する道具なので、衛生管理などにも細心の注意を払うことが重要です。

ローションを使う

男性のペニスを挿入するときにいたいと感じたことはありませんか?それはあなたの女性器が十分濡れていないので、スムーズに挿入していかないからです。

バイブについても同様で、十分濡れていないと挿入しても痛みを感じるかもしれません。そこでスムーズに挿入できるようにローションを使うのがおすすめです。ヌルヌルしているのであなたの愛液代わりになって、痛みを感じることなくスルっと挿入できるでしょう。

コンドームを付ける

バイブはほかの大人のおもちゃと違って、女性の局部に挿入するアイテムです。そのため、衛生面のことも考えて使ったほうがいいです。

たとえ自分一人が使うバイブであっても、挿入する前にコンドームを装着するといいでしょう。そうすれば、バイブの表面に付着している雑菌や汚れが女性器の中に残る心配もありません。

強度は少しずつ上げる

バイブには強弱いくつか段階があって、調節できるようになっている機種が多いです。バイブを使う時には、最初は弱にして、徐々に強度を上げていくといいでしょう。

いきなり最強にしてしまうと、必要以上にバイブが暴れてしまって気持ちいいどころか痛く感じてしまうかもしれないからです。バイブの先端を入れて、スイッチを弱にします。そして徐々に奥深くにまで挿入して、中がほぐれてきたところでだんだん強度を上げていくと気持ちいいでしょう。

衛生管理をしっかりする

バイブは膣の中に挿入して使う大人のおもちゃです。そこで衛生管理はしっかり行うように注意しましょう。

バイブを使い終わったら、洗浄や除菌などきれいにするように気をつけましょう。専用のクリーナーなども販売されているので、こちらを購入するのもおすすめです。

バイブは女性器だけでなく、アナルに挿入することもできる大人のおもちゃです。もし両方で使用する場合、膣内とアナルで連続使用するのはNGです。コンドームを装着して、膣からアナルに挿入を変える際にはコンドームを捨てて新しいものに付け替えましょう。

電池はマンガン電池がおすすめ

バイブは大半が電池によって動き電化製品です。電池にはマンガン電池とアルカリ電池、ニッケル電池といろいろな種類があります。

この中でもバイブに使用する電池はマンガン電池がおすすめです。バイブはそれほど大きなパワーは必要ないからです。マンガン電池であれば、長く使用し続けることができます。

アルカリ電池やニッケル電池を使用すると故障の原因になりかねないのでおすすめできません。

防水機能をチェック

バイブの中には防水機能が搭載されているものもあれば、そうでないものもあります。もし防水加工されていないものであれば、水気のないところで使用するように注意しましょう。

バイブを使っている人の中には、お風呂の中で使用している方も少なくないようです。防水加工していれば大丈夫と思っているからでしょう。しかしお風呂の中では防水機能付きのバイブでも使用しないことをおすすめします。

バイブの気持ちいい使い方のコツ

使い方を調べる女性

mpixabay.co

せっかくバイブを使う以上、気持ちよく楽しみたいと思うでしょう。バイブを気持ちよく使用するためには、いくつかポイントがあります。

ここで詳しく見ていきますので、これからバイブを使おうと思っているのなら参考にしてみてください。

前戯で気分を上げてから使う

バイブを使う前に、十分に前戯を行うといいでしょう。前戯で女性器を十分いじることで、愛液がどんどん出てくるからです。

バイブは十分濡れていない段階で挿入すると痛いかもしれません。しかし前戯で濡れていれば、スムーズにバイブを挿入できるでしょう。

まずは指でオナニーをする、あるいは、彼に指やクンニでアソコを十分ほぐしてもらいましょう。そして準備が整ったところで、バイブを使うといいでしょう。

リラックスした状態で

バイブを使用する際には、リラックスした状態の時が好ましいです。警戒心や緊張感の高ぶりすぎた状態だと、オナニーもうまくいきません。

リラックスしていないと知らず知らずのうちに体に力が入ってしまいます。バイブをうまく挿入できない、引っかかって痛みを感じることにもなるかもしれません。

身体を横にして、十分リラックスさせましょう。彼氏と楽しむ場合には、イチャイチャしたり話をしたりして気分をほぐしましょう。

当て方を工夫する

セックスしたときにちょっと態勢を変えただけで気持ちよさが全然違うと感じたことはありませんか?ペニスの深度や角度がちょっと異なるだけで、気持ちいいポイントに当たるかどうか変わってくるからです。

バイブでオナニーする際には、出し入れや角度を変えてみてどこだと気持ちよくなるかいろいろと試してみましょう。

態勢を変えてみるのもおすすめです。腰を浮かせてみる、両足で踏ん張ってみるなどいろいろと工夫すると今まで気づかなかった快感ポイントが見つかるかもしれません。

イキやすい体位を知る

彼氏とセックスしているときに体位を変えると気持ちよさが変わったことはありませんか?バイブについても同様で、体位を変えることで気持ちいいポイントに当たることもあり得ます。

おすすめの体位として、ソファーに浅く座ってM字開脚をしてバイブを挿入するやり方があります。背もたれに体を預けることでバイブをスムーズに動かせるようになるからです。

また正常位の状態で、クッションなどで下半身を高くするやり方もおすすめです。こうすると性感帯ポイントにバイブが当たりやすくなり、イキやすくなります。

彼氏に動かしてもらう

彼氏と一緒にバイブを使うやり方もおすすめです。彼氏にバイブを挿入してもらって、好きに動かしてもらいます。

自分でオナニーしているときと違ったところにバイブが当たるので、またいつもと違った快感を味わえます。特に少しマンネリ気味になっているカップルにおすすめの使い方です。バイブを使うことでパターン化されたセックスにひねりが加わり、新鮮さを取り戻せます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー