復縁の確率は20%以下でも諦めない!復縁の可能性を高める方法とは
2868 Point
更新

復縁の確率は20%以下でも諦めない!復縁の可能性を高める方法とは

復縁できるカップルの特徴、一方で復縁できないカップルの特徴を紹介します。さらに、復縁までの期間や復縁の確率を上げる方法も気になるところ。元彼と復縁を考えている女性が気になる情報が満載です。

一度別れた男女が復縁する確率は20%と言われています。 この数字を高いと見るか低いと見るかはそれぞれの価値観かもしれません。 しかし、復縁を考えている女性にとっては少々気が重くなる数字のような気もします。

とはいっても、復縁の確率がないというわけではありません。 この記事では復縁の確率を上げるためにできることを中心にまとめているので、復縁を考えている女性には参考になること間違いなしでしょう。

元彼との復縁は少し戦略も必要です。 しっかり情報を得て、復縁の確率をあげていきましょう。

復縁できる確率は20%以下?

カップル

pexels.com

元彼と別れてから再びお付き合いする…復縁できる確率は20%以下と言われています。 実際に復縁を希望している人ばかりではないので、20%という数字だけ見て気分を落とすことはありません。

決して高い確率ではありませんが、不可能ではありませんし、実際に復縁しているカップルもあなたの周りにいることでしょう。

復縁できるかどうかについては、別れた理由はもちろんのこと、別れた後の関わりの持ち方などあらゆる面が複雑に絡み合っているともいえます。 ただ言えることは、振られた側の意識の持ち方や接し方が重要だということです。

それによって、復縁できるかどうかが左右されると言っても過言ではありません。

確率が低くても復縁できるカップルは何が違う?

希望

pexels.com

「20%」という数字に入るカップルはそうでないカップルと比べて何が違うのでしょうか。 復縁できるカップルにはある共通点や傾向があります。 自分にそれを当てはめることで、現時点において復縁の可能性があるのかそうでないのかが分かります。

周りの友達に復縁した方がいいと言われている

きっとこの記事を読んでいる女性は自分が復縁したいと思っているか、そういう友達がいるというような状況かもしれません。

あなたと元彼を知っている友人が多い場合は、あなた達のカップルが客観的に見て、復縁した方がいいカップルなのか、そうではないのかという印象を持っているはずです。

客観的印象というのは、先入観なしで冷静にカップルのお付き合いを近くで見ていて、お似合いかどうか幸せな未来を描けるカップルかどうかを判断するということ。 共通の友人や知り合いがいれば、客観的印象があるはずです。

周りの友人に「お似合いだったのに」「仲が良かったのに」というような、半ば残念というような意見をされるカップルというのは復縁の可能性が高いと言えるでしょう。

お互いに納得して別れている

お互いが納得して別れるということは、別れるときの印象が良いと言えるでしょう。 これは、別れを切り出した元彼が持つ印象ということになります。

別れる理由によっては、納得がいかないとか、感情的になるということはあり得ること。 しかし、別れるという提案を出した方からすると別れることはもう心の中で決めていることであり、それがいきなり覆されることは少ないものです。

別れたくないと思っていても、別れを切り出された場合は一旦受け入れるということが大切。 そして復縁へとつなげましょう。

友達としていい関係が続いている

別れるときに相手を傷つけたくないために、「友達に戻ろう」という別れ文句を言うということはよくあることですよね。 しかし、実際に友達関係が継続されるという元カップルは少ないものです。

別れ際の社交辞令でもなく、本当に友達関係を続けることができるカップルというのは復縁の可能性が高いです。 それは、人として嫌いになったわけではないから。

別れを切り出した方に新しい彼女がいないのであれば、友達関係を続けることができ、復縁の可能性が高まります。 新しい彼女がいて幸せであれば、よほどの事がない限り元カノと連絡を取り合う気持ちはおきないでしょう。

30代までのカップル

復縁において重要なのは何も別れた理由だけではなく、実は年齢も関係しています。 これは統計でも出ており、30代の結果を見てみると、復縁したことのある男性は20.0%、復縁したことのある女性は26.9%と、復縁率が上がっています。(街コンジャパンの統計)

一般的なカップルの復縁率が20%以下ということを考えると、この数字は高いですよね。 あまりに若い年齢だと、次の人に!という考えが先行するのかもしれませんが、ある程度落ち着いた年齢になると、さまざまなことを考えやはり元彼や元カノしかないという考えに落ち着くのかもしれません。

「一度手放して、その大切さを認識する。」 その気持ちが反映されている数字なのではないでしょうか。

遠距離だけどお互いに嫌いではない

遠距離カップル

pexels.com

遠距離恋愛のカップルはお付き合いを継続するのが難しいものです。 これは、周りの遠距離恋愛のカップルを見ても明らかですよね…。

とはいえ、遠距離カップルが別れる理由の多くは、相手を嫌いになったのではなく物理的に難しいと思うことが理由であることが多いもの。 遠距離であってもお付き合いしたいということは、それだけ相手のことを好きとか愛しているという気持ちが強いからこそ。

人として嫌ではなくなったという理由でないため、復縁の可能性は意外と高いです。

元彼からのアプローチでお付き合いが始まったカップル

元彼からのアプローチによりお付き合いが始まった場合、どうしても相手のことを嫌いになれないというのが男性の本音だとか。

男性の本能によると、自分が努力(アプローチ)して手に入れたというものは手放したくないと感じるようです。 男性から求められている方が幸せなお付き合いができる、とは多くの女性が分かっていることです。

長期間上手く行っているカップルの特徴は、彼女側には特に不満が少なく、彼氏の方が彼女のことを大切に想っている傾向があるようです。

この理論に基づいて、元彼からのアプローチでお付き合いが始まったカップルの方が復縁の可能性が高いと言えるでしょう。

ふたりが釣り合っていないからという理由で別れを告げられた

別れる理由でそう多くはないのが、「ふたりが釣り合っていないから」という理由。 これは経験した人にしか分からないことかもしれません。

元彼目線で考えると、彼女がかわいくて性格も良い人気者だという場合に多いようです。 「自分とは釣り合わない」「彼女にはもっといい人がいるはずだ」と勘違いをして、将来的に自分が振られると思いこみ、別れを切り出してくるのだとか。

恋愛からの逃げ、傷つくことを避けたい場合に多いでしょう

別れの理由というのが明確に説明できないことが多く、自分の自信の無さ、わがままだとか、こっちの理由という曖昧なものなので、彼女側は納得できないことも多いはずです。

この場合は気持ちがないわけではないので、復縁の可能性が高いです。

学校や職場など共通の場所に属している

たとえ別れてしまっても、同じ学校や職場というケースなどは復縁の可能性が高いです。 これは顔を合わせる機会も多いので、別れた相手に対して好意的に見ることができたり、別れた相手が魅力的に変わっていく様子を感じられたり、ということがあるからでしょう。

別れた相手と顔を合わせない方が早く忘れることができるので、別れた直後は辛いという気持ちがある一方で、復縁の可能性も高いのです。 あからさまに避けられているという場合は例外かもしれませんが、相手の態度がお付き合いしているときと変わらない場合は復縁の可能性があります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー