復縁して再婚できる可能性はどのくらい?メリットや注意点が知りたい
2963 Point
更新

復縁して再婚できる可能性はどのくらい?メリットや注意点が知りたい

離婚した後に、「やっぱり元旦那と復縁したい」と思ったことがある人もいるはずです。離婚して復縁できる可能性は、どれくらいなのでしょうか。復縁して再婚するメリットや注意点を解説します。

離婚したのに、また同じ相手と再婚することは可能なのかと考えることもあります。 離婚した理由にもよりますが、もう一度再婚したいという気持ちを持つこともあるはずです。 同じ相手と、再婚することは実際可能なのでしょうか。

相手の気持ちが、どうなのかも気になりますよね。 離婚をしたとはいえ、一度は愛した相手であり気持ちが残ることは自然なことです。 復縁して再婚する可能性や、メリット・デメリットについてみていきましょう。

カレとどうしても復縁したいなら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

復縁して再婚することはできる?

頭を抱える女性

pexels.com

離婚した相手ともう一度復縁して再婚することは、実際できるのでしょうか。 自分が復縁したいと思っても、相手の状況がどうかによっても違ってきます。 離婚した元旦那と復縁して、再婚できる可能性についてみていきましょう。

離婚後同じ相手と再婚したカップルの割合

離婚後同じ相手と再婚したカップルは、実際どのくらいの割合でいるのでしょうか。

割合は厚生労働省|平成28年度人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」厚生労働省の調べによると、平成28年に結婚したカップルのうち1割が夫婦ともに再婚というデータが出ています。 すべてが復縁ではありませんが、全体の10%となります。

やはり、離婚を経験すると再婚への腰が重くなってしまう人も多いのが現実ということに。 しかし、一度は愛した人であることから再婚を願う気持ちが起こるのは自然なことなのです。

再婚できる可能性が高いケース

復縁して再婚できる可能性が高いケースは、離婚した原因が一時的な感情や環境によるものである場合です。 例えば、若いときに結婚して一時的な感情の行き違いなどで離婚に至った場合。 そして、結婚したのに単身赴任などで距離ができてしまった場合などもそうです。

これらの場合は、原因が一時的なものであることから復縁できる可能性があります。 時間が経って、離婚の原因が解決している場合は復縁から再婚することが期待できるでしょう。

再婚は難しい可能性が高いケース

復縁して再婚が難しいケースは、長年の不満が溜まっていた場合や現在の生活が充実しているケースです。 長年の不満が溜まって離婚するケースは、相手のことをよく思っていない場合があります。 その場合は、簡単に気持ちの整理がつくとは考えにくいと言えるでしょう。

そして、離婚後の生活が充実している場合は、新たな生活を手放して再婚とはなりにくいものです。 特に経済力がある場合や、子供がいないケースは難しいと言えます。

再婚禁止期間とは

再婚を真面目に考えるときに、法的なことも知っておくべきだと言えます。 復縁する場合は、なんの問題もありませんが再婚となる場合は知っておくべきです。 再婚禁止期間という法律は、子供が誰の子であるかを判断するためのもの。

女性は、離婚後100日間は再婚ができないこととされています。 離婚時に妊娠していない場合、離婚後に出産をした場合は適応外となります。 男性が離婚した後については、すぐにでも再婚は可能です。

子供がいる場合は?

子供がいる場合は、復縁して再婚するときどのようにするべきか悩む人もいるはずです。 子供の親権がある場合は、同じ相手つまり子供の父親との再婚ということになります。 子供の戸籍は親権のある人の戸籍となりますが、再婚後に戸籍を戻すことができるのです。

再婚して婚姻届けを出すときに、子供の入籍届を一緒に提出するとスムーズに手続きができます。 復縁しての再婚の場合は、親が同じケースが多いので子供のことも難しくないでしょう。

離婚から再婚までの期間は?

離婚して復縁から再婚となるまでの期間は、どのくらいがベストなのでしょうか。 離婚から再婚までの期間には、冷却期間が必要です。 しかし、この冷却期間は個人差がありどのくらいの期間がベストかというのは難しいところ。

別れた理由やその人の性格などでも違うため、一概には言えません。 復縁までの冷却期間は、人それぞれですが女性よりも男性の方が必要となる場合が多いです。 あまり焦らずに心の距離を保つようにしましょう。

復縁して再婚したいと思った理由

赤ちゃんを抱く女性

pexels.com

離婚した相手と、なぜ復縁して再婚したいと思うのでしょうか。 一度は別れを決意した相手に対して、復縁を望むという気持ちのポイントがあるはずです。 復縁して再婚をしたいと考える理由についてみていきましょう。

子供のことを考えて

別れた相手との間に小さな子供がいる場合、子供の将来を考えて復縁したいと考える人が多いです。 例え相手と会わせていたとしても、両親が揃っている家庭で育てたいと思い直すこともあります。 子供の気持ちや成長への影響もありますが、子供に掛かる経済的な負担にも理由があるのです。

両親が揃った環境で、よい教育を与えるためには再婚するべきだという考え方。 将来を考えて、子供への環境を整えたいということが理由となります。

経済的な理由

離婚後シングルマザーとして働いていたり、自分ひとりで経済力を持つことに限界を感じたりしたとき復縁を考えます。 経済的な理由であれば、別の人との再婚でも可能と言えば可能です。 しかし、子供がいる場合は特に慎重になるものなので、同じ人と復縁できればと考えます。

離婚した相手の仕事が安定していて、経済力があるのであれば子供のためにも安心です。 経済的な余裕がなくなってきた場合、同じ相手との復縁や再婚を望む理由となります。

離婚したときの原因が解決した

離婚をしたときの原因である事柄が、現在は解決していることで復縁したいと考えます。 例えば、姑との同居が問題であったが同居しなくてもよくなったなど。 相手のことが原因ではなく、他の問題だけが原因だった場合は解決したことにより復縁したいという思いが沸くこともあるのです。

好きな気持ちがありながら、問題のために離婚した場合は問題が解決することが重要。 問題がなくなれば、相手と復縁したくなるのは自然です。

離婚後の方が仲良くなれた

離婚したあと、離れたことで相手の大切さを感じたとき復縁を望む理由となります。 離れてみて相手の大切さを改めて感じることは、カップルでもありますよね。 離婚を経て相手の大切さに気付くというのは、非常に重みがあります。

結婚していたときは、どこか甘えがありおざなりにしてしまったことに気付き、もう一度復縁して再婚できたらと思うのです。 大事な人を失ったと、本気で気づいたときが復縁したい理由となります。

老後の不安があった

若いときの離婚ではなく、ある程度の年齢になって離婚した場合は老後の不安を感じるものです。 離婚後自分だけの経済力では、老後どうやって暮らしていけばよいのか不安になります。 そんなとき、同じ相手と復縁して再婚したいと考えるのはごく自然なことです。

離婚した相手に安定した仕事があり、経済的に安定しているのならなおさら。 老後の生活が不安に感じたことから、同じ相手との復縁と再婚を望む気持ちとなるのです。

お互いに後悔していた

離婚をしたことをお互いに後悔している場合は、復縁や再婚したい理由となります。 このとき重要なのは、お互いにというところです。 なんらかの理由によって片方は後悔しているが、片方は許していない場合は成り立ちません。

お互いに一時的な感情で離婚にまで至ってしまったが、時間が経ったことでお互いの気持ちが落ち着くことがあります。 冷却期間の間に反省したり、考え直したりしたことによって気持ちが戻ることはあるものです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー