倦怠期で別れたら復縁はできる?冷却期間や復縁方法をご紹介
2248 Point
更新

倦怠期で別れたら復縁はできる?冷却期間や復縁方法をご紹介

どんなカップルでも、倦怠期はあるもの。倦怠期で別れた場合、どれくらい冷却期間を設けるべきなのでしょうか?復縁の方法なども含めて、倦怠期で別れたときの対処法をご紹介します。

どんなに相手のことが大好きでも、ある程度の交際期間が経過すると、個人差はありますが倦怠期に入るカップルがたくさんいます。

倦怠期間中に些細なことから行き違いが起こってしまい、勢い余って別れてしまうことも考えられます。

そもそも倦怠期とはなにか、倦怠期で別れる理由などについてチェックしてみましょう。 倦怠期で別れてしまった時の復縁方法や、復縁の際の注意行動についてもまとめています。

倦怠期について正しい知識を持ち、大好きな彼との復縁を成功させましょう。

倦怠期は誰にでも訪れる

倦怠期は誰にでも訪れる

pixabay.com

お互いのことが大好きで交際をスタートさせて、いつも仲良しだったのに、最近恋人との仲が前ほどよくない気がする。 これはもしかすると、倦怠期に突入しているのかもしれません。

仲良しカップルでも、倦怠期を迎える可能性は大いにあります。 まずは、倦怠期とはいったいどのような状態になることを指しているのかなどの基本情報を確認しておきましょう。

倦怠期とは

倦怠期とは、交際当初のときめきが薄れて、相手に対して慣れを感じている期間です。

交際スタートの直後は、想いを寄せていた人と両想いになれてドキドキワクワクするものです。デートもちょっとした買い物も、一緒にいるだけで幸せな気持ちになります。

しかし、ある程度一緒にいる時間が長くなると、トキめきは薄れやすくなる傾向。

それは決して悪いことではないのですが、ドキドキが半減した分だけ冷静に相手を見られるので欠点などにも目が行きやすくなったり、ケンカをしやすくなったり相手に対して冷めた気持ちを抱きやすくなるのです。

倦怠期が訪れやすい時期

倦怠期は、交際開始から最短で3カ月ほどで訪れるカップルもいます。 相手に対して、自分の考えと何らかのズレなどを感じやすくなる時期です。

次が交際開始から半年頃で、相手に対する小さな不満や我慢が限界を迎えやすくなる頃合い。

次に1年でマンネリを感じやすくなってきた頃、その次が3年ほどでお互いの存在が当たり前となってきた頃に訪れやすくなります。

倦怠期を乗り切るためには工夫と時間が必要な場合があり、どれくらいの期間倦怠期が続くのかは人それぞれです。

倦怠期で別れを切り出すのは女性が多い

倦怠期を迎え、思うように恋人との時間が充実したものにならず、双方に相手を大切にできていない場合は破局してしまうこともあります。

特に交際当初から相手に併せて我慢して、自分のやりたいことを後回しにし続けてしまう女性は、倦怠期に男性に別れを切り出すということも少なくありません。

どちらかに非があるのではなく、普段からの我慢の積み重ねと倦怠期が相まって、別れてしまうのです。

勢いで恋人と別れてしまうと、絶対に後悔が残ります。別れを切り出す前に、現状を客観的に見てみましょう。

倦怠期で別れる理由

倦怠期で別れる理由

pixabay.com

倦怠期で別れてしまう理由は、男女で異なります。 倦怠期の期間で別れを切り出したときの相手の気持ちを理解するためにも、別れを切り出す理由を把握しましょう。

倦怠期で別れてしまうと、その後どのような心理状態になりやすいかという点もご紹介します。

倦怠期で相手に別れを切り出そうと思っている場合は、今一度別れを切り出すべきかを考えてみてください。

倦怠期に彼氏から振られた理由

男性の場合、倦怠期に突入すると彼女とのこれからを想像する人が多くなります。 このままズルズル付き合って、そのまま結婚して変わらない毎日を送って…と考えたときに、半ば諦めにも似た気持ちになることもあるようです。

ときめきはないけれど、いまさら新しい恋を見つけるパワーもないとなると、別れは切り出しません。

しかし、このままではいけないと思い、今の環境を変えたいと決心した際には、彼女との別れを選択する人もいます。

自分の中のけじめとして別れを切り出しているので、すがったり問い詰めたりしても、男性の意見が変わることは少ない傾向です。

倦怠期に女性が彼氏を振る理由

女性は大好きな彼氏から愛されていると実感できることで、幸せを感じやすくなります。 記念日を一緒にお祝いして、季節ごとのイベントを一緒に過ごすことで、彼とのこれからの人生を想像して、明るい未来に希望を持ちます。

しかし、彼氏から愛されていない、もう自分には関心がないのだと感じると、ネガティブな感情が沸きやすく、昔と今を比べて悲観的になりやすくなります。

昔と今を比べた際、悲しい気持ちになりやすくなる一方、今までの我慢や不満に対して怒りの感情に火が付きやすくなるので、倦怠期を機に別れを切り出す女性は少なくないのです。

倦怠期が原因で別れると後悔するかも

倦怠期を迎えて、交際相手と過ごしていてもドキドキや楽しさを感じにくくなったら、間接的に別れる原因になることもあります。

しかし、倦怠期だけが原因で別れてしまうことは非常に少ないので、別れを考えているのであれば、その理由の根源を見極めることが重要です。

倦怠期で別れてしまうと、失って初めて相手の存在の大きさや魅力などが見えてくることもあります。

そうなると、恋人との別れを急いでしまったことや、倦怠期を乗り切る工夫をしなかったことに対して後悔してしまうかもしれません。

倦怠期=嫌いになったわけではない

倦怠期に感じやすい慣れは、マンネリとよく似ています。 しかし、倦怠期の慣れは相手に対してよい意味で慣れてきている状態。

交際開始当初の新鮮さは欠けますが、その分お互いの考え方や行動パターンなどを共有して理解度が深まっている関係です。

新鮮さに欠けているため、一緒にいても新しい発見がなく、楽しいと感じにくいことが増えやすくなります。 しかし、相手に対して嫌いという感情を持っているわけではないケースが多いのです。

倦怠期で刺激は少なくなってしまったことを、相手が嫌いになったと勘違いしてしまい、早合点して別れを告げてしまうカップルも実際にいます。

大好きな彼氏と復縁したい!どうすればいい?

彼氏と復縁したい

pixabay.com

倦怠期に彼との関係が少しぎくしゃくしてしまい、勢い余って別れてしまった。 でも、離れてみて彼の存在の大きさがわかり、別れてしまったけれどまた彼とやり直したい!

倦怠期に彼から別れを告げられてしまったけれど、どうしても復縁したい。

別れてしまった元彼との復縁には、知っておきたいポイントがあります。 どのような行動をとるべきかを把握して、焦らずに復縁しやすい環境を整えていきましょう。

しっかりと冷却期間を取る

どんな別れ方をした場合にも、冷却期間の確保は必須です。

冷却期間を十分に設けることで、高ぶっていた感情や思考回路がほぐれて柔軟になってきます。

狭くなっていた視野が広がることで、考え方の幅が広がり、別れたことを客観的にとらえやすくなります。

ネガティブだった思考も、徐々にフラットな状態に戻りやすくなるので、相手に対して自分がしてしまった行動や言動も見えてきやすくなるのです。

冷却期間は、最低でも3カ月ほど持ちましょう。 連絡したい気持ちはわかりますが、別れてすぐ連絡すると、相手から嫌悪感を抱かれてしまうかもしれません。

自分磨きをする

大好きな彼との別れは、女性にとってこの上なくつらいものです。 泣いても泣いても涙が出てしまうほどつらい出来事ですが、ずっと泣き続けていても現状は変わりません。

彼に振り向いてもらうためにも、自分磨きをしましょう。 メイクやファッションの研究はもちろん、ウイークポイントを改善することも重要です。

また、彼が大好きな料理の習得や、特別な日にぴったりの手間暇をかけた料理の研究をしてみるのもおすすめ。

冷却期間を有効に活用して、今までの自分よりもステップアップしたワンランク上の女性を目指しましょう。

復縁することに執着しすぎない

復縁したい気持ちがあると、どうしてもすべてを復縁に結びつけるような行動をとってしまいがちです。

しかし、復縁にばかり気持ちが向いていると、相手の気持ちにも盲目になってしまうかもしれません。

まずは、彼と連絡が取れる状態をキープしましょう。 彼が気軽に返信できる内容のメールのやり取りから開始して、世間話などをして楽しいやり取りを重ねることが重要です。

復縁には、基本的に時間がかかることが多いものです。 連絡が取れるようになったから、すぐに復縁できるとは限りません。 長い目で見て、彼との距離を少しずつつめていけるような関係を築いていきましょう。

彼と付き合っていたころの自分を振り返る

交際期間が長くなればなるほど、お互いに心を許しあっていくものです。

交際していく中で、徐々におしゃれや彼に対する気遣いが疎かになっていたということもあるのではないでしょうか?

交際開始当初は気を付けていたことが、慣れを理由に適当になってしまったり、彼に対して上から目線の言葉ばかりかけていたりとなると、彼も不満を募らせて別れを決意したのかもしれません。

彼と付き合っていた時のことを振り返るときは、彼との楽しい思い出だけでなく自分の行動や格好なども振り返りましょう。

悪かったと思える部分を自覚したら、その部分を改善できるように普段の生活から気を付けることで、少しずつ大人の女性に成長していけます

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー