復縁するなら別れて一年後!ベストタイミングを見つけて幸せになろう
2789 Point
更新

復縁するなら別れて一年後!ベストタイミングを見つけて幸せになろう

復縁は別れて一年後にした方がいいということについてのお話です。長い期間を開けての復縁だからこそ、確実に成功するためのアプローチ法や連絡の取り方、復縁後についてもまとめています。

元彼との復縁を考えたときに気になるのはどのくらい時間を置くかということ。 あまりに短い時間しか置かないと上手く行かない理由は、男性の気持ちというのは変化しにくいからです。

特に元彼から別れ話をされた場合、元彼が復縁にOK出さなければならないというハードルがあります。 別れた理由にもよりますが、男性の気持ちを動かすにはどうしても時間が必要ということを理解しましょう。

とはいえ、時間だけおけばすべてが上手く行くというわけではなく、復縁に向けてのアプローチ法や実際に復縁した後のお付き合いの仕方が大切です。 せっかく復縁できたのですから、同じことで別れたくありませんよね。

あなたが元彼と復縁をし、その結果以前よりも絆を深めたカップルになれるようにお話を進めていきます。

復縁は別れて一年後がベストな理由とは

恋人

pexels.com

復縁を考えたときに、一年後という期間は長くて短いものです。 しかし、一年という期間があれば人の気持ちも状況も変わるものですし、復縁を本気で考えたときにはちょうど良い期間なのかもしれません。

また、一年後も復縁したいと思っている気持ちがあるということは復縁に対して本気であることを裏付けます。 そういう意味でも1年という期間は意味があるのです。

冷静な気持ちになれる

別れた直後と一年後を比較したときに、気持ちの面での冷静さが違います。 それは別れた直後には、相手に対して、マイナスな感情を持つことが多いから。 嫌悪感や憎しみ、怒りなどの感情を持つことがほとんどであり、別れるつもりがなかった側からするとあまりのショックで言葉が出ないということもあるでしょう。

そのようなマイナスの感情も一年も経てば多くの場合はなくなっており、別れたことが辛かったという過去の記憶となります。

このように考えられるようになれば、復縁ということも冷静に考えることができ、行動もできるでしょう。

新鮮な気持ちで付き合うことができる

以前付き合っていたときに一年以上のお付き合いだった場合、どうしても新鮮さはなくなっていたことでしょう。 ドキドキ感は恋のはじまりだからこそ、それが落ち着くと安定や安らぎに変わったことと思われます。

それはそれで素敵なことではありますが、一年後の復縁はお付き合い当初のドキドキ感を体感することができる点が魅力です

付き合いはじめに相手に対して思えた、かっこいい!かわいい!自分のタイプ!というような少々テンション高めの感情がよみがえります。 同じ人とお付き合いするのにこのような感情になれるのは「一年後」という期間を置くからです。

自分磨きができる

自分磨きをするのに一年という期間は十分な期間と言えるでしょう。 一般的に言われる自分磨きの方法というのは、外見だけでなく、内面も磨くということ。 元彼から魅力的な女性だと思わせるように、自分磨きをしたいものです。

本来は復縁のための自分磨きですが、あなたの外見や内面が今までより素敵になれば、生活全般が変わって来るはずです。 新しい人間関係ができたり、食事会やイベントなどに誘われたりすることも増えるでしょう。

自分磨きをすることで得られるメリットはたくさんありますが、そのなかでも一番のメリットは精神面です。

・自分に自信をつけることができる ・ストレスが少なくなる ・仕事がスムーズに運ぶ

このようなメリットはほんの一部であり、これまで自信がなかった人が自信を付けた場合は、メリットは無限大と言っても過言ではありません。

存在の大きさを感じやすい時期

元彼と別れて一年も経てば、復縁を願っているあなたはずっとひとりでいたとしても、元彼は新しい彼女がいるかもしれません。 その彼女ともしかすると、お付き合いが落ち着いた頃ということも考えられます。

元彼が今の彼女に不満を持っている場合は、あなたのことが美化される時期でしょう。 さらに、別れることはなかったのではないかと後悔する時期でもあるのです。 そう思うのは、別れ際は冷静さをなくしていたとしても、一年も経てば冷静さを取り戻しているから。

また、想い出というのはどうしても美化されがちなので、あなたのことが別れたときよりも良い印象と変わっていることが多いはずです。

一年後の復縁アプローチ法で気を付けたいこと

女性

pexels.com

復縁というと、アプローチはつきものですが、それを待っているだけでは復縁できるかどうかが難しくなります。

アプローチを成功させるために気を付けたいことや、一年という月日が経って自分の心に問うことも必要です。 復縁アプローチをする前に少し立ち止まって考えてみましょう。

自分の気持ちを飾らずにストレートに伝える

元彼と付き合っているときは、自分を良くみせようと飾ったり、気を遣い過ぎたりしたことがあるでしょう。 しかし、復縁アプローチで必要なのは、自分の気持ちを飾らないということ。

復縁アプローチの際に、この一年間元彼のことを思い続けていたことなど、あなたの素直な気持ちを伝えるようにしましょう。 暗い印象になることは避け、明るい印象で伝えることもポイントです。 暗い印象で伝えると、どうしても重い印象を持たれがちなので避けるようにしてください。

元彼しかいないということを伝える

もちろん、一年経っても気持ちが変わらないのですから、あなたにとっては元彼しかいないはずです。 そのことを伝えるときに、冷静に考えてそのような結論に達していると伝えましょう。

あくまで執着やストーカーのような印象を与えないことが大切。 元彼への気持ちがあふれて想いを伝えるときに涙が出てしまうかもしれませんが、涙が出ていることを悟られないようにすることも必要です。

重く取られないように気持ちを伝えるのは難しいことですが、何度か練習してみてもいいでしょう。

現在の元彼との距離を考えて行動する

元彼と別れて一年経ったからといって、連絡を全くしていなかったのにアプローチをするには重すぎます。 これまでの元彼との距離感によって、行動を変えていくことも必要です。

これまでの一年間で元彼と全く連絡を取っていなかったのであれば、まずは現在の状況を連絡するという形から入らなければなりませんし、既にときどき連絡を取っているのであれば、復縁アプローチをする時期と判断しましょう。

現在の元彼との関係性を冷静に判断し、行動を誤らないようにすることが必要です。

本当に復縁したいのか自分に問うてみる

一年前に元彼から別れを告げられたというパターンで別れた場合、振られた方の立場からすると別れたくない場合が多いので、復縁しか見えないはずです。 数ヶ月はそのような気持ちで過ごしてきたという人が多いのではないでしょうか。

しかし、振られた理由や元彼への気持ちにもよると思いますが、数ヶ月も経てば状況も気持ちも受け入れることができるのが現実です。 その際に、あなたは元彼と本当に復縁したいと思っているかを冷静に考えることが必要でしょう。

復縁を成功させるためには、努力と戦略が必要です。 それくらいの労力をかけても復縁したいかどうかを考えてみるようにしてください。

元彼からの好意が感じるのであれば言ってくれるのを待つ

現在の元彼との関係性によっては、自分から復縁アプローチをしなくてもいいという場合もあるでしょう。 それは、元彼とLINEなどでやり取りをしていたり、接することがあったりして元彼からの好意を感じている場合です。

一度別れた二人が連絡を取り合っているという場合は、人として嫌いになったわけではないことが多いので、復縁の可能性は一般的な場合と比べて高めでしょう。

元彼の方から連絡が来るとか、好意があるような気がするという場合、何気なく元彼に対してアプローチされたら復縁したいと思っていることを醸し出すことも必要。

男性の多くは成功する確率が高いと思っていないと告白できないという場合が多いので、イケると思わせることが必要です。 その結果、元彼から復縁アプローチが期待できます。

一年間まったく連絡を取っていない元彼とはどう復縁したらいい?

電話

pexels.com

復縁アプローチをするには、元彼の関係性によって月日は変わるもの。 一般的に一年という月日は成功しやすいとも言えますが、それでも全く連絡なしという場合は事前にしなければならないことがあります。

元彼とどうやってつながりを作って行くのかということに着目し、まず何をしたらいいのか考えてみることが必要です。

「誕生日おめでとう」など、重くならないメッセージを送る

それまで連絡を取っていなくても、連絡を取りやすいのがこの方法。 これは誕生日おめでとうのメッセージを送ることです。

誕生日おめでとうと言われて嫌な気持ちになる人はいませんし、何よりも自然にメッセージを送ることができます

ただ、気を付けたいのは0時がまわって一番に送るというような行為。 このような行為はお付き合いしている二人やかなり親しい間柄だからいいのであって、そうでない場合は引かれてしまうこともあります。

週1くらいLINEで何気なく連絡する

元彼に気を遣い過ぎて全く連絡を取らないのであれば、あなたとの距離は離れたままです。 できれば週1くらいで連絡を取るようにするのがベストでしょう。

気を付けたいのが、連絡を取れるようになったからと言って、頻繁に連絡を取り過ぎてしまうということ。 気持ちは分かりますが、元彼にとって重くなってしまうこともあるでしょう。

内容は共通の話題や、元彼のことを気遣うような内容がベストです。 自分のことを自己満足で報告するようなLINEは送らないようにしてください。

SNSにいいね!などをしておく

SNSでつながっているのであれば、いいね!をしておくこともいいでしょう。 コメントを残したいと思っていても、ここはいいね!で我慢するようにしてください。

あなたが嫌われてしまったことが理由で別れたという場合は、いきなりのLINEのやり取りではなく、いいね!から始めましょう。

いいね!が付いているということは、元彼もきっとチェックしているはずですし、あなたのことが印象に残るはずです。 控え目かつ印象に残すにはこの方法しかなさそうです。

彼の友達にあったら彼の近況を聞いておく

あなたと元彼に共通の友達はいますか。 もし、共通の友達がいるのであれば、その人に元彼はどうしているか聞いてみるのもいいでしょう。

共通の友達が元彼に、「あなたがどうしているのか心配していた」ということを伝える可能性が高いからです。 もし、共通の友達が数人いるのであれば、そのような報告をしそうなタイプを選ぶのも大切。

実際に元彼の近況を聞くこともできますから、一石二鳥の方法とも言えるでしょう。

偶然を装って再会する

偶然を装うという少々策略的な方法があります。 これは元彼の顔を見ることができるというだけでなく、元彼が運命を感じるという方向に考えやすいからです。

何度か偶然を装って会うことができれば、話かけてもらえるかもしれませんし、こちらから話かけても不自然さはありません。

ロマンチストで運命などスピリチュアルなことを信じている元彼であれば、特に効果的な方法です。 あまりにもやり過ぎにならないようにしてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー