別れてすぐ復縁したい!時間を置かずに復縁できる人、できない人
3736 Point
更新

別れてすぐ復縁したい!時間を置かずに復縁できる人、できない人

別れた直後は一番復縁への気持ちが高まっている時期です。別れてすぐ復縁するメリットやどのような二人がそれを可能にするのか、一方で復縁まで時間を置いた方がいいパターンなどを紹介します。

復縁までの平均は半年!というようなことを聞いても、あくまで平均であって、それよりもかなり短い人もいれば、数年後ということもあります。 それは、別れた理由や二人の状況によっても違って来るものです。

実際には別れてすぐが、一番感情が高ぶっていて復縁したいと思っており、元彼も同じように感じているのだとすればすぐに復縁できます。 二人の想いが同じであれば上手く行きますが、そうでないこともあるでしょう。

別れてすぐ復縁できない場合には一定の理由があります。 それを乗り越えることが先であるため、時間を置くということに。

あらゆる状況を踏まえて、別れてすぐに復縁できるか、そうでないかを見極めることで、復縁までどのくらいおいたら良いのかを見極めましょう。

別れてすぐ復縁することのメリット

別れ

pexels.com

別れてすぐに復縁することは果たして良いことなのか、悪いことなのか…。 復縁の時期を考えたときに、いつ頃を目安にするか難しいものです。

そう思った場合は、別れてすぐに復縁することのメリットを考えていくといいでしょう。 精神面から物理的問題までメリットがいくつかあるようです。

精神的な落ち込みからすぐに回復できる

これまでお付き合いして来た人と別れることは経験した人なら分かる辛さがあります。 それを他人に見せる人、絶対に見せない人さまざまですが、見せないからと言って精神的にこたえていないということはありません。

特に別れることを切り出した方より切り出された方は精神的ショックが強く、寝耳に水という場合もあるでしょう。 なかには眠れなくなるとか、食欲がなくなるとか、うつ状態になる人もいます。

そのような辛い精神状態を抱えているときは1日1日がとても辛く長く感じるものなので、すぐに復縁できれば辛い日々も短くて済むでしょう。

周りに別れたことを詮索されることもない

別れてすぐ復縁する場合、周りの人に別れた事実を悟られることがありません。 悟られる前に復縁するから当然のことですよね。

お付き合いしている人のことをいろいろ聞かれるのはそう嫌な気持ちになりませんが、別れたときにいろいろと聞かれるのは嫌だと思う人が多いでしょう。 特にSNSにデートのことを発信する人は、それがなくなることによって、すぐに詮索されてしまいます。

別れたの?ケンカしたの?と他人の恋愛話に首を突っ込むのが好きな人は結構います。 そのような面倒なこともすぐに復縁することで回避できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

二人の思い出を捨てなくても良い

別れてすぐに復縁すると、二人の思い出を捨てずに済むというメリットがあります。

一般的に別れてからその思い出を捨てる人と捨てない人がいますが、もし復縁ということになった場合、過去の思い出を捨ててしまっていることを後悔してしまうでしょう。

特に振られた側は辛い気持ちから少しでも早く回復するために、思い出を捨ててしまうことが多いもの。 思い出を捨てようとしているときは、まさか復縁できるなんて思ってもいないので当然です。

復縁までに時間がかなり経った場合、余程思い出をコレクションするのが好きという人でなければ捨てていることが多いため、すぐの復縁は大きなメリットとなるでしょう。

復縁のタイミングを逃さずに済む

復縁の時期は人それぞれ違うものですが、すぐに復縁することによって相手に新しい恋人がいないという可能性が高いでしょう。 ほかに好きな人ができて、その人に交際を申し込むので別れるという場合もあるかもしれませんが…。

復縁まで半年とか1年という時間が経過した場合、もしかすると元彼にも新しい恋人がいる可能性が時間の経過と共に高くなって来るものです。

周りの人が新しい彼女を作るように飲み会をセッティングするというような場合もありますし、元彼に彼女と別れたらしいという噂が流れた場合は、モテる男性であれば女性の方から交際を申し込まれることもあるでしょう。

このほかにも、しばらく時期を置いて連絡してみたら既読スルーや未読スルーとなってしまうこともあります。 または、電話番号が変わる、LINEのアカウントが削除されているという可能性もあります。

別れてすぐ復縁できるパターン

別れ

pexels.com

別れてすぐ復縁できるパターンにはある一定の傾向があります。 大きく分けると、感情的になり衝動的に別れたという場合と、相手のことを嫌いになったわけではないという場合です。

自分たちが別れた理由について考え、それがすぐに復縁できるパターンに当てはまるかどうか考えてみることが必要でしょう。

喧嘩のヒートアップにより別れた

特に若いカップルに多いのが、喧嘩のヒートアップによって別れたというもの。 もちろん喧嘩になるようなトラブルがあったはずですが、冷静になると別れる選択を急ぐこともない内容という場合が多いです。

話合いでどうにかできることや、どちらか一方が勝手に悪いように思いこんでいたというようなパターンが見られます。

このような場合は別れ話をしたことをお互い後悔していることが多く、どのように言い出そうかと考えていることが多いもの。

しかし、そう思っているのは自分だけかもしれないとあらゆる考えがループしてしまい、復縁のタイミングが難しい場合もあるでしょう。

別れたのにいつも連絡をしあう仲

二人のなかでは別れ話は行われており、実際にそのような結論になったにも関わらず、その後もお付き合いしているときと何ら変わらず連絡を取っているという場合があります。

この場合は、周りの人から見れば言わない限りお付き合いが続いていると思われるでしょう。

仕事や学校が同じだとか、サークルや趣味関係の集まりが一緒というように、共通するグループにいると、連絡を取ろうとしていなくても、連絡が必要になることも。 その結果、会話もすることになりますし、行動を共にすることもあるでしょう。

もしくは、何となく気になってついつい連絡をしてしまうという場合。 別れたのに何も変わらない関係だったら、いっそのこと復縁すればいいのでは?と思うのは周りの人だけでなく、本人達も思うことでしょう。

スムーズ過ぎる別れ話だった場合

意外と思われるのがあまりにも別れ話がスムーズだったという場合です。 別れ話がスムーズに行かないのは、その多くが別れ話をされた方は納得がいかないからということが多いでしょう。

なんとなく最近マンネリ化していたとか、妙に落ち着いてしまったというような理由で別れる選択をする人もいます。 これはマンネリ化というよりも、恋愛初期のドキドキ感から安定へとシフトチェンジしただけであり、何も二人の仲がこじれているわけではないのです。

別れ際の重くるしさもなければ、別れる理由もないと思われるためすぐに復縁することが可能でしょう。

復縁の鍵は別れ際の重苦しさがなかったことというのは、どのような原因の別れ方であっても復縁の可能性を高めることにつながります。

お付き合いの期間が長かった

お付き合いの期間が長いというと、それぞれの価値観によって違いはありますが、一般的に1年以上です。 「年単位」という言葉が使えることが、お付き合いの長さを表します。

お付き合いして数ヶ月ですぐに別れてしまった場合はどうしても復縁する可能性が低いと言われており、その差となるのは「二人の思い出の数」です。

二人で過ごした時間が長いと、あらゆる思い出があるのが一般的であり、別れてからも何かのきっかけでそれらを思い出すことも多いでしょう。 その結果、やはりこの人とのことを過去にしたくない!と思ってしまうのです。

もちろん、期間だけ長く付き合っていても、思い出そのものが少ないとか、滅多に会える関係ではないということもあるでしょう。 そのような場合は長い期間付き合っていても、このパターンに該当しません。

相手を嫌いになったのではなく、自分の感情が原因の場合

「君には悪いところはない、自分の問題だから」というような別れの理由、これは元彼が抱える感情面が起因しています。

あなたのことは好きだけど、嫉妬するのが辛く、かといってほかの男性と関わって欲しくないのを言えないなどの理由から、いっそのこと別れてしまえばいい!と自己完結してしまった場合があてはまります。

嫉妬という問題には限らないのですが、嫉妬にまつわることが多いです。 一般的にモテる女性と付き合った場合に、このような感情に悩まされることが多いでしょう。

また、自分はこうあるべきというものがあり、自分に厳しい人が抱えやすいです。 嫌いになったのではない、好きでいることが辛いという理由なので、元彼側が早めに復縁を言い出せば可能性が高くなるパターンです。

振った側が後悔をして復縁したいと思っている場合

復縁したい 後悔

pexels.com

復縁が成功しやすいのは、ちょっとした法則があります。

振った側が復縁を申し込む なるべく早い時期に復縁を申し込む

この二つです。 振った側が後悔をして復縁したいと思っているのであれば、なるべく早めに復縁の申し込みをした方が可能性は高くなるでしょう。

振られた側が精神的に落ち着いて、未練がなくなりかけた頃に復縁を申し込んでも難しいものです。 特に女性は未練がなくなってしまうと、気持ちの面でふらつく人は少ないです。 もしかすると次の恋を探しに行っているかもしれません。

男性と女性の意識の差はどうしてもあるので、自分の意識だけで行動すると、遅すぎたということもあるでしょう。

お付き合いをしているときに一度も喧嘩をしなかった場合

ほんの数ヶ月のお付き合いで一度も喧嘩をしなかったというのは珍しくありませんが、年単位でのお付き合いの場合は珍しいでしょう。

一度も喧嘩をせずにお付き合いができるというのは、余程気を遣っているのか、相当相性がいいのかです。 これは、当事者であればどちらなのか分かることと思います。

そもそも別れるときも争いがなかったという場合、一度も喧嘩がなかったということになります。 周りから見るとどうして別れるんだろう?と疑問に思われることも。

このような流れの原因は恋愛経験のなさから来ているものであり、ある程度の経験値がある人には該当しないことが多いでしょう。 そもそも相当相性がいい人と巡り合えるだけで幸せなこと。

後で後悔しやすい別れの理由なのは明らかなので、早めに復縁をし、安定したお付き合いを再開させましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー