復縁できる?元彼の脈なしサインと逆転のためにすべきこと6選!
2865 Point
更新

復縁できる?元彼の脈なしサインと逆転のためにすべきこと6選!

「復縁したい!でも脈なし!どうしよう!!」が現状のあなた。ここでは復縁の現実や、元彼の脈なしサインなどをご紹介していきます。そして「そこから大逆転」の方法もお伝えします!

別れた彼氏とどうしても復縁したい…でもどうやら脈がなさそうで、困り果てていませんか。 ここで復縁の道のりに関すること、そして元彼の脈なしサインを改めて知って、現状をきちんと理解、把握してみましょう。

それらを踏まえた上で、復縁への大逆転の方法をお伝えしますので、脈なしでも決して諦めないでくださいね。

脈なし復縁の道のりは険しい

キスをする二人

pexels.com

脈なしの状態で復縁をするのは、実際のところ難しいと言わざるを得ません。 ですがどうして難しいのか、その理由を知っておかないと思わぬ勇み足をしてしまうかも? それに、理由を知ることは自覚にもつながりますので、大逆転のために役立つ知識になります。

元彼に彼女がいるかも?

別れた後で元彼が誰かと付き合っているケースは、復縁を最も難しくさせる要素のひとつです。 元彼の心が、すでに他の女性のものになってしまっていては、もう入り込む余地がないですよね。

さらに、万が一、元彼が誰かと付き合っている状態の上で、復縁に頑張っていたあなたに振り向いてくれたとします。

それはそれで、「元カノとヨリを戻すために今カノを振る」という状態が作り出されることで、周囲から倫理観を問われてしまいかねません。 よってきちんと元彼が今カノとケリをつけるなど、スジの通った復縁を目指さなくてはなりません。

元彼は復縁に否定的かも?

もしかすると、そもそも元彼は復縁そのものに対して否定的な感情を抱いている可能性があります。 もっと分かりやすく言うなら、一度別れた相手とヨリを戻すような行為を良しとしていない可能性があります。

別れたのですからきっちりと決着がついている、もう二度と元に戻ることはない、復縁などもってのほか、と考えているのかもしれません。 元彼がこのようなタイプの場合は、正攻法で復縁を求めてもかえって嫌がられるだけです。

元彼の復縁に対する否定的な感情を払拭するような方法、または元彼自身がプライドを捨てて復縁に応じるようにがんばらなければいけません。

あなたと付き合って後悔しているかも?

あなたの言い分はひとまず置いて、別れた原因はあなたにあると元彼は思っており、付き合ったことを後悔しているかもしれません。

価値観の相違などで、元彼は終盤すでに疲れている状態で、やっとの思いであなたと別れたというケースも考えられます。 つまり元彼は今、別れてせいせいしている可能性があるのです。

別れをポジティブに感じてしまっている時点で、復縁は非常に難しいと言わざるを得ません。 この場合、別れた後であなた自身の魅力を磨いたりするなど、大幅に見直されなければ前進することは難しいでしょう。

昔のことを根に持っているかも?

元彼はもしかすると、昔のことを根に持っているかもしれません。 あなたと元彼が別れた原因は何でしたか?

別れの際に、元彼からいろいろと言われたと思いますが、そこで特筆すべき何か思い当たる節があったのではないでしょうか。

元彼は何らかの出来事をずっと根にもっていて、結局苛立ちやストレスから開放されたくて、あなたと別れた可能性があります。

となると、普通に復縁を申し出ても、受け入れてもらうのは難しいかもしれません。 きちんと謝罪をするなり、元彼の中で引っ掛かっている何かを取り除くなどをして、スタートラインに戻れるよう計らいましょう。

まったく信用されていないかも?

恋人として、あなたは元彼の信用をなくしてしまったのかもしれません。 恋人の時代もあったのに、そこまで信用できないものかと感じることでしょう。

ですが、あなたが彼に裏切り行為をした、浮気をした、などの問題行動はありませんでしたか? 裏切り行為や浮気などは、許せない人にとっては生涯許すことはないというくらいの出来事になる可能性もあります。 もしかすると、心当たりがある方もいるかもしれません。

もしあなたの浮気が原因で別れた…となれば、復縁の可能性は極めて低いと言わざるをえません。 なくした信用を少しずつ取り戻して見直されて、それから復縁の可能性が少しずつ見えてくるでしょう。

元彼はちょっと恋愛に疲れているかも?

元彼は、ちょっと恋愛に疲れているのかもしれません。 と言うのもまず、ご存知の通り恋愛というのはとてもエネルギーを使うものです。

恋愛のときは恋愛モードに切り替えて、仕事や自分の時間と区別するタイプの人もいます。 元彼はそれに疲れてしまったのかもしれません。 別れたあとはその疲れを癒したい心理が強くはたらいていて、復縁どころではない可能性があります。

この場合はとりあえず元彼にはゆっくりと休んでもらって、気持ちが恋愛に傾いた頃を見計らってアプローチをするのが、最も復縁に近い方法になるでしょう。

復縁する気がない元彼の脈なしサイン

怒っている画面

pexels.com

では実際復縁する気がない場合、元彼は具体的にどのような脈なしサインを出すのでしょうか? 以降に、元彼が示す可能性のある脈なしサインを一挙ご紹介します。 一目瞭然なもの、よく考えれば脈なしと理解できるものなど、さまざまあるのでチェックしてみましょう。

あなたを避けている

元彼が、あなたと別れた以降に接点を持とうとしない、また関わろうとしないなど、避ける素振りが見える場合は基本的に脈なしと考えられます。

ばったり合っても、適当にはぐらかされていそいそとその場から逃げようとするなど、あからさまに避ける様子が伺えますので比較的わかりやすいサインです。

複数に紛れているなら一緒にいても問題はない…ものの、二人きりになるとそそくさとその場を後にするでしょう。

顔を見たくない、場の空気に耐えられないなど理由はいくつか考えられますが、少なくとも現状はあなたと同じ場にいることが耐えられないのかもしれません。

どのように連絡しても返信や返答がない

電話やLINE、その他メッセージなど、どのような連絡手段を用いても、元彼が連絡を返してくれる様子が見られない場合も見込みなしだと言えます。

あなたからのアプローチを完全にスルーしていることから、元彼はあなたに拒絶の意志を示していると言えるでしょう。

なお、ほとんど返信や返答がないものの、稀に元彼が何らかの反応を示してくることがありますが、決して喜ぶべきものではなさそうです。

稀な反応というのは、元彼が「社会人としての最低限の対応」をしているだけに過ぎず、あくまでスルーを大人気ないと感じた末の対応でしかないでしょう。

一緒にいても目が合わない

元彼と同じ場にいてもまったく目が合わない場合は、元彼の意識の有無関係なく脈なしサインと判断できます。 具体的にですが、まず考えられるのはあなたに興味がないから、目視するに値しないから元彼があえて視線を送らないパターンがひとつ目。

ふたつ目が、あなたと目を合わせたくないから、意図的に視界に入れないようにして拒絶を意思表示しているケースがあります。

前者は無意識で行うもの、後者は意識して行うものと違いはありますが、どちらにしても目を合わせたくないことに変わりありません。 なお、うっかり目が合うとすぐ逸らしてしまうでしょう。

元彼からのアクションがない

別れたあと、連絡やその他何らかのアクションが元彼から見られないなど、一切の音沙汰がなくなるのも脈なしサインであることが伺えます。

音沙汰がないために脈なしサインとしては分かりにくいですが、完全に縁が切れたような印象を受けるのでどこかで気づくはずです。

おおよそ元彼は、別れを決めたときに「もう自分からはアクションをしない」と、頑なに誓っている可能性があるでしょう。

若しくは、別れたことで自由になってすでにあなたを忘れているかもしれません。 このパターンも、やはりどちらにしても復縁は難しいでしょう。

断られたりドタキャンされる

お願いごとを簡単に断られたり、会う約束をして当日がやってきても平気でドタキャンされたり…典型的な脈なしサインです。

それどころか、何も連絡なしで放っておいておかれるなど、何かと扱いの悪さが実感できるでしょう。 これは元彼にとって、「元カノとの用件は重要度が低い」という表れで、つまりは雑に扱っても構わない相手だと思われている可能性があります。

直接あなたに対して、拒絶の意思を伝えてこないから救いがあるように見えますが、雑に扱うことがあなたを傷つけるという前提が考慮されていません。 つまり、脈なしのサインとしてはかなり深刻だと言えるでしょう。

邪険にされたりあしらわれる

会うと邪険にされる、またあしらわれるなどの直接的な拒絶がある場合、脈なしサインとしては比較的重度となります。

邪険にする、またあしらうといった行動というのは、拒絶の意思を明確に示していることになりますので、現時点で復縁の可能性は低いです。

うっとうしそうにしている、面倒くさそうにしているなど、あからさまに「嫌な感じ」が見受けられるでしょう。

場合によっては、ストレートに復縁する気はないと言われることもありえます。 もはや今の元彼は、元カノであるあなたとの関わりを「面倒な時間」としか捉えていないかもしれません。

顔を合わせても無視される

顔を合わせたところで、元彼からは完全に無視されてしまう…別れたカップルにありがち、そして典型的な脈なしサインとなります。

元彼は、もうあなたと関わりたくないという意思を無視という形で示し、さらに自分の意思をあなたに理解してほしいのでしょう。 もう自分には関わらないでほしいと、あなたに対して無言の訴えをしているんだと考えてみてください。

なおこの元彼の無視は、あなたに対する負の感情が起因と考えるのが自然ですが、そうではなく、恋愛に疲れてしまっている可能性もあります。

男女関係を作る、また維持するのに疲れてしまって、「しばらく放っておいてほしい」という意味で、あなたを見かけても関わろうとしないパターンもあります。

そっけなかったり冷たい態度

冷たい態度

pexels.com

あからさまにそっけない、また冷たい態度も脈なしサインのひとつで、直接的であることから比較的重度となります。

そっけないのも冷たい態度も、あなたに対して気を持たせたくないという気持ちの表れで、取りつく島もないでしょう。 つまり、ヨリを戻すという選択肢は元彼の中では「ない」状態です。

気を持たせたくないわけではなく、単に丁寧な態度でいることが面倒、また気づかいを放棄しているケースもあります。

こちらのケースも、「面倒」「放棄」などの気持ちが優先していることから、結局はヨリを戻そうとは少しも思っていないことが伺えます。

他の女性の話を積極的にする

元カノの前で、元カノとは違う女性の話を元彼が積極的にしてくる…完全に脈なしだと考えていいでしょう。 もし元彼が、元カノであるあなたとの復縁をわずかでも視野に入れているなら、他の女性の話はしないはずです。

女性は嫉妬深い生き物…と男性は考えている傾向があるので、わざわざリスクとなる行動を起こすことは考えられません。

その他、他の女性の話をあえてすることで、あなたからの印象を悪くしようとしている、また復縁を諦めさせようとしている可能性もあります。

さらに確率としては低いですが、元彼は別れの後すでに割り切っていて、あなたを友達のように考えているケースもあります。 どのみち恋愛対象外になっている確率は高いでしょう。

今が楽しそう

元彼を観察していると、別れた今が一番楽しそうに見える…ある意味これが、最も復縁を難しくする脈なしサインなのかもしれません。

とどのつまり、あなたとの別れにまったく後悔していないから、あなたとの別れが正しい選択だったから今が楽しい、今が幸せということになっているのでしょう。

少しでも喪失感があったり、あなたを好きという気持ちが残っていたりするなら、少なくとも「楽しそう」な印象は受けないはずです。

下手をすると、あなたと付き合っていた時間が無意味なものだったなど、あなたを否定する思考に向かってしまうかも。 今が幸せな分、今を崩してしまう恐れのある復縁に応じる可能性は非常に低いでしょう。

脈なしからの復縁のためにすべきこと

女性

pexels.com

分の悪い「脈なし」から、一体どうやって復縁に持っていくのか…考えれば考えるほど、非現実的に思えてなりませんよね。

ここでは非現実的とも思える復縁を成すための、大逆転を狙える方法をご紹介しますので、やるべきことをしっかりとやって後悔のないようにしましょう。

元彼にもう少し時間をあげる

復縁のためにまず何をすればいいのか…それは「何もしない」で、元彼にもう少し時間をあげて来るべきときを待ちましょう。

と言うのも、元彼は別れてまだまもない状況なのか、気持ちをきちんと整理できていない可能性があります。 「別れ」に対する気持ちの整理ができていないのに、ステップとしては完全に別となる「復縁」を考えるのは難しいでしょう。

それに、今の状態で元彼に復縁を迫ったとしても、元彼の気持ちが整理できていないと「節操のない女」と、イメージを悪くしてしまう恐れがあります。

気持ちの整理という意味でも、イメージという意味でも、今はあえて距離を置いてあえて何もせず、半年ほどは経過観察をするのが得策でしょう。

自分磨きをしっかりとする

復縁のためにすべきことの筆頭として、「自分磨き」があります。 実のところ復縁というのは、自分磨きをして元彼と付き合っている時代よりも、魅力的になって見直してもらうことが一番の近道です。

何せ、魅力的になるということはこの場合、「元彼からのアプローチ」が期待できると解釈できます。 あなたは復縁をしたい、元彼はあなたが魅力的になったから惚れ直した…つまり、どこにも角が立たないのでハッピーエンドになります。

磨いた自分を、元彼も見ているSNSなどに挙げたりして目に止まるようにして、あちらから行動してもらうよう仕向けましょう。

素直になる

やっぱり素直になるのが一番で、最も復縁の可能性を高める手立てとなるでしょう。 素直になることで、元彼に対してあなたの気持ちをダイレクトに伝えることができますし、ダイレクトなだけに心に響きやすいと言えます。

響きにくいとしても一度は付き合った仲ですから、言わんとする内容はある程度元彼も察してくれるでしょうし、一目惚れからの告白よりはずっと難易度は低いはずです。

逆に駆け引きをしてしまうと、「小細工」とか「からめ手」が苦手な傾向がある男性には、無用どころか足を引っ張る恐れがあります。

ただし、元彼の脈なしサインや別れた原因によっては、素直さが逆効果になることもありますので、事前に過去をきちんと見直す必要があります。

問題点は必ず改善しておく

復縁は信用問題が密接に関わっていますので、付き合っていた時代にあった、または別れのきっかけとなった問題点などは、必ず改善しておきましょう。

あなたと元彼がどうして別れたのか、その原因をしっかりと見つめなおし、元彼の信用を失ってしまったのなら、信用されるための行動を取る必要があります。

問題をうやむやにしたまま復縁を願い出ても、元彼は聞く耳を持ってくれないでしょう。

信用を失った原因を明らかにして、必要があるならまずはしっかりと謝りましょう。 お互いの中にあるモヤモヤをスッキリさせてからが、スタートです。

悩み相談などで定期的につながりを持つ

これは復縁に対して直接作用するものではありませんが、悩み相談などを理由にして元彼と定期的なつながりを持っておくのは非常に重要です。

何故なら、定期的につながりを持っていることで、あなた自身が良い方向に変化している過程、または結果を示せるからです。

さらに元彼の気持ちが復縁に傾いているかの確認や、元彼があなたに対してどんな感情を抱いているかのチェックも可能です。

それに、気持ちや感情は定期的にその人を見なければ、表立った変化が分かりにくいことから、つながりを持っているだけでも有効と言えます。

何か新しいことを始めてみる

何か新しいことを始めてみるのは、「結果的に」復縁に対して有効となるでしょう。 あなたは復縁に際して、本当に復縁ができるのか、無理なんじゃないかなど、ネガティブな感情が大きくなっていませんか?

そのままでは、元彼と接するときにネガティブな感情が現れてしまいますし、復縁の弊害になりかねません。 先行きは不透明ですが、そんな時こそしっかり気分転換をして、根をつめないように心がけることが重要です。

気分転換によりポジティブな感情を抱けるようになりますし、ポジティブさは復縁に際してプラスに働きますので、とても重要な要素になります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー