復縁カップルは結婚率が高い!?復縁しやすい別れ方や復縁カップルの共通点
2111 Point
更新

復縁カップルは結婚率が高い!?復縁しやすい別れ方や復縁カップルの共通点

復縁したい女性へ。復縁しやすい別れ方や復縁後に結婚するカップルにはどのような特徴があるのか気になりますよね?ここでは、そんな女性たちが復縁カップルに学ぶ、特徴や意見を盛り込んでいます。ぜひ参考に。

「別れた彼のことをずっと思う日が辛い…」そんなことはありませんか? 実は、復縁するカップルには大きな特徴や共通点があります。 また、めでたく復縁を果たしたカップルの8割近くが結婚に至っています。

今回は、そんな復縁カップルにフォーカスし、復縁しやすい別れ方やエピソードまで幅広くご紹介していきます。 復縁までのエピソードや具体的にどのように復縁から結婚まで到達することができたのか、など参考になれば幸いです。 復縁を希望し、結婚を考えているなら必見です。

カップルの復縁率と復縁後の結婚率は?

復縁後の結婚率は?

pexels.com

「復縁」とは、一度別れたカップルがよりを戻すことを示します。 また、別れ方や、別れていた期間もさまざまです。 復縁するカップルは全体の3割程度と、決して高い数字ではありません。

しかし、多くの復縁カップルは、その後結婚に至っていることもあり、幸せな道を2人で切り開いているようです。 復縁から結婚するカップルは、なんと8割に上ると言われており、また復縁カップルの離婚率もかなり低いと言われています。 そんな復縁カップルには、どんな特徴や共通点があるか、気になりませんか?

ここからは、さらに復縁するカップルがどのような別れ方をしているのか、詳しく解説していきます。 あなた自身が、元カレとどんな別れ方をしたのか、一つ一つ丁寧に思い出しながら、照らし合わせて行きましょう。

カップルが復縁しやすい別れ方や特徴とは?

復縁しやすい別れ方や特徴

pexels.com

一度別れたカップルが、復縁するなんて「無理」だなんて思っていませんか? 実は、復縁するカップルの多くは、共通点や特徴があります。 復縁しやすい別れ方や特徴に該当しているなら、復縁できる可能性もかなり高い水準となりそうです。

ではさっそく、その特徴や共通点を深く読み解いていきましょう。

お互いに好きなまま別れた

お互いがとくに嫌いになったわけでもなく、物理的な理由や将来のためなどの理由で別れを選んだとしたら、復縁の可能性は高いと言えます。 たとえば、引っ越しなどの遠距離になった、受験や就活などが忙しくなって会えない、さらに仕事でも責任のあるプロジェクトや役職を任されるようになり、忙しくなってしまった…など。 このような理由から、元カレと距離を置くことや別れることになった場合のことを意味します。 つまり、お互いに好きな気持のあるまま別れてしまうことで、「話合えばもっとうまくできたのかもしれない。」「落ち着いたら連絡したい。」など考えている気持ちがあるのかもしれません。

別れた理由の中には、「彼にはもっと別の女性が似合うと思ったから」など、相手を思う気持ちから自分の好きな気持ちを押し殺してしまうケースも。

引っ越しなどで遠距離になった

転勤、異動、家族の都合による引っ越しなどで遠距離となり付き合うことが難しくなってしまった場合、仕方なく別れを選ぶカップルも少なくありません。 そのため、お互いの状況が落ち着いた時にふと思い出し、復縁したくなることも考えられます。 物理的な理由での別れは、復縁率も高く、またその後に結婚に至りやすいといった特徴もあります。

付き合うことに自信がなくなった

何等かの理由で付き合うことに自信がなくなったときに、別れを考える傾向があります。 「友だちに戻った方が気楽に過ごせる」なんて思う場合、嫌いで別れるわけではありません。 そのため、復縁しやすいことも考えられるのです。

一旦距離を置くことで、改めて自分の気持ちに気づくこともあるでしょう。 相手に対する気持ちが残っているなら、もう一度付き合いたい気持ちがよみがえってくることもあるのです。

喧嘩別れではない別れ方

浮気やDV、金銭的トラブルといった内容以外の、互いに何等かの理由で別れ話が出る場合。 とことん話し合い、最終的に「別れた方がいい」と言う結論に至ったカップルは、嫌いになることや冷めて別れたわけではありません。 そのことからも復縁しやすい傾向にあると言えるのです。

ケンカ別れをしてしまった場合、感情的に相手を傷つけてしまうことや、思わず本音が出てしまうこともあります。 そのためケンカ別れではなく、お互いに冷静に話し合えた結果、別れに至るケースは相手を大切に思っているため最終的には気持ちが戻ることも考えられるのです。

交際期間が長かった

2年以上交際していたカップルは、ある程度相手の生活状況を把握しています。 そのため、連絡するタイミングや彼の性格などもわかることから、案外すんなりと復縁に至りやすいケースが多いと言えます。 相手が今仕事で、どんなふうに過ごしているか、など長年の付き合いからある程度把握していることがありますよね。

このようなことから、相手のいいタイミングで連絡することができるので、元カレもあなたと向き合う時間が多くなると言えるのです。

復縁しにくいカップルの特徴とは?

石

pexels.com

では、復縁しにくいカップルの別れ方や特徴にはどのような様子があげられるのでしょうか? ここからは、復縁しにくいカップルの特徴をあげることで、復縁しにくい理由が見えてきます。 ぜひ、参考に読み進めていきましょう。

依存している

自立ができていないカップルは、同じことを繰り返す傾向があります。 また、執着も同じです。 依存と執着は似ていますが、大きく違うところは「依存」は受け入れ型のひ弱な女性が、頼りになると感じる男性から離れないことを表します。

しかし、「執着」は相手を攻撃し、何としても手に入れたい!といった気持ちが強い傾向にあります。 でも「執着」を掘り下げて気持ちを探っていくと、彼に依存していることが執着へと姿を変えていることも。

反省せずに執着している

いつまでも別れた理由やケンカしたことを引きずっているようでは、相手が疲れてしまいます。 まだ、過去のことを引きずるようなら執着しているのかも? さらに、相手の悪いことばかりを責めてしまうような態度では、彼の気持ちも離れてしまいます。

たとえ相手に非がある別れでも、それに至った原因を少しでも反省することができなければ、2人の関係は一気に終わりを迎えるでしょう。 またあなたにわずかでも非があると感じるなら、きちんと反省することと物事を真摯に受け止め、誠実に考えを改めていくことが大切なのです。

今だに別れた原因を追究する

別れた原因をいつまでも引きずってしまい、連絡を取れば追求しようとする姿勢は、相手もイヤになってしまいます。 気持ちを整理できないのは、感情のコントロールが上手くできていないからではないでしょうか。 復縁を希望しているなら、しつこく「別れた理由を追求する」のはやめた方が良いかもしれません

前をしっかりと見つめ、これまでの失敗を繰り返さないよう努力する姿勢です。 あなたに非がある、相手に非がある場合も同じです。 相手の非も自分のことに置き換え、あなたができることを考えていく方が、心も軽く前向きに、また失敗を繰り返しにくいでしょう。

別れてよかったと思っている

好きな気持があっても、互いに「別れて正解」と思う場合、復縁はかなり難しいでしょう。 復縁をしたい気持ちなら、「別れてよかった」なんて思うことがありません。 たとえば別れたことにより、その期間が冷却期間になったのであれば、それは復縁の可能性があると言えます。

しかし、「別れて正解」「付き合うことに抵抗を感じる」などといった場合など、復縁は難しいと言えるでしょう。

これまでに何度も復縁を繰り返してきた

これまで何度も復縁を繰り返してきたカップルの場合、互いに成長している様子がうかがえず、結局また別れに至る傾向が強まります。 別れが別れでなく一時離れているだけの「冷却期間」のように捉えてしまっている場合は注意が必要です。

復縁を繰り返し行っているカップルの場合、簡単に別れを想像しやすく、また繰り返すことからお互いにやっぱり相手は自分のことを必要としてくれる唯一の存在だと思ってしまうため、依存傾向も強くなると言えるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー