3度目の正直!でも繰り返す復縁って大丈夫?彼氏と落ち着く方法!
2763 Point
更新

3度目の正直!でも繰り返す復縁って大丈夫?彼氏と落ち着く方法!

復縁を繰り返してはや3度目…これって大丈夫?と思うあなたへ、ここでは復縁を繰り返す理由や、3度目の復縁を成功させるための秘訣などをご紹介しますので、胸を張って復縁に臨みましょう!

くっついては離れての復縁を繰り返し、今やもう3度目…これってただの腐れ縁じゃないのかな、と悩んでいるんじゃないでしょうか?

別に復縁が3度目でも、幸せになる人は幸せになりますし逆も然りで、幸せになる人はきちんと押さえるべきところを押さえているんです。

と言うことで、ここでは復縁を繰り返す理由と幸不幸別の復縁パターン、そして3度目の復縁を成功させるにはどうすればいいのかについて、詳しくご説明します。

3度目の復縁!繰り返す理由

感情的になる女性

pexels.com

どうしてあなた方二人は別れと復縁を繰り返してしまうのか、その理由で考えられるものをまずご紹介させていただきます。 復縁を完璧に成功させるには、別れを客観的に見て自覚することが必要になるんです。

別れるのが癖

どうして何度も別れるのか…もしかすると、二人は別れるのが「癖」になっている可能性があります。 もっと具体的に言うなら、恋人同士が別れるという出来事を軽く考えている、それほど重視するほどのことじゃないと思っているんです。

だからすぐに別れてしまいます。 別れを軽く考えていることから、別れがあったとしてもイベント程度としか捉えていないので、いとも簡単にお互いが離れてしまうんです。

通常のカップルであれば、別れというのはとても深刻なもの。 決して軽く考えるべきもじゃなく、お互いがしっかりと話し合った上でようやく導き出す答えのひとつ…これが「普通」なんです。

感情が優先されている

いとも簡単に別れてしまう理由としてよくあるのが、「感情を優先させてしまったから」というものがあります。

これが何かと言うと、まず別れというのは状況からして、二人がもめることも少なくありません。 ですが一般的なカップルであれば、多少勢いあまっても時間経過と共に冷静になり、やがて腰を据えて話し合います。

これが感情を優先させるタイプになると、喧嘩がますますヒートアップする、また勢いのまま言いたいことを言いきってしまうでしょう。

結果「キレる」ことになり、その勢いで別れてしまうので、「別れる機会が必然的に増える」ことになるんです。

「また復縁する」と思っている

復縁を繰り返すカップルにありがちなのが、「別れてもどうせまた復縁する」という緩んだ意識です。 別れても復縁するなんて考えていれば、そもそも別れに重きを置く必要がないんですから、選択肢としてすぐに選ばれても何らおかしくありません。

本来そんな意識はそうそう芽生えないんですけど、1回、2回と、別れを繰り返している内に慣れてしまうんでしょうね。

初回であれば誰しもが警戒するものの、同じことが何度も続けば悪い意味で要領を覚えてしまうので、別れたところで復縁するという確証みたいなものがあるんです。

3度目の復縁でも幸せになるパターン

ペアリング

pexels.com

ここでは3度目の復縁でも幸せになれるパターンをご紹介します。 参考にしてみて、今の自分たちが当てはまっているかを確認してみてくださいね。

結婚を目指している

3度目の復縁の際、すでに結婚が視野に入っている、また実際に結婚を考えているカップルは大抵上手く行きます。

何故なら、結婚を考えている時点でお互いに遊びはない、そして真剣に今後を考えている証明になるからです。 それに、これまでの「いつもの別れる前提のお付き合い」とは、明らかに意識が大きく異なります。

これまでとは違う意識であることから、二人の間に対する良いスパイスになりますし、自覚も芽生えてくるでしょう。

別れと復縁を繰り返しているため、結婚の意識を持つまでが大変ですけど、二人が同じ気持ちならそう難しくはないでしょう。

復縁の度に問題点は解決されている

「今回の復縁」が、「前回の別れ」の問題点が解決された上で行われているなら、そのカップルに関しては何ら問題はありません。

別れと復縁を繰り返すカップルは少なくありませんが、実は多くが「以前のまま」でなし崩し的、または惰性で復縁しがち。

そんな中、きちんと二度目の別れに対して反省、改善を試みて成功しているなら、そのカップルは成長しているんですよね。

成長していることから同じことの繰り返しはないでしょうし、過去にあったような問題が立ちふさがっても、手を取り合って解決を図れるでしょう。

振った側から復縁を提案している

3度目の復縁…もし「振った側が」復縁を申し出ている場合なら、高い確率で成功するでしょう。 何故なら、振った側からの復縁の提案は角が立たず、お互いが受け入れやすいからです。

逆にフラれた側の希望で復縁となった場合、受け入れる側が意識の有無関係なく優位性を持ってしまいます。 どちらかに優位性があるのは対等な関係を維持できず、忌むべきものなんですけど…フラれた側の受け取り方次第なんですよね。

フラれた側は委縮する傾向があるのでネガティブに捉えがちですし、いとも簡単に二人のバランスを崩してしまいます。 もっとも、そもそもフラれた側は萎縮しやすいことから、復縁を申し出ること自体がかなり難しいでしょう。

気持ちは冷めていない

いくら別れても、何度も復縁しても、気持ちが冷めていないのであればいずれ復縁は成功します。 何故なら結局相手のことがずっと好きなわけで、愛を貫きとおす可能性が高いからです。

だからいくら別れてもまた二人は一緒になりますし、それは時間や年齢と共に落ち着きを見せるはずですから、やがて安定を手にできるででしょう。

なお別れと復縁を繰り返すカップルは、別れる理由からして些細なことで離別してしまいがち。 ですので案外気持ちは冷めていないことが多いですし、それもまた復縁をしやすくしている理由の一貫となっています。

冷却期間があった

別れと復縁の間で冷却期間を設けているカップルは、そのほとんどが復縁に成功します。 理由は簡単で、「冷静になってからきちんと復縁を考える」ことができる、また実際にやっているからです。

冷却期間がない場合は、うっかり相手だけを責め立ててしまう、責任は相手だけにあると思ってしまいがち。 ですが冷静になれば、相手の悪いところだけじゃなくて、自分の悪いところも含めてあらゆる問題点に向き合う時間が取れます。

自分にも向き合うのは、結果的に相手を思いやることに繋がり、相手への思いやりは自分を成長させることにつながるんです。

3度目の復縁でも結局不幸になるパターン

電話で怒る男性

pexels.com

ここでは、3度目の復縁で結局不幸になってしまうパターンをご紹介します。 自分たちが当てはまっているのなら、すぐに改善するよう働きかける、また二人で相談し合うのが望ましいでしょう。

同じ理由で別れると思っている

同じ理由でどうせまた別れると思ってしまっていると、負のスパイラルに陥る結果になるでしょう。 3度目の復縁であることから、まさに「二度あることは三度ある」なんて思ってしまっているんでしょうね。

ですが今のままの意識では、同じことを繰り返してしまうと頭に刷り込まれているので、固定観念が強く成長ができません。

成長ができないのなら、二人とも以前と同じままなんですから、今の思惑とおりの結果になるのは明白でしょう。 ネガティブ思考は、結局ネガティブな結果を生んでしまうんです。

価値観が合わない

カップルが別れる理由としてよく挙がる「価値観の違い」は、当然復縁に際しても作用することになります。 実際問題、これまで他人だった者同士が恋人として付き合うのは、価値観がある程度近くなければ難しいところがあります。

例えば、あなたはいつでも部屋を綺麗にしたいのに、彼氏は汚いままで構わないという考え方だと、いざこざが絶えないでしょう。 一緒になった後で、ある程度価値観はすり寄せはできますけど、それにも限界があるのが実情と言えます。

となると、二人が一緒にいることそのものが辛くなってしまいますので、重荷に感じたことで結局また別れてしまうんです。

愛情不足を感じている

お互い、若しくはどちらかが相手からの愛情不足を感じたとき、カップルとしてはもう潮時でしょう。 おおよそお互いカップルという関係上、自分なりに相手に対して愛情を注いでいるのは間違いありません。

ですがそれを愛情不足と相手が感じてしまうのは、そもそも恋愛観が異なっているからなんです。 あなたが100の愛情がほしいと思っていても、彼氏が50でいいと思ってしまえば、あなたは50以上の愛情をもらうことはできません。

それはやがて不満となり、表面化して、最終的に別れの原因となってしまうんです。

相手に依存しているだけ

愛情とか好意ではなく、ただの依存…これも、よくある失敗する復縁となります。 失礼なことを言いますが、あなたは実のところ彼氏じゃなくても、自分の心の隙間を埋めてくれる男性なら誰でもいいんじゃないでしょうか。

身近に彼氏がいたから、復縁という形で寂しい自分を慰めているだけなんじゃないでしょうか。 よって復縁の主旨がズレています。

主旨がズレた復縁に未来はなく、やがてそれが依存だと気付いた彼氏は、あなたを振り切ってどこかへ行ってしまうでしょう。 何せあなたは自分がかわいいだけなんですから。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー