lineを使った復縁の告白!成功率を上げるためのポイントとは
3959 Point
更新

lineを使った復縁の告白!成功率を上げるためのポイントとは

lineは非常に便利なツールであり、復縁にも使用できます。復縁でlineを使う場合の注意点や、告白の方法などをまとめました。これからlineを使って復縁したい人、必見です。

lineは幅広い年齢層が気軽に使用できるツールとして、多くの人が毎日使用しているものです。

普段使っているlineを使用した、復縁での告白の方法をご紹介します。

復縁の告白や連絡の取り方などは、普段友人とするやり取りよりも何倍も気を使うものです。

lineの内容によっては、告白成功率が下がってしまう可能性もあります。 逆に、lineを上手に活用すると、元カレとの距離がぐっと縮んで告白成功率もアップしやすくなることもあるので、lineでの告白を考えている人必見です。

カレとどうしても復縁したいなら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

復縁しやすくなるために押さえておきたいこと

復縁するために押さえておきたいこと

pixabay.com

復縁成功率を上げるためには、押さえておくべき重要なポイントがあります。 告白成功率をアップさせるためにも、ぜひチェックしておきましょう。

復縁は、ひとりでどんなに努力してもかなうものではありません。 自分だけでなく、相手のこともよく観察したうえで復縁につながる行動を開始することをおすすめします。

冷却期間を設ける

別れて数日が経つと、別れたときよりもほんの少しだけ冷静になれます。 冷静になって振り返ってみると、恋人とのやり取りで自分にも大きな欠点が見つかり、何とかやり直したいと思う人も多いのではないでしょうか?

善は急げという言葉がありますが、復縁を行うときは急いで連絡を取ってしまうと相手を遠ざけてしまうかもしれません。

まずは、しっかりと冷却期間を設けましょう。 別れ方にもよりますが、3カ月ほど相手には連絡せず、お互いの自分のことを見つめなおす時間を取ることが復縁への第一歩です。

返信しやすい内容を考える

復縁に大切なことは、別れて連絡を取る際に相手が返信しやすい文章の内容を送ることです。

相手との気軽なやり取りを積み重ねることによって、別れた恋人の魅力などに気が付くきっかけにもなります。

返信しにくい内容だけでなく、パッと見ただけで読めないくらいの長文を送ってしまうのもNG。

長文は読むのに時間がかかり、読むことが苦手だと読むことそのものが億劫になってしまいます。

面倒だと感じたら後回しにしてしまい、後回しにしたことを忘れられてしまうと返信してもらえません。 返信率を上げるためにも、長文を送ってしまうことを避けることも重視しましょう。

お互いのスケジュールに余裕があるか確認

別れた理由や原因が、どちらかの多忙や学業への専念、仕事で時間にゆとりがなくなってしまったことが挙げられる場合は、すぐに連絡をしても振られてしまうかもしれません。

まず、自分だけでなく相手の心身にゆとりがある状態なのかを把握しましょう。 多忙を極めている期間に連絡したら、内容を確認せずに「面倒だ」と思われる可能性があります。

復縁を目標として相手にlineを送るのであれば、相手が忙しい時期ではないことを確認してから連絡を取り始めてみてください。

lineで元彼とつながるために大切なこと

lineで元彼とつながるために

pixabay.com

lineで元カレとつながるためには、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。 今の自分の立場などを再度考えて、相手の負担にならないよう配慮しましょう。

相手を思いやるだけでなく、自分は何ができるのか、どう変わるべきかについてもご紹介します。

自分磨きをしてステップアップする

別れてすぐは心の傷を癒すことを重視していたとしても、ずっと傷を引きずったままでは元カレは振り向いてくれません。

いつまでも下を向いていると、復縁のきっかけをつかめず元カレが遠い存在になってしまう可能性もあります。

元カレを振り向かせたいのであれば、復縁の連絡をするまでの期間に魅力的な女性にステップアップしましょう。

料理やファッション、メイクだけでなく、仕事のスキルをアップさせることもアピールにつながります。

今現在自分が彼女ではないことを心得ておく

元カレとのlineがある程度安定したやり取りになってきたときに注意したいのが、ふとした時に彼女だった時と同じような態度を取ってしまうことです。

元カレは昔の恋人であり、今は恋人どうしてはないということをしっかりと頭の片隅に置いて彼と接することが重要です。

相手の好みなどを知っていたとしても、それは過去のものになっているということもあります。

「○○が好きでしょ?」「こうだもんね」など、交際中の当たり前を別れてからも当たり前ととらえた会話は彼女面しているととらえられてしまうのでNG。

復縁を迫る内容を送る

男性は、基本的に自由な状態を好みます。 付き合っていたから彼女のわがままに付き合っていて、それがかわいいと感じていたというケースは少なくないのです。

元カノは別れた恋人なので、わがままを言われると自由度を奪われたような気持になり、一緒に居たいとは思いにくくなります。

復縁を迫るような言葉かけも、男性は冗談だったとしても笑って受け入れられるような内容ではありません。

別れて一度自由を手にしている人に対して、彼女でもない女性からの束縛は面倒以外の何物でもないのです。

「絶対に○○して」「○○時に待ち合わせね」など、最初から決まっていることを押し付けるような言動は復縁を遠ざけます。

上から目線でlineをする

上から目線で言葉をかけられることは、男女問わず嫌なものです。 仲がいい相手だったとしても、少し不快感や違和感を覚えます。

別れた彼女だった女性から、「どうせ新しい彼女ができないんでしょ」「私がいないとダメなんだから」など上から目線のlineが入ると、男性は嫌気がさしてしまうかもしれません。

ただ強がっただけだとしても、顔を合わせて会話しているのではないので、文章の受け取り方には個人差が生じることもあります。

lineを読んだ元カレが不快だと思ってしまう上から目線のメッセージは、相手との心の距離が開いてしまうので、冗談でも送るのはやめておきましょう。

なんでもするから…などの依存度の高い内容

交際が長くなってくると、お互いに依存しあってしまうカップルは少なくありません。 彼女がやってくれるから、彼のためにしてあげなきゃという関係が当たり前だった場合、別れが自立を目指すきっかけになることもあるのです。

彼女と別れて自立しようとしているのに、「何でもしてあげるから」など依存度の高いことを言われてしまうと、男性はプライドが傷ついてしまう可能性があります。

また、お互いの存在を尊重しあえる人を探している場合は、依存度の高い言葉をかけられると鬱陶しいと感じることもあります。 復縁したいのであれば、お互いを尊重しあえる関係の構築を目指しましょう。

自分の感情を相手にぶつけてしまわないように配慮する

lineをしていると、別れたときの話題になることも考えられます。 その際、別れたことについて「どうして」「なんで」と問い詰めるような内容のlineを送るのはよくありません。

「どうして」「なんで」といった内容の言葉は、独りよがりな意味合いを持っているので、男性は窮屈だと感じてしまう可能性が高いからです。

自分の感情を相手にぶつけてしまうと、復縁は遠ざかります。 一歩引いて、大人な言葉かけや思考をするよう心がけましょう。

告白までに時間は必要?告白の仕方をチェック

告白までに必要な時間と仕方

pixabay.com

復縁を叶えるためには、告白が必須。 告白のタイミングが、復縁のカギを握っていることも多々あります。 復縁の最後の砦でもある告白は、何としても成功させたいものです。

告白が成功しやすいタイミングや相手に響く言葉などを心得ておくことで、復縁達成率がアップするかもしれません。 告白におすすめのタイミングや言葉かけを、いくつかご紹介します。

lineを開始してすぐに告白するのは控える

別れてすぐ、彼とやり直したいと感じる女性もたくさんいます。 しかし、相手の男性は別れてすぐにまた元カノとやり直したいと強く望んでいる可能性はそう高くありません。

まずは、お互いに冷静になり振り返りを行うための冷却期間を設けましょう。

また、lineをし始めて早々にいきなり告白してしまうと、相手の男性の心の準備が整っていない可能性があります。

lineを再開=好意があるとは受け取らず、まず相手との心の距離や認識の違いなどを確認しましょう。

恋人がいないけれどほしいと相手が感じているときにアプローチ

恋人同士の関係を解消してある程度自由を満喫したら、男性は安心できる恋人がほしいと感じやすくなります。

恋人がほしいなと思っていたタイミングで、居心地が良くてある程度分かり合えていた元カノから連絡があって脈ありな雰囲気を察知したとなれば、男性も復縁に対して悪い感情は抱きにくい傾向があります。

元彼の友達に立て続けに彼女ができたときなども、彼女が欲しいなと思いやすくなるタイミングです。

「彼女が欲しいな」「恋がしたい」など周囲の友人に元カレが漏らしていたらアプローチしてみましょう。

「あなたがベストパートナー」ということを伝える

別れ際は、お互いにいろいろな感情が入り乱れやすくなります。 相手に対する怒りや悲しみなどの感情は別れてすぐに収まるものではありません。

別れて距離が開き、自分の時間を持てるようになったら、別れてしまった恋人や終わった恋について冷静に振り返りやすくなります。 自分の悪かったところだけでなく、相手の良さなどにも気が付きやすくなるものです。

ある程度距離や時間が空いて再度連絡を取り合っているのであれば、「あなたが私にとって欠かせないベストパートナー」である気持ちを伝えてみましょう。 その際、誰かと比較するようなlineを送ってしまうのはよくありません。

「どうしてもあなたが好き」「あなたじゃないとダメみたい」と伝える

男性は、女性から「どうしても」といわれるとキュンとなりやすいようです。 「どうしてもあなたが好き」「どうしてもあなたじゃないとダメみたい」と、素直に相手に自分の気持ちを伝えましょう。

素直な気持ちで相手に「どうしても」と伝えると、気持ちが伝わりやすくなります。

ほかの男の人ではダメ、あなたのことが好きなの。 という気持ちを込めた言葉をストレートに伝えることで、気持ちがより一層伝わりやすくなるかもしれません。

「あなたのことを待ちたい」など元彼の都合なども加味した告白

別れの原因が、多忙でのすれ違いなどであった場合、お互いに相手に対して嫌いであるといった負の感情を持っていないこともあります。

嫌いではないけれど、今は付き合えないというのであれば、お互いの忙しさが落ち着くのを待ちたいという内容の告白をするのもひとつの手段です。

基本的に男性は、ひとつのことに情熱を傾ける傾向があります。 今は仕事に情熱を傾けたいというのであれば、それが落ち着くまで待ってからやり直したいと、彼に寄り添う告白をすることも可能です。

相手の性格を加味し、負担にならないよう注意しましょう。

告白するのに駆け引きは必要?

恋愛は、時として駆け引きを行うこともあります。 しかし、復縁に駆け引きは必要ない可能性が高いです。

駆け引きせずにストレートに自分の思いを相手に伝えることで、相手に自分の気持ちや本気度が伝わりやすくなります。

復縁に向けたやり取りの中で駆け引きをしてしまうと、告白も何らかの駆け引きが絡んでいるのでは?と思う人もいるかもしれません。

復縁を目標として元カレと連絡を取り合っているのであれば、自分の気持ちに素直になり、相手に対して誠実であり続けるようにしましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー